Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Excel2013

スパークラインのカスタマイズ

投稿日:2017年1月9日 更新日:

スパークラインとは、Excel2010からの新機能で、下の画像のように1つのセル内にグラフを表示して視覚的に簡単に傾向を知ることができます。
スパークライン

操作方法

スパークラインを表示したいセルを選択します。[挿入]タブの[スパークライン]グループにある[折れ線]をクリックします。

ポップヒントには以下のように記されています。

スパークラインとは、1つのセルに収まるように小さく表示されたグラフです。それぞれのスパークラインは、選択範囲の中の1行分のデータに相当します。

[挿入]タブの[スパークライン]グループ

[スパークラインの作成]ダイアログボックスが表示されます。
[データ範囲]の[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックします。もしくは、[データ範囲]のテキストボックス内にマウスカーソルがあれば、その状態のままで次の操作に移ります。
[スパークラインの作成]ダイアログボックス

データ範囲をドラッグします。ここではセルE2からセルJ12までを選択します。
データ範囲の選択

[スパークラインの作成]ダイアログボックスに[データ範囲]と[場所の範囲]が正しく表示されたことを確認して[OK]ボタンをクリックします。
[スパークラインの作成]ダイアログボックス

セルK2にスパークラインの折れ線が表示されました。フィルハンドルを下へドラッグして表内のスパークラインを完成させます。
参考この時、フィルハンドルをダブルリックして下までコピーすることはできません。
スパークラインのコピー

下のように作成することができました。
スパークラインの完成

カスタマイズしていきます。

頂点の表示

スパークラインを表示した範囲を選択すると、[スパークライン ツール]タブが現れます。[デザイン]タブの[表示]グループにある[頂点]のチェックボックスをオンにすると、データの最高点を強調表示することができます。
頂点の表示

デザインの変更

また簡単にデザインを変更することもできます。[デザイン]タブの[スタイル]にある[その他]ボタンをクリックします。
スタイルのその他ボタン

スタイルギャラリーが表示され、豊富なデザインの中から選択することができます。
スタイルギャラリー

折れ線グラフの線の太さを変更

折れ線グラフの線の太さを変更するには、[スパークラインの色]から[太さ]をクリックして、選択します。既定は[0.75]です。
折れ線グラフの線の太さ

線の太さを太くすることができました。参考印刷する場合は、少し太めにしておいたほうがいいようです。
線を太くしたスパークライン

スパークラインの削除

スパークラインはDeleteキーで削除することはできません。
[デザイン]タブにある[クリア]の▼ボタンをクリックして、[選択したスパークライングループのクリア]をクリックします。同じグループのスパークラインがすべて削除されます。スパークラインは、作成した時点で、グループ化されています。
選択したスパークライングループのクリア

空白にすることができました。
スパークラインの削除

スパークラインの種類

[種類]グループにある[縦棒]をクリックすると、下のように縦棒グラフになります。
縦棒グラフ [勝敗]をクリックすると、下のようになります。
勝敗

軸の種類(日付)

[軸のオプション]から[軸の種類(日付)]をクリックすると、
スパークラインの軸の種類 [スパークラインの日付の範囲]ダイアログボックスが表示されます。
日付の範囲を選択します。注意この時、文字列ではなく日付型であることが条件です。
スパークラインの日付の範囲

日付が不規則な場合、その期間がグラフに反映されます。ここでは、4月4日の次が4月15日になっています。
日付が不規則なデータの期間を反映させたグラフ

折れ線のグラフの場合は、下のようになります。
折れ線グラフ

非表示や空白セルがある場合の表示方法

下のように空白のセルがある場合、空白セルの表示方法を指定することができます。
データに空白セルがある場合

[デザイン]タブの左端にある[データの編集]をクリックして、[非表示および空白のセル]をクリックします。
[データの編集]の[非表示および空白のセル] [非表示および空白のセルの設定]ダイアログボックスが表示されますので、[空白][ゼロ][データ要素を線で結ぶ]の中から選択します。
非表示の行や列がある場合も、表示するかしないかの選択をすることができます。
[非表示および空白のセルの設定]ダイアログボックス

関連スパークラインについては、Excel2010でも解説しています。動画もありますので、ぜひご参照ください。
スパークライン

スパークラインを使ってセル内にグラフを表示

セル内に折れ線グラフや、縦棒グラフ、勝敗グラフを表示させることができます。 操作方法 操作方法については、下の動画をご覧ください。 簡単に説 ...

続きを見る

スパークラインは、[クイック分析]から表示することもできます。クイック分析でスパークラインを表示

クイック分析で簡単データ分析

クイック分析は、Excel2013からの機能です。 セル範囲を選択すると、選択範囲の右下に[クイック分析]のボタンが表示されます。 このボタ ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

記事を更新しました

1ページ目にはページ番号を挿入したくない

1ページ目(先頭ページ)は表紙としているので、ページ番号を挿入したくない場合の方法です。 Word2013での解説です。 [ヘッダー/フッタ ...

複数オブジェクトの選択が可能(描画キャンバス外でも有効)

Word2013では、複数オブジェクトの選択が[オブジェクトの選択]ボタンのドラッグ操作で可能になりました。 オブジェクトの選択 画像や、テ ...

ウィンドウを複数の表示領域に分割(分割ボックスコントロールは廃止)

Excel2013では、スクロールバーにあった分割ボックスコントロールが廃止されました。 分割ボックス コントロールの廃止(Microsof ...

マウスで罫線を引く

Word2013で[罫線を引く]コマンドは[ホーム]タブ、[レイアウト]タブ、[デザイン]タブの3か所にあります。 [ホーム]タブの[罫線] ...

Do Not Trackの有効/無効

IE10のインターネットオプションには、[常にDo Not Trackヘッダーを送信する]というチェック項目があります。 インターネットオプ ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.