Windows8 & Office2013 PowerPoint2013

Print Friendly, PDF & Email

スライドショー実行時のショートカットメニューに「すべてのスライドを表示」

投稿日:2017年4月6日 更新日:

PowerPoint2013から、発表者ツールという機能が追加されたせいか、スライド実行時のショートカットメニューもPowerPoint2010の時とは変わりました。

発表者ツール

[発表者ツール]とは、発表者用のモニターにスライドの内容やノートペイン、タイマー、次のスライド、スライドの切替などを表示する機能です。 発表 ...

続きを見る

スライドショー実行時の「すべてのスライドを表示」

PowerPoint2013のスライドショー実行時に右クリックした時のショートカットメニューです。この中に[すべてのスライドを表示]というのがあります。

この[すべてのスライドを表示]をクリックすると、下のように画面が切り替わります。プレゼンテーションのスライド一覧が表示されます。ここから任意のスライドへ移動することができます。

PowerPoint2010は「スライドへジャンプ」

下は、PowerPoint2010のスライドショー実行時のショートカットメニューです。[すべてのスライドを表示]というメニューはありません。

PowerPoint2010までは、[スライドへジャンプ]をポイントして、スライドの一覧を表示して任意のスライドへ移動していました。

スライドショー実行時に、これまで使用していたメニューがなくて驚く方もいらっしゃるようです。スライドショー実行時に慌てないようにショートカットメニューも確認しておいたほうがいいですね。

PowerPoint2010までの[スライドへジャンプ]では、プレースホルダーを使用したタイトルでなければ、スライドのタイトル名は表示されませんでした。テキストボックスなどで作成したタイトルは、スライド番号が表示されていました。
スライドショー実行時のショートカットメニューの「スライドへジャンプ 」

PowerPoint2013の[すべてのスライドを表示]では、スライドが表示されるので、タイトルをテキストボックスで作成しても見た目は分からなくなりましたね。

解決できないことは【teratail】に質問してみましょう。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

アドセンス記事内広告1個

おすすめ記事と広告

こんな記事も読まれています

オプションボタンの挿入

Excelでオプションボタンを挿入する方法です。オプションボタンは、複数の選択肢の中から1つを選択するときに使用します。 また、ワークシート ...

PowerPivot2013のリレーションシップ

Excel2013のPowerPivotで、下の操作でExcelファイルを取込ました。 Excel2013のPowerPivotでExcel ...

シートからデータモデルへ追加

Excel2013には、POWERPIVOTというアドインが標準で組み込まれています。 POWERPIVOTタブを表示させよう このPOWE ...

印刷時の設定

PowerPointで2013で印刷時の設定は、Backstageビューの[印刷]カテゴリーの[設定]にあります。 下の画像は、[ファイル] ...

チェックボックスを使って自動集計

Excelで下のようにチェックボックスを使用してチェックした個数と価格の合計を求める方法を紹介します。 開発タブの表示 事前準備として、まず ...

-Windows8 & Office2013 PowerPoint2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.