Windows 7 & Office 2010 PowerPoint 2010

ウィンドウ内でスライドショーを実行するには閲覧表示モードで

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPoint2010から、閲覧表示モードを使用して、ウィンドウ内でスライドショーを実行して確認できるようになりました。

これは、非常に便利です。

PowerPoint2007では、クイックアクセスツールバーにコマンドを表示すると使用できるようになります。

また、[閲覧表示]を使用しないでも、ウィンドウ内でスライドショーを実行する方法も紹介します。

[表示]タブの[閲覧表示]

[表示]タブの[プレゼンテーションの表示]グループから[閲覧表示]をクリックします。

ウィンドウ内でスライドショーが実行されます。

閲覧表示

プレゼンテーションを、ウィンドウに合わせたスライドショーとして表示します。

[表示]タブの[閲覧表示]ボタン

選択しているスライドからの開始になります。クリックすると、次のスライドに切り替わります。

ウィンドウは、サイズを調整したり、移動させることができます。

閲覧表示モード

閲覧表示モードの右下の矢印ボタンで前のスライド、次のスライドへ移動できます。

また、メニューを表示して、移動することもできます。このメニューは、画面上で右クリックした時と同じメニューです。

メニューからも分かりますが、[ペン]の表示などはできません。

閲覧表示のメニュー

参考[閲覧表示]は、ステータスバーから切り替えることもできます。

Shiftキーを押した時のステータスバーの表示選択と起動時の表示モード

PowerPoint2010を起動したときの画面右下に表示される[表示選択ボタン]は、[Shift]キーを押しながらクリックすると表示モード ...

続きを見る

表示モードの切り替えについては、以下の記事で詳しく解説しています。

表示モードの切り替えはステータスバーから

プレゼンテーションの表示は、[標準]、[アウトライン表示]、[スライド一覧]、[ノート]、[閲覧表示]という5個の表示方法があります。 編集 ...

続きを見る

閲覧表示モードの解除

閲覧表示を解除するには、[ESC]キーを押します。

スライドショーが終了したら、クリックでも終了できます。

閲覧表示前の表示モードに切り替わります。

キーボード[Esc]

参考同じスライドを[閲覧表示]と[標準表示]で並べて操作するのも便利です。以下の記事で解説しています。

複数のプレゼンテーションを並べて表示(閲覧表示と標準表示も)

開いているプレゼンテーションを並べて表示することができます。 1つのプレゼンテーションでも複数のウィンドウに表示することができます。 並べて ...

続きを見る

PowerPoint2007では[ウィンドウ内のスライドショー]

[閲覧表示]モードは、PowerPoint2010からの機能ですが、PowerPoint2007でも使用できます。

リボンにはコマンドが表示されていませんが、クイックアクセスツールバーに追加することで使用できるようになります。

クイックアクセスツールバーのカスタマイズから[その他のコマンド]をクリックします。

PowerPoint2007のクイックアクセスツールバー-[その他のコマンド]

[PowerPointのオプション]ダイアログボックスの[ユーザー設定]が表示されます。

[コマンドの選択]で[すべてのコマンド]を選択して、[ウィンドウ内のスライドショー]を選択して、中央の[追加]ボタンをクリックします。

右側に[ウィンドウ内のスライドショー]が追加されたことを確認して、[OK]ボタンをクリックします。

[PowerPointのオプション]ダイアログボックスの[ユーザー設定]

クイックアクセスツールバーに[ウィンドウ内のスライドショー]ボタンが表示されます。

クリックすると、PowerPoint2010の[閲覧表示]と同じように操作できます。

[ウィンドウ内のスライドショー]は、PowerPoint2010以降にもあります。

クイックアクセスツールバーの[ウィンドウ内のスライドショー]

参考[ウィンドウ内のスライドショー]で表示したウィンドウでは、ショートカットメニューからペンなどを表示することはできません。

[スライドショーの設定]からウィンドウ表示を選択

[スライドショーの設定]ダイアログボックスでウィンドウ表示を選択することで、[閲覧表示]と同じように表示することもできます。

これは、PowerPointのどのバージョンでも同じ設定ができます。

[スライドショー]タブの[設定]グループにある[スライドショーの設定]をクリックします。

[スライドショー]タブの[設定]グループにある[スライドショーの設定]

[スライドショーの設定]ダイアログボックスが表示されます。

[出席者として参照する(ウィンドウ表示)]を選択して[OK]ボタンをクリックします。

スライドショーを実行すると、ウィンドウ内で表示されるようになります。

解除するには、キーボードから[Esc]キーを押します。

[スライドショーの設定]ダイアログボックスの[出席者として参照する(ウィンドウ表示)]

参考上記設定をして表示したウィンドウでは、ショートカットメニューからペンなどを表示することはできません。

スライドショー実行時のインク注釈については、以下の記事で解説しています。このインク注釈はできないということです。

スライドショー実行時にペンや蛍光ペンを利用して強調表示する

スライドショー実行中にスライド上の文字列などをペンで囲んだり、蛍光ペンで色を付けて強調表示することができます。 これを[インク注釈]と呼びま ...

続きを見る

また、[スライドショーの設定]ダイアログボックスは、ステータスバーの[スライドショー]ボタン、または[閲覧表示]ボタンを[Shift]キーと同時にクリックして表示することもできます。

Shiftキーを押した時のステータスバーの表示選択と起動時の表示モード

PowerPoint2010を起動したときの画面右下に表示される[表示選択ボタン]は、[Shift]キーを押しながらクリックすると表示モード ...

続きを見る

[Ctrl]キーを押しながら[スライドショー]をクリック

[Ctrl]キーを押しながら[スライドショー]実行のボタンをクリックすると、小さなウィンドウで表示されます。

ステータスバーの[スライドショー]のボタンを[Ctrl]キーを押しながらクリックします。

この操作で表示したウィンドウは、ショートカットメニューからペンなどの使用はできますが、ウィンドウの移動やサイズ変更はできません。

PowerPoint2007でも同じ操作ができますが、PowerPoint2013以降はバージョン(または環境)によって使用できない場合もあります。

[閲覧表示]が利用できるバージョンであれば、[閲覧表示]を利用したほうがいいと思います。

キーボード[Ctrl]キー

ステータスバーの[スライドショー]ボタンでは、選択しているスライドから開始されます。

ステータスバーの[スライドショー]

[スライドショー]タブの[最初から]、または[現在のスライドから]を[Ctrl]キーを押しても同じです。

[スライドショー]タブの[最初から]と[現在のスライドから]

解除する場合は、[Esc]キーを押します。

[Ctrl]キーを押しながら[スライドショー]を実行

参考ステータスバーの表示切り替えボタンは、[Shift]キーを押すと異なる実行ボタンになります。

Shiftキーを押した時のステータスバーの表示選択と起動時の表示モード

PowerPoint2010を起動したときの画面右下に表示される[表示選択ボタン]は、[Shift]キーを押しながらクリックすると表示モード ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 PowerPoint 2010

Copyright © 2001-2022 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.