Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Office2013

ファイルのパスをコピーする

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Office2013では、ファイルのパスを簡単にコピーしたり、その保存場所を開くことができます。

Office2010も、バックステージビューの[情報]を見るとファイル名の下にパスが表示されていて、右クリックすると[切り取り、コピー、貼り付け]が表示されます。

office2010の情報

Office2013のパスの取得

Office2013では、このパスの操作が進化しました。

作業中のファイルのパス

作業中のファイルのパス名を取得するには、[ファイル]タブをクリックして[情報]を見ます。

ファイル名の下にパスが表示されています。

情報

その箇所をポイントすると、反転します。

ファイルパス

クリックすると、2つのメニューが表示されます。

  • リンクをクリップボードにコピーする
  • ファイルの保存場所を開く

メニューから選択して、操作します。

メニュー

最近使ったファイルから取得

[開く]を選択すると[最近使ったブック]が表示されます。

参考Excelの場合は[最近使ったブック]ですが、Wordの場合は[最近使った文書]、PowerPointは[最近使ったプレゼンテーション]となっています。

最近使ったファイルで、パスを取得したファイルで右クリックします。

ショートカットメニューの中に[パスをクリップボードにコピー]というのがあるので、それをクリックします。

ショートカットメニュー

この[最近使ったファイル]に表示されるショートカットメニューには、以下の6つが表示されますが、これも便利ですね。

参考Office2010の時には、[パスをクリップボードにコピー]というコマンドはありませんでした。

【最近使用したファイル】のショートカットメニュー

Backstageビューの[最近使用したファイル]の一覧で右クリックして、ショートカットメニューを表示すると、以下のメニューが表示されます。 ...

続きを見る

  • 開く
  • コピーを開く
  • パスをクリップボードにコピー
  • 一覧に固定
  • 一覧から削除
  • 固定されていないブックをクリア

ファイルのパスの取得は、階層が深い場合などは、本当に便利です。

共有サーバーに保存しているファイルのパスをメールに貼り付けて送信する場合も便利ですね。

Outlookで長いパスで途中で切れてしまうような場合は、以下の記事が参考になると思います。

長いパスでもクリックで開くには

Outlookのテキストメールで長いURLや、長いパスでもクリックで開く方法です。 [Outlookのオプション]の表示 [ファイル]タブを ...

続きを見る

関連Windowsの機能を使って、ファイルのパスをコピーすることもできます。

【Shift】キーでファイルのパスをコピー

ファイルのパスをコピーする方法です。 いろいろなやり方がありますが、ここでは、Windowsの機能を使ったファイルのパスをコピーする方法を紹 ...

続きを見る

【パスのコピー】コマンド

Windows8、Windows10でファイルのパスをコピーする方法です。 エクスプローラーから エクスプローラーを開いて、[ホーム]タブに ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows8 & Office2013 Office2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.