リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

クイック分析で簡単データ分析

投稿日:2017年12月14日 更新日:

クイック分析は、Excel2013からの機能です。セル範囲を選択すると、選択範囲の右下に[クイック分析]のボタンが表示されます。このボタンを利用して、データを簡単にビジュアル化することができます。

[条件付き書式]、[グラフ]、[集計]、[テーブル]、[スパークライン]の機能をワンクリックで設定することができます。

また、クイック分析は、リアルタイムプレビューなので、確定する前に結果を確認することができます。参考リアルタイムプレビューとは、一覧の選択肢をポイントして、設定後の結果を確認できる機能のことです。確定前に結果を確認できるため、繰り返し設定しなおす手間を省くことができます。
クイック分析

[クイック分析]ボタンの表示

データ範囲を選択します。範囲選択すると、その右下に[クイック分析]ボタンが表示されます。
クイック分析のボタン

もし、このボタンが表示されない場合は、Excelのオプションから設定を確認してみてください。また、バージョンはExcel2013以降でなければ表示されません。

クイック分析のポップヒントには、以下のように記されています。

クイック分析ツールを使用して、グラフ、カラーコード、数式といったExcelの便利なツールにより、データをすばやく簡単に分析します。

[クイック分析]ツールバー

Excel2013では、以下のようになっています。
クイック分析ツールバー

Excel2016では、以下のようになっています。Excel2013では[書式]だったのが[書式設定]になっています。
クイック分析ツールバー

クイック分析で条件付き書式を設定

[書式設定]タブをクリックします。[データバー]、[カラー]、[アイコン]、[指定の値]、[上位]、[クリア]のボタンが並んでいます。データを条件によって書式を設定することができます。
クイック分析の書式設定

クイック分析ツールバーの各ボタンをポイントすると、確定後の状態をプレビューすることができます。リアルタイムプレビューという機能です。クリックすると確定になります。

データバー

データの中の最大値が100%の横棒となり、各セルは最大値に対する比率で表されます。
データバー

データバーについては、以下の記事で解説しています。

条件付き書式のデータバーを活用して点数をグラフ化

Excel2010で試験の点数をデータバーを使ってグラフ化した方から、2つの質問を受けました。 作成された表は下図のようになっていました。 ...

続きを見る

カラー(カラースケール)

平均値以上のセルはグリーン、平均値以下を無色、平均値以下のセルがピンク、赤で表されます。
カラースケール

アイコン(アイコンセット)

色付きの矢印型のアイコンでデータの推移が表されます。
アイコンセット

アイコンセットの色分けについては、以下の記事で解説しています。

条件付き書式のアイコンセットの区分け

Excel2010以降の条件付き書式の[アイコンセット]は便利ですが、アイコンセットのアイコンの種類を区分けする範囲は既定で決められています ...

続きを見る

指定の値(指定の値より大きい)

平均値より高い値が入力されたセルを強調表示します。
指定の値

[指定の値]をクリックすると、ダイアログボックスが表示されるので、ここで数値や色を設定することができます。
[指定の値より大きい]ダイアログボックス

上位(上位10%)

上位10%のセルが強調表示されます。
上位10%

クリア(条件付き書式のクリア)

設定した条件付き書式を解除します。
条件付き書式のクリア

条件付き書式の編集

条件付き書式は、分析ツールバーで確定した後、編集することもできます。
[ホーム]タブの[条件付き書式]の[ルールの管理]をクリックします。
条件付き書式のルールの管理

すると、分析ツールで設定した条件付き書式が見つけられると思います。編集したい条件付き書式を選択して、[ルールの編集]をクリックします。
ルールの編集

[書式ルールの編集]ダイアログボックスが表示されます。データバーの色なども、このダイアログボックスで変更することができます。
書式ルールの編集

条件付き書式の編集については、以下の記事でも解説しています。ルールの編集

条件付き書式のデータバーにマイナスの値も表示可能

Excel2010の条件付書式のデータバーでは、マイナスの値も表示可能になりました。 条件付き書式のデータバー まず[条件付き書式]のデータ ...

