リンクユニット

Windows Xp & Office2003 PowerPoint2003

目次スライドの作成

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPoint2003では、[目次スライド]ボタンを使って、スライドのタイトルを抜き出して、目次スライドを自動作成することができます。

スライド一覧表示

[スライド一覧]表示にします。表示の切り替えについては、以下の記事を参考にしてください。

画面表示モードの切り替えボタンは、Shiftキー使うと異なる切り替えに

PowerPointのウィンドウの左下には、[画面表示モードの切り替えボタン]があります。 画面表示モードの切り替えボタン マウスでポイント ...

続きを見る

スライド2を選択して、[Shift]キーを押したままスライド9をクリックします。
スライド2からスライド9までが選択されます。
スライド一覧

[目次スライド]ボタン

[スライド一覧]ツールバーから[目次スライド]をクリックします。
2枚目のスライド

目次スライドが2枚目に作成されます。
2枚目のスライドをダブルクリックして、標準表示に切り替えます。
ダブルクリック

タイトルの変更

スライドの2のタイトルを[目次]に修正します。
タイトル修正

できました!
目次スライドの完成

注意タイトルのあるレイアウトで作成したスライドに対してのみ有効です。
目次スライドを作成後、スライドを追加しても自動的に目次が増えるものではありません。
スライドを追加してそのタイトルも目次に追加したい場合は、再度 目次スライドを作ります。

PowerPoint2007では、この機能はなくなりました。
目次スライド機能が消えたを参照してください。

PowerPoint2010で[目次スライド]ボタンに代わる方法を解説しています。

タイトルを使った目次スライドの作り方

PowerPoint2007から、目次スライドの自動作成機能はなくなってしまいました。 PowerPoint2003では、[目次スライド]ボ ...

続きを見る

参考1つのプレゼンテーションからいくつかのスライドを使って、プレゼンテーションを作成することができます。
Blogの目的別スライドショーで解説しています。PowerPoint2003で解説していますが、PowerPoint2002も同じです。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

管理人一押しのテキストです。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

CDに保存する

ファイルやフォルダをCDに保存してみましょう。 右クリックのショートカットメニューから まず、CDを開かずにファイルやフォルダなどを右クリッ ...

可視セルの選択

非表示にした列や行をそのままにしてコピー、貼り付けをすると、非表示の部分まで貼り付けられてしまいます。 表示している部分だけ貼り付けたいとき ...

差し込み印刷時の書式

Wordの差し込み印刷は便利ですね。ですが、差し込むデータがExcelに保存されている場合、差し込み印刷を実行するとExcelでの数値の書式 ...

オートフィルによるデータの入力

オートフィルは元になるセルの■(フィルハンドル)をドラッグして、上下左右の隣り合ったセルにデータを入力します。 文字列や数値のコピーもできま ...

日本語入力の手順

日本語を入力する方法を詳細に解説します。 日本語の入力 1.カーソルの位置を確かめます。入力したい位置にカーソルがありますか? 2.IMEツ ...

-Windows Xp & Office2003 PowerPoint2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.