Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

クリアアニメでカウントダウンタイマーを作成

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPointで下のようなカウントダウンタイマーを作成する方法です。

アニメ

レイアウトの選択

PowerPoint2016で解説します。

1枚のスライドを選択して、[ホーム]タブの[レイアウト]からスライドのレイアウトを[白紙]に変更します。

白紙選択

真円を挿入

[挿入]タブの[図形]から[楕円]を選択して真円を描きます。

図形の選択

真円を描くには[Shift]キーを押しながら描くと良いです。

コピーして全部で5個の円を準備します。

この時のコピーする方法ですが、複製機能を使うと便利です。

1つの円を選択して、[Ctrl]+[C]でコピーして、[Ctrl]+[D]を押します。

貼り付けた円の位置を右横に並ぶように調整します。

その後は、[Ctrl]+[D]を3回押します。

そうすると横にキレイに並べることができます。

詳細は、複製をご覧ください。

オブジェクトのコピー

テキストの入力

一番左の円を選択して、[F2]キーを押します。

あるいは円で右クリックして、ショートカットメニューから[テキストの編集]をクリックします。

カーソルが円の中に表示されると思います。

[END]と入力します。

テキストの編集

同じように「1」、「2」、「3」、「START」と入力します。

後で貼り付けしたオブジェクトが前面になっていきますので、最後に表示するオブジェクト「END」が一番背景になるように下のような並びにしています。

テキストの入力

アニメーションの設定

そして、[アニメーション]タブから[アニメーションウィンドウ]をクリックして、右側にアニメーションウィンドウを表示させます。

アニメーションウィンドウの表示

一番上に表示させる[START]と書いた円を選択して、アニメーションの[終了]カテゴリーから[クリア]をクリックします。

終了のクリア

STARTの円では、タイミングは下のようになっています。

この円はこのままでOKです。

タイミングの設定

次に「3」「2」「1」の順番で[Ctrl]キーか、[Shift]キーを押しながら3つの円を選択します。

数字の円を選択

そして、同じようにアニメーションの追加で[クリア]を選択します。

アニメーションの追加

アニメーションウィンドウで3つの円が選択されていることを確認して、アニメーションの追加で[クリア]を選択します。

そして、タイミングで[開始]を[直前の動作の後]、[遅延]を[01:00]に変更します。

アニメーションウィンドウは下のようになっていればOKです。

もし、順番などが間違っていた場合は、ドラッグで上下させて調整してください。

またPowerPoint2010以降であれば、アニメーションのコピー/貼り付け機能もありますので活用してください。

「START」「3」「2」「1」の順番になっていることを確認します。

タイミングの設定

ここでアニメを再生してみます。

アニメーションウィンドウの一番上の[START]を選択して、[ここから再生]をクリックします。

一つずつ消えていって、[END]だけが残ればOKです。

アニメーションの再生

左右中央揃え

すべての円を選択して重ねます。

[書式]タブの[配置]から[左右中央揃え]をクリックします。

もし、上下が揃っていなければ、[上下中央揃え]もクリックします。

左右中央揃え

下のように[START]が前面に来ていると思います。

全てを選択している状態で、円の大きさを調整します。

図形の重なり

サイズ調整

[Shift]キーを押しながらドラッグしてもいいですし、[書式]タブにあるサイズから調整してもいいです。

大きさの調整

フォントサイズの調整

このままフォントの大きさも調整します。

下は[フォントサイズ]を[80]にしていますが、数字はもう少し大き目でいいかと思います。

こういう重なってオブジェクトの場合は、[ホーム]タブの右端にある[選択]から[オブジェクトの選択と表示]をクリックして[選択]ウィンドウを表示させると便利です。

オブジェクトの選択と表示

たとえば、一番上と一番下のオブジェクトを非表示にするには、[選択]ウィンドウの目玉のマークをクリックします。

そして、数字を入力したオブジェクトをすべて選択して、フォントの大きさを変更します。

表示、非表示設定

ここでは、フォントサイズは[300]にしています。

フォントサイズ変更

設定が終わったら、[選択]ウィンドウで[すべて表示]をクリックします。

最後にスライドショーで確認してみてください。

すべて表示

Microsoftのページにも解説があります。

進行状況バー タイマーを作成する方法も記載されています。

タイマーを挿入する - PowerPoint

もっとカッコよくホイールアニメーションを追加して、下のようなカウントダウンタイマーも作成することができます。

ホイールアニメでカウントダウンタイマーを作成

PowerPointでカウントダウンタイマーを作成する方法をクリアアニメでカウントダウンタイマーを作成で紹介しています。 ここでは、先のアニ ...

続きを見る

関連また、ホイールアニメと画面切り替えでカウントダウンタイマーを作成する方法も解説しています。

画面切り替えでカウントダウンタイマーを作成

PowerPointでカウントダウンタイマーを作成する方法をクリアアニメでカウントダウンタイマーを作成や、ホイールアニメでカウントダウンタイ ...

続きを見る

グラフにアニメーションを設定する方法も解説しています。

縦棒グラフにアニメーションをつける

PowerPointでは、グラフにアニメーション効果を簡単に設定することができます。 棒グラフの項目別や系列別にフェードを設定して、より効果 ...

続きを見る

表の行にアニメーションを付ける方法は、以下の記事で解説しています。

表の行にアニメーションを付ける

PowerPoint2013で下のように表の行ごとにアニメーションを付ける方法です。 Excelの表を確認 表はExcelで作成しています。 ...

続きを見る

以下は、SmartArtグラフィックにアニメーションを設定する方法を紹介しています。

SmartArtにアニメーションを設定する(全体に/個別の図形に)

SmartArtは、情報を視覚的に表現することができます。 SmartArtは、図形で構成されているので、図形全体に、あるいは個別の図形にア ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.