Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Excel2013

関数を使って氏名を分割

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelで氏名の列を姓と名の列に分割したい場合がありますね。

区切り位置ウィザードを使用して分割する方法は、氏名の列を姓と名の列に分割で解説しています。

氏名の列を姓と名の列に分割

Excel2013で氏名セルを姓と名の別々のセルに分ける操作をしていたら、Excel2013のポップヒントに思わずほっこりしました。 下のよ ...

続きを見る

Excel2013以降のバージョンであれば、フラッシュフィルを使う方法もあります。

フラッシュフィル(文字列の結合や抜き出しをワンクリックで)

Excel2013の新機能です。 文字列などの編集を自動で行ってくれる機能です。 これまで、関数や区切り位置ウィザード使って文字列を結合した ...

続きを見る

ここでは、関数を使って求める方法を紹介します。

関数の使用

A列に氏名が入力されていて、姓と名は全角の空白スペースで分けられています。

セル[B2]には、[ =LEFT(A2,SEARCH(" ",A2,1)+1) ]と入力すると[姓]を求めることができます。

ワークシートの表

セル[C2]には、[ =TRIM(SUBSTITUTE(A2,B2,"")) ]と入力すると[名]を求めることができます。

関数の入力

LEFT関数

LEFT関数とは、文字列の先頭から指定された数の文字を返す関数です。

LEFT関数

SEARCH関数

SEARCH関数とは、文字列が最初に現れる位置の文字番号を返す関数です。

氏名が半角スペースで区切られている場合は、[検索文字列]に半角スペースを指定します。

SEARCH関数

TRIM関数

TRIM関数とは、単語間のスペースを1つずつ残して、不要なスペースをすべて削除します。

TRIM関数

SUBSTITUTE関数

SUBSTITUTE関数とは、文字列中の指定した文字を新しい文字で置換えます。

SUBSTITUTE関数

注意関数で姓名を分割すると、ふりがな表示は出来なくなります。

ふりがな

関連Excelの場合、区切り位置ウィザードを使うほうが早いと思います。

氏名の列を姓と名の列に分割で解説しています。

氏名の列を姓と名の列に分割

Excel2013で氏名セルを姓と名の別々のセルに分ける操作をしていたら、Excel2013のポップヒントに思わずほっこりしました。 下のよ ...

続きを見る

区切り位置ウィザードを使用した場合は、ふりがなを表示することができます。

Excel2013以降のバージョンであれば、フラッシュフィルを使うこともできます。

非常に便利です。

フラッシュフィル(文字列の結合や抜き出しをワンクリックで)

Excel2013の新機能です。 文字列などの編集を自動で行ってくれる機能です。 これまで、関数や区切り位置ウィザード使って文字列を結合した ...

続きを見る

上記記事内の氏名を姓と名に分割で解説しています。

関連Accessでの表示方法は、氏名を姓と名のフィールドに分けるで解説しています。

氏名を姓と名のフィールドに分ける

Accessでしっかりテーブル設計をしていればいいのですが、なかなかそうはいかず、後からいろいろ注文を受けることになります。 テーブルには、 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

【無料】できるExcel 2016 新機能ガイド|ダウンロード版

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.