Windows 8 & Office 2013 Excel 2013

スパークライン挿入後の種類やスタイルの変更

投稿日:2017年1月9日 更新日:

スパークラインとは、1つのセル内にグラフを表示して視覚的にデータの傾向を知ることができる機能です。

一度挿入したスパークラインでも、種類やスタイルを簡単に変更できます。

もっとも適したスパークラインになるようにカスタマイズしてみてください。

スパークライン

参考スパークラインは、Excel2010からの機能です。以下は動画での解説です。

【スパークライン】を使ってセル内に折れ線グラフを表示

Excel2010では、1つのセル内に折れ線グラフや、縦棒グラフ、勝敗グラフを小さく表示させることができます。[スパークライン]という機能で ...

続きを見る

スパークラインの挿入

スパークラインを表示したいセルを選択します。

[挿入]タブの[スパークライン]グループにある[折れ線]をクリックします。

折れ線スパークライン

スパークラインとは、1つのセルに収まるように小さく表示されたグラフです。

それぞれのスパークラインは、選択範囲の中の1行分のデータに相当します。

[挿入]タブの[スパークライン]グループ

データ範囲の指定

[スパークラインの作成]ダイアログボックスが表示されます。

[データ範囲]の[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックします。

もしくは、[データ範囲]のテキストボックス内にマウスカーソルがあれば、その状態のままで次の操作に移ります。

[スパークラインの作成]ダイアログボックス

データ範囲をドラッグします。

ここではセル[E2]からセル[J12]までを選択します。

データ範囲の選択

参考データ範囲は、別シートのデータを指定することができます。ただし、必ず1行か1列の範囲のデータに限ります。

複数行や複数列を選択すると以下のメッセージが表示されて作成できませんので、気を付けてください。

[場所またはデータ範囲の参照が正しくありません]のメッセージ

場所の範囲

ここでは、セル[K2]を選択した状態で[スパークライン]のコマンドを実行したので、自動的に[場所の範囲]には[$K$2]と入力されています。

[スパークラインの作成]ダイアログボックスに[データ範囲]と[場所の範囲]が正しく表示されたことを確認して[OK]ボタンをクリックします。

[スパークラインの作成]ダイアログボックス

セル[K2]にスパークラインの折れ線が表示されます。

参考1つのセルを選択して、スパークラインのコマンドを実行すると、[場所の範囲]に自動的にセルが指定されていますが、変更してもかまいません。

また、データ範囲1行分を選択して、スパークラインのコマンドを実行すると、[データ範囲]に自動的にセル範囲が指定されます。[データ範囲]も変更してかまいません。

スパークラインをコピー

セル[K2]のフィルハンドルを下へドラッグして表内のスパークラインを完成させます。

参考この時、フィルハンドルをダブルリックして下までコピーすることはできません。

スパークラインのコピー

下のように作成することができました。

スパークラインをドラッグでコピーすると、自動的にグループ化されます。

スパークラインの完成

頂点(山)の表示

挿入したスパークラインを編集していきます。

スパークラインを表示した範囲を選択すると、[スパークライン ツール]タブが現れます。

[デザイン]タブの[表示]グループにある[頂点(山)]のチェックボックスをオンにすると、データの最高点を強調表示することができます。

頂点の表示

参考[表示]グループには、[頂点(山)]のほかに、[始点][頂点(谷)][終点][負のポイント][マーカー]がありますので、目的に合ったグラフになるように工夫してみてください。

デザインの変更

スパークラインのデザインは、簡単に変更できます。

[デザイン]タブの[スタイル]にある[その他]ボタンをクリックします。

スタイルのその他ボタン

スタイルギャラリーが表示されるので、豊富なデザインの中から選択できます。

スタイルギャラリー

折れ線グラフの線の太さを変更

折れ線グラフの線の太さを変更するには、[スパークラインの色]から[太さ]をクリックして、選択します。

既定は[0.75]です。ここでは、[2.25]に変更してみます。

折れ線グラフの線の太さ

線の太さを太くすることができました。

参考印刷する場合は、スパークラインの線は少し太めにしておいたほうがいいようです。

線を太くしたスパークライン

スパークラインのデータの編集

スパークラインのデータを編集する場合は、スパークラインを選択して、[スパークラインツール]-[デザイン]タブの[スパークライン]グループにある[データの編集]からコマンドを選択します。