続きを見る

参考条件付き書式のルールの削除については、以下の記事で解説しています。

条件付き書式のルールの削除(ルールのクリア)

クイック分析でグラフを作成

クイック分析では、グラフもワンクリックで作成することができます。クイック分析ツールバーの[グラフ]タブをクリックします。[集合縦棒]、[積み上げ]、[積み上げ面]、[集合縦棒]、[折れ線]、[その他の]ボタンが並んでいます。
クイック分析のグラフ

クイック分析ツールバーの各ボタンをポイントすると、確定後の状態をプレビューすることができます。リアルタイムプレビューという機能です。クリックすると確定になります。

集合縦棒

Excel2016では、各ボタンにポップヒントが表示されるようになっています。以下の画像は、ボタンをポイントしたときのプレビューを表示しています。

この種類のグラフの使用目的:・いくつかの項目の値を比較します。
使用ケース:・項目の順序が重要でない場合に使います。

集合縦棒

積み上げ(積み上げ縦棒)

この種類のグラフの使用目的:
・全体の中の各部分を比較します。
・全体の中の各部分が時間とともにどのように変化するかを示します。

積み上げ縦棒

積み上げ面

この種類のグラフの使用目的:
・一定の時間や項目にわたる全体に対する部分の関係を示します。
・時間の経過に伴う変化の大きさを強調します。
・全体的な傾向として合計値を強調します。

積み上げ面

集合縦棒

この種類のグラフの使用目的:
・いくつかの項目の値を比較します。
使用ケース:
・項目の順序が重要でない場合に使います。

集合縦棒

折れ線

この種類のグラフの使用目的:
・一定の時間(年数、月数、日数)や項目にわたるデータの傾向を示します。
使用ケース:
・項目の順序が重要な場合に使います。
・データ要素の数が多い場合に使います。

折れ線

その他の(その他のグラフ)

[その他の]ボタンをクリックすると、[グラフの挿入]ダイアログボックスが表示されます。[すべてのグラフ]タブをクリックして、グラフを選択することもできます。
その他のグラフ

クイック分析のグラフはデータによって異なる

範囲選択したデータによって、表示されるグラフの種類は変わります。
範囲選択によってグラフの種類は変わる

クイック分析で集計

クイック分析では、列や行に対して、いろいろな集計を加えることができます。クイック分析の[合計]タブをクリックします。[合計]、[平均]、[個数]、[合計]、[累計]、[合計]、[平均]、[データの]、[合計の]、[累計]の10個のボタンが並んでいます。
クイック分析の合計タブ

各ボタンをポイントした状態です。クイック分析ツールバーの各ボタンをポイントすると、確定後の状態をプレビューすることができます。リアルタイムプレビューという機能です。クリックすると確定になります。

合計

フィールドごとの合計値が表示されます。
合計

平均

フィールドごとの平均値が表示されます。
平均

個数(データの個数)

フィールドに入力されているデータの個数が表示されます。
個数

合計(合計の比率)

フィールドの合計値の比率が表示されます。
合計の比率

累計

フィールド累計が表示されます。
累計

合計(行データ/レコードの合計)

行ごとの合計が表示されます。
レコードの合計

平均(行データ/レコードの平均)

行ごとの平均が表示されます。
レコードの平均

個数(行データ/レコードの個数)

行ごとの個数が表示されます。
レコードの個数

合計(行データ/レコードの合計の比率)

行ごとの合計の比率が表示されます。
レコードの合計の比率

累計(行データ/レコードの累計)

行ごとの累計が表示されます。
レコードの累計

クイック分析でテーブルを作成

クイック分析の[テーブル]タブでは、[テーブル]と[ピボットテーブル]を作成することができます。
クイック分析でテーブルを作成

テーブル

[テーブル]のボタンをポイントするだけで、どのようなテーブルになるかを確認することができます。クリックすることで確定になります。
テーブル

テーブルを作成することのメリットについては、以下の記事で解説しています。

テーブルの便利機能(テーブルに変換して効率アップ)

Excelのテーブルはとても便利なものです。通常の表をテーブルに変換することによって、データベースとしての機能が自動的に設定され、管理や分析 ...

