リンクユニット

Windows8 & Office2013 PowerPoint2013

スライドショー実行時のショートカットメニューに「すべてのスライドを表示」

投稿日:2017年4月6日 更新日:

PowerPoint2013から、発表者ツールという機能が追加されたせいか、スライド実行時のショートカットメニューもPowerPoint2010の時とは変わりました。

発表者ツール

[発表者ツール]とは、発表者用のモニターにスライドの内容やノートペイン、タイマー、次のスライド、スライドの切替などを表示する機能です。 発表 ...

続きを見る

スライドショー実行時の「すべてのスライドを表示」

PowerPoint2013のスライドショー実行時に右クリックした時のショートカットメニューです。この中に[すべてのスライドを表示]というのがあります。
PowerPoint2013のスライドショー実行時に右クリックした時のショートカットメニュー

この[すべてのスライドを表示]をクリックすると、下のように画面が切り替わります。プレゼンテーションのスライド一覧が表示されます。ここから任意のスライドへ移動することができます。
すべてのスライドを表示

PowerPoint2010は「スライドへジャンプ」

下は、PowerPoint2010のスライドショー実行時のショートカットメニューです。[すべてのスライドを表示]というメニューはありません。
PowerPoint2010のスライドショー実行時のショートカットメニュー

PowerPoint2010までは、[スライドへジャンプ]をポイントして、スライドの一覧を表示して任意のスライドへ移動していました。
スライドへジャンプ

スライドショー実行時に、これまで使用していたメニューがなくて驚く方もいらっしゃるようです。スライドショー実行時に慌てないようにショートカットメニューも確認しておいたほうがいいですね。

PowerPoint2010までの[スライドへジャンプ]では、プレースホルダーを使用したタイトルでなければ、スライドのタイトル名は表示されませんでした。テキストボックスなどで作成したタイトルは、スライド番号が表示されていました。
スライドショー実行時のショートカットメニューの「スライドへジャンプ 」

PowerPoint2013の[すべてのスライドを表示]では、スライドが表示されるので、タイトルをテキストボックスで作成しても見た目は分からなくなりましたね。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。
Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る


推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

ヒントのスタイル

コマンドをポイント(マウスを合わせる)すると表示されるヒントですが、便利だと思う方もいれば、邪魔だと思う方もいらっしゃるようです。 このヒン ...

全てのグラフに引き出し線を表示

Excel2010までは、引き出し線は円グラフのみに表示できたのですが、Excel2013ではすべてのグラフで表示することができるようになり ...

表の行にアニメーションを付ける

PowerPoint2013で下のように表の行ごとにアニメーションを付ける方法です。 Excelの表を確認 表はExcelで作成しています。 ...

65000件以上のエクスポートは書式設定なしで出力

Access2013で7万行以上あるテーブルをExcelへエクスポートするマクロを作成しようとしたら、[選択しているレコードの数が多すぎるた ...

オフラインのヘルプはリボンのポップヒントと同じ

Office2013でオフラインでヘルプを参照する方法です。 Office2013では、Office2010のときには、Backstageビ ...

-Windows8 & Office2013 PowerPoint2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.