Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 PowerPoint2003

目次スライドの作成

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPoint2003では、[目次スライド]ボタンを使って、スライドのタイトルを抜き出して、目次スライドを自動作成することができます。

[目次スライド]のボタンをクリックするするだけで、あっという間に目次スライドを作成することができます。

スライド一覧表示

[スライド一覧]表示にします。表示の切り替えについては、以下の記事を参考にしてください。

画面表示モードの切り替えボタンは、Shiftキー使うと異なる切り替えに

PowerPointのウィンドウの左下には、[画面表示モードの切り替えボタン]があります。 画面表示モードの切り替えボタン マウスでポイント ...

続きを見る

[スライド2]を選択して、[Shift]キーを押したまま[スライド9]をクリックします。

[スライド2]から[スライド9]までが選択されます。

スライド一覧

[目次スライド]ボタン

[スライド一覧]ツールバーから[目次スライド]をクリックします。

2枚目のスライド

目次スライドが2枚目に作成されます。

2枚目のスライドをダブルクリックして、標準表示に切り替えます。

ダブルクリック

タイトルの変更

スライドの2のタイトルを[目次]に修正します。

タイトル修正

できました!

目次スライドの完成

注意タイトルのあるレイアウトで作成したスライドに対してのみ有効です。

目次スライドを作成後、スライドを追加しても自動的に目次が増えるものではありません。

スライドを追加して、そのタイトルも目次に追加したい場合は、再度 目次スライドを作ります。

PowerPoint2007では、この機能はなくなりました。

目次スライド機能が消えたを参照してください。

PowerPoint2010で[目次スライド]ボタンに代わる方法を解説しています。

タイトルを使った目次スライドの作り方

PowerPoint2007から、目次スライドの自動作成機能はなくなってしまいました。 PowerPoint2003では、[目次スライド]ボ ...

続きを見る

参考1つのプレゼンテーションからいくつかのスライドを使って、プレゼンテーションを作成することができます。

Blogの目的別スライドショーで解説しています。

PowerPoint2003で解説していますが、PowerPoint2002も同じです。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

表に一行追加したい時は[Enter]キーや[Tab]キーを使って

表を作成したあと、下へ一行増やす方法です。 簡単に追加することができます。 行末記号にカーソルを置いて[Enter]キー 最終行の行末記号に ...

クリップボードビューア

[コピー]や[切り取り]の操作を行うと、いったん クリップボードというところに保存されます。 異なるアプリケーション間でも、カット&ペースト ...

予定表の作り方(1)

Excelで、A4サイズの用紙に簡単な予定表を作成してみましょう。 印刷範囲の確認 まず、A4サイズの印刷範囲を確認しましょう。 標準ツール ...

赤の波線・緑の波線

Wordで入力していると、時々 赤や緑の波線が表示されることがありますね。 これは、Wordが自動的に文法の誤りやスペルをチェックしてくれて ...

コンボボックスの絞り込み

入力フォームなどで、よく絞り込みは使いますね。 たとえば、営業部を選択すると、営業部の人の名前だけを表示、総務部を選択すると、総務部の人の名 ...

-Windows Xp & Office2003 PowerPoint2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.