1つのスパークラインを編集するか、スパークラインのグループのデータを編集するかで選択するボタンが異なります。

1つのスパークラインの編集

1つのスパークラインを編集する場合は、編集したいスパークラインのセルを選択して、[スパークラインツール]-[デザイン]タブの[スパークライン]グループにある[データの編集]の下方をクリックして、[単一スパークラインのデータを編集]をクリックします。

[データの編集]の[単一スパークラインのデータを編集]

[スパークラインの編集]ダイアログボックスが表示されますので、[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックして、指定します。

[スパークラインの編集]ダイアログボックス

スパークライングループの編集

グループ化されたスパークラインを編集する場合は、[スパークラインツール]-[デザイン]タブの[スパークライン]グループにある[データの編集]の下方をクリックして、[グループの位置とデータの編集]をクリックします。

[データの編集]の[グループの位置とデータの編集]

[スパークラインの編集]ダイアログボックスが表示されますので、[データ範囲]と[場所の範囲]の[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックして、指定します。

[スパークラインの編集]ダイアログボックス

参考スパークライングループのデータを編集する場合は、スパークラインの1つのセルを選択していても、[グループの位置とデータの編集]は有効になります。

スパークラインのグループを範囲選択している場合は、[単一スパークラインのデータを編集]は、無効になります。

[データの編集]の[単一スパークラインのデータを編集]が無効

スパークラインの種類を変更

スパークラインには、[折れ線]、[縦棒]、[勝敗]の3つの種類があります。

[種類]グループにある[縦棒]をクリックすると、下のように縦棒グラフになります。

スパークラインの[縦棒グラフ]

[勝敗]をクリックすると、下のようになります。

スパークラインの[勝敗]

日付が不規則な場合は[軸の種類(日付)]を選択

以下のように日付が飛んでいる表があるとします。ここでは、4月4日の次が4月8日になっています。

データにはない日付をスパークラインに反映させることができます。

日付が連続していない表

[デザイン]タブの[グループ]グループの[軸]をクリックします。

[軸のオプション]から[軸の種類(日付)]をクリックします。

スパークラインの軸の種類

[スパークラインの日付の範囲]ダイアログボックスが表示されます。日付の範囲を選択します。

注意この時、文字列ではなく日付型であることが条件です。

スパークラインの日付の範囲

スパークラインは、以下のようになります。日付が不規則な場合、その期間がグラフに反映されます。

日付が不規則なデータの期間を反映させたグラフ

データに非表示や空白セルがある場合の表示方法

下のように空白のセルがある場合、空白セルの表示方法を指定することができます。

データに空白セルがある場合

[デザイン]タブの左端にある[データの編集]をクリックして、[非表示および空白のセル]をクリックします。

[データの編集]の[非表示および空白のセル]

[非表示および空白のセルの設定]ダイアログボックスが表示されますので、[空白][ゼロ][データ要素を線で結ぶ]の中から選択します。

非表示の行や列がある場合も、表示するかしないかの選択をすることができます。

以下は、[データ要素を線で結ぶ]を選択しています。

[非表示および空白のセルの設定]ダイアログボックス

スパークラインの削除

スパークラインは[Delete]キーで削除することはできません。

[デザイン]タブにある[クリア]の▼ボタンをクリックして、[選択したスパークライングループのクリア]をクリックします。

同じグループのスパークラインがすべて削除されます。

参考選択した1つのスパークラインを削除する場合は、[選択したスパークラインのクリア]をクリックします。

選択したスパークライングループのクリア

削除して空白にすることができました。

スパークラインの削除

関連スパークラインは、[クイック分析]から表示することもできます。

クイック分析オプションで簡単データ分析(自動計算もできる)

クイック分析は、Excel2013からの機能です。 セル範囲を選択すると、選択範囲の右下に[クイック分析]のボタンが表示されます。 このボタ ...

続きを見る

バージョンの確認

他の記事も検索してみませんか?

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 8 & Office 2013 Excel 2013

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.