Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly, PDF & Email

数式が表示されて計算結果が表示されない

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelで、A列に入力している日付(8桁の数字)から年だけをB列に表示したいとの質問を受けました。

LEFT関数

セルB1を選択して、数式バーに[=LEFT(A1,4)]と入力、Enterキーを押して確定します。その後は、セルB1を再度 選択して、フィルハンドルをダブルクリックすると、数式がA列の最終行(入力済み行)までコピーされますよ、と説明しました。
ワークシート

ユーザー定義で[年]を表示

その後、「年」という文字列も表示したいということだったので、ユーザー定義を使って表示する方法を教えました。範囲選択をして右クリック、ショートカットメニューから[セルの書式設定]をクリックして、[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示します。
ショートカットメニュー

[表示形式]タブの[ユーザー定義]で[@年]と入力します。
セルの書式設定ダイアログボックス

これで、質問者の思い通りの形になったわけです。
ワークシート

セルに数式が表示されたままになる現象

ですが、後日 連絡があり、セルに数式が表示されたままになったとのことです。
数式を入力したセルをアクティブにして、数式バーにカーソルを置いてEnterキーを押したら数式がそのまま表示されるようになったとのこと。
数式バー

これは、ユーザー定義の設定で、セルの書式を文字列にしてしまったのが原因ですね。
数式が入力されたセルをアクティブにして、[関数の挿入]ボタンをクリックして、[関数の引数]ダイアログボックスを表示させて[OK]ボタンをクリックしても同じようになります。(画像はExcel2013です)
関数の引数ダイアログボックス

元に戻すボタンで戻せば、元通りになったと思うのですが、上書きしてしまったとのこと。

数式の結果を表示させるには

数式が表示されたセルを数式の結果が表示されるようにする方法です。
まず、数式を入力したセル(ユーザー定義も設定)を範囲選択して、[セルの書式設定]ダイアログボックスので[表示形式]で[標準]にします。もちろん、[ホーム]タブの[数値]グループにある[表示形式]から[標準]を選択しても同じです。
セルの書式設定

これで、[年]という文字が消え、書式設定は、[標準]になりました。
[標準]になっても、数式はそのまま表示されています。

書式設定が[標準]の状態で、再編集しなけば数式の結果は表示されません。

数式が表示されてしまったセルの数が少なければ、1つのセルをアクティブにして、以下のいずれかの操作を行います。

  • [F2]キーを押して、[Enter]キーを押すと、数式の結果が表示されるようになります。
  • 数式バーにカーソルを置いて[Enter]キーを押します。
  • [関数の引数]ダイアログボックスを表示させて[OK]ボタンをクリックしても同じです。

上3つの方法は、複数のセルを選択して一括して操作することはできませんので、最上段のセルを選択して、上記いずれかの操作を行い、コピー&貼り付けの操作を行います。
数式が表示されたセル

一括操作の方法

もっと簡単に複数のセルを一括して操作する方法を紹介します。
キーボードから[Ctrl]キーと[F]キーを押して[検索と置換]ダイアログボックスを表示します。
[ホーム]タブの[編集]グループにある[検索と置換]から[置換]をクリックしても同じです。
[検索する文字列]に[=]を、[置換後の文字列]に[=]を入力して、[すべて置換]ボタンをクリックします。
検索と置換ダイアログボックス

これで、数式が表示されたセルはなくなります。
数式の結果が表示されたセル

数式の入力

[年]を表示する方法として、今度は数式バーに[=LEFT(A1,4)&"年"]と入力するように指示しました。
数式バー

数式のコピー

数式を入力したセルのフィルハンドルをドラッグ、あるいはダブルクリックです。ダブルクリックすると、隣接する列の最終行(入力済み行)までコピーされます。
数式のコピー

右揃え

そして、右寄せにしたいとのことだったので、[ホーム]タブの[配置]グループにある[右揃え]ボタンをクリックするように教えました。これで、質問者の方は笑顔です。(^.^)
右揃え

区切り位置ウィザードを使って

もう一つ、[区切り位置]ウィザードを使って数式の結果を表示するようにする方法があります。
数式が表示されたセルを範囲選択して、[データ]タブの[データツール]グループにある[区切り位置]をクリックします。
区切り位置

[区切り位置指定ウィザード-1/3]が表示されます。そのまま[完了]ボタンをクリックします。
区切り位置指定ウィザード-1/3

数式を確認するために数式を表示するには、[数式]タブの[数式の表示]から行うことができます。
数式をセルに表示するには(Excel2010)で解説しています。Excel2013も同じです。

数式をセルに表示するには

数式をワークシートのセルに表示したいということはありますね。 数式のエラーを見つけたい、どこに数式が入っているのかわからない。。。などという ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

検索して分からなかったら【teratail】に質問!

あなたへのおすすめ

関連記事

イメージコントロールに外部の画像ファイルを表示

Accessのフォームに画像を表示する方法としては、テーブルのデータ型で[添付ファイル]を選択するのが一番簡単ですが、イメージのコントロール ...

フィルター後の表を行の高さも列幅もそのままコピーしたい

Excelで下のように完成した表があって、A列の「地域」でフィルターをかけて抽出しています。 フィルターで抽出した表をそのままコピーして、 ...

長いパスでもクリックで開くには

Outlookのテキストメールで長いURLや、長いパスでもクリックで開く方法です。 [ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリック ...

表の行の高さを詰めたい

Wordで表を作成後、表の行の高さを調整して文書の体裁を整えたいということがあります。でも、行の高さを縮めたいけど、思うように調整できないと ...

オプションボタンの挿入

Excelでオプションボタンを挿入する方法です。オプションボタンは、複数の選択肢の中から1つを選択するときに使用します。 また、ワークシート ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.