続きを見る

ピボットテーブル

[空のピボットテーブル]のボタンをクリックすると、
ピボットテーブル

下のようなピボットテーブルが新しいシートに作成されます。各フィールドを[フィルター]、[列]、[行]、[値]ボックスへドラッグして完成させます。
空のピボットテーブル

ピボットテーブルについては、以下の記事が参考になると思います。

ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成

Excel2013以降には、ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成できるコマンドがあります。ピボットテーブルの作成に慣れた方なら、グラ ...

続きを見る

クイック分析でスパークラインを表示

クイック分析では、ワンクリックでスパークラインを表示することができます。[折れ線]、[縦棒]、[勝敗]のコマンドが並んでいます。
クイック分析でスパークラインの表示

クイック分析ツールバーの各ボタンをポイントすると、確定後の状態をプレビューすることができます。リアルタイムプレビューという機能です。クリックすると確定になります。

折れ線

[折れ線]のスパークラインです。ポップヒントには、以下のように記されています。

スパークラインとは、1つのセルに収まるように小さく表示されたグラフです。それぞれのスパークラインは、選択範囲の中の1行分のデータに相当します。

折れ線

縦棒

[縦棒]のスパークラインです。
縦棒

勝敗

[勝敗]のスパークラインです。
勝敗

スパークラインについては、以下の記事で解説しています。

スパークラインを使ってセル内にグラフを表示

セル内に折れ線グラフや、縦棒グラフ、勝敗グラフを表示させることができます。 操作方法については、下の動画をご覧ください。 または、スパークラ ...

続きを見る

スパークラインのカスタマイズ

スパークラインとは、Excel2010からの新機能で、下の画像のように1つのセル内にグラフを表示して視覚的に簡単に傾向を知ることができます。 ...

続きを見る

クイック分析のボタンを表示したくない

クイック分析のボタンを邪魔に感じる方もいらっしゃると思います。設定で非表示にすることができます。

[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。[Excelのオプション]ダイアログボックスが表示されます。[基本設定]の[ユーザーインターフェイスのオプション]の中にある[選択時にクイック分析オプションを表示する]のチェックボックスをオフにします。
Excelのオプション

参考ただし、クイック分析のボタンを表示しないように設定していても、ショートカットキーを使うと表示させることができます。
クイック分析オプションを表示するショートカットキーは、[Ctrl]+[Q]です。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。
Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る


管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数を学び直したい人はぜひ!

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

開くときに意図しないパラメーターの入力ウィンドウが表示される

Accessで作成したデータベースのテーブルや、クエリ、フォーム、レポートを開こうとすると、下のように[パラメータの入力]を求めるウィンドウ ...

ゴールシークを使って目標を達成するための値を求める

Excelのゴールシークという機能を使うと、目標値を設定して特定のセルの値を変化させて、目標達成に必要な値を求めることができます。ここでは、 ...

折れ線グラフの種類と積み上げ折れ線グラフについて

Excelには、多くのグラフの種類があります。用途や目的に合わせてグラフを選択することができます。以下は、Microsoftのページです。 ...

参照範囲から検索値以下の一番近い値を求める方法(VLOOKUP関数)

通し番号を印刷した展示会の案内状があります。その案内状をどの企業へ配布したか、また誰が招待したかが分かるように作成した管理表があります。 配 ...

ペイントでサイズ変更

Windows10のペイントを使って、写真のサイズを小さくする方法です。 まず、検索ボックスを使ってペイントを起動します。 ペイントの起動 ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.