Google検索

Windows8 & Office2013 Excel2013

A列の文字列からB列の文字列を省くには(SUBSTITUTE関数)

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelで下のようにA列とB列に文字列が入力されていて、A列のセルからB列の文字列を抜いた文字列をC列のセルへ表示する方法です。

SUBSTITUTE関数を使います。

表

SUBSTITUTE関数

関数の入力方法は複数ありますので、以下はひとつの例として参考にしてください。

SUBSTITUTE関数の入力

セル[C1]を選択して、[=su ]と入力すると、下のように関数の候補一覧が表示されるので[SUBSTITUTE]が選択されている状態で[Tab]キーを押します。

関数候補一覧

数式バーには、下のように入力されます。

SUBSTITUTE

文字列の指定

セル[A1]をクリックして、カンマ(,)を入力します。

SUBSTITUTEの文字列

検索文字列

検索文字列は、セル[B1]なので、セル[B1]をクリックして、カンマ(,)を入力します。

SUBSTITUTEの検索文字列

置換文字列

置換文字列には、[""]を入力します。

SUBSTITUTEの置換文字列

閉じ括弧を入力して[Enter]キーを押します。

数式の完成

SUBSTITUTE関数のコピー

関数を入力したセル[C1]を選択して、フィルハンドルをダブルクリックします。

フィルハンドルをダブルクリック

SUBSTITUTE関数がB列の最後のセルと同じ行までコピーされます。

数式のコピー

関数の引数ダイアログボックス

関数の挿入ボタンをクリックして、関数の引数ダイアログボックスを表示すると下のようになっています。

SUBSTITUTE関数は、文字列中の指定した文字を新しい文字で置き換える関数です。

検索文字列を空白に置換することで、文字列から検索文字列を省いた文字列になるわけです。

関数の引数ダイアログボックス

参考氏名を分割する場合も使用できます。以下の記事で解説しています。

関数を使って氏名を分割

Excelで氏名の列を姓と名の列に分割したい場合がありますね。 区切り位置ウィザードを使用して分割する方法は、以下の記事で解説しています。 ...

続きを見る

Excel2013以降であれば、フラッシュフィルを使用することもできます。

フラッシュフィル(文字列の結合や抜き出しをワンクリックで)

フラッシュフィルとは、Excelが入力されたデータから規則性を自動的に認識して実行してくれる機能です。Excel2013の新機能です。 これ ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.