リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

データテーブルを使って複数の計算結果を同時に表示する

投稿日:2017年6月23日 更新日:

Excelの[データ]タブにある[What-If 分析]の中にある[データテーブル]を使うと、複数の計算結果を同時に一覧形式で表示することができます。様々な計算結果を比較するときに便利な機能です。[データテーブル]のポップヒントには以下のように記されています。

複数の入力の結果を同時に表示します。

データテーブル

表の作成

ここでは、パン1個の単価と売上個数が変化するとどうなるかという試算表を作成します。あらかじめ、下のような表を作成します。
表

セルC9からセルG13には、通貨の表示形式を設定します。
通貨表示形式

下は、[数式]タブの[ワークシート分析]にある[数式の表示]をクリックしています。セルC4には、売上金額を求めるための数式[=C2*C3]を入力して、セルB8にはセルC4を参照する数式[=C4]を入力しています。[=C4]ではなく、セルC4と同じ数式[=C2*C3]でも構いません。
[数式の表示]を再度クリックすると、数式は非表示になります。

注意データテーブルでは、必ず行と列の交点のセルに数式を入力します。ここでは、セルB8ですね。
数式の非表示

参考分かりやすくするため、枠線を非表示にしています。
[ページレイアウト]タブの[シートのオプション]にある[枠線]から[表示]のチェックボックスをオフにしています。
[ページレイアウト]タブの[シートのオプション]にある[枠線]から[表示]のチェックボックスをオフ

範囲選択

セルB8からセルG13までを範囲選択します。範囲選択を間違えないようにしてください。
範囲選択

データテーブルの作成

[データ]タブにある[What-If 分析]の中にある[データテーブル]をクリックします。
データテーブルをクリック

[データテーブル]ダイアログボックスが表示されます。[行の代入セル]には、セルC2を指定します。[列の代入セル]には、セルC3を指定します。
参考[行の代入セル]には、代入する値が行方向に入力されている場合に代入セルを設定します。[列の代入セル]には、代入する値が列方向に入力されている場合に代入セルを指定します。
データテーブルダイアログボックス

結果、下のようになります。
データテーブルの結果

データテーブル内のセルをクリックすると、下のような数式となっています。
データテーブルの数式

計算式を参照させたセルの内容を非表示

セルB8の数式の結果を非表示にするには、文字の色を白色に設定するか、ユーザー定義の書式設定で[;;;]と入力します。セルの内容を非表示にする方法については、以下の記事でも解説しています。

セルのデータを非表示に

印刷するときにセルに入力された文字や数字を隠したいことってありますね。 また、空白に見せたいけど、数字を入力していなければ計算できないという ...

続きを見る

ユーザー定義

再計算も可能

売上個数や単価の値を変更すると、再計算されます。
再計算

単入力テーブル

列のみや、行のみを変化させる単入力テーブルも可能です。行も列も変化させるテーブルを複入力テーブルといいます。

列のみを代入させて変化させる場合

単入力テーブル(列)

行のみを代入させて変化させる場合

単入力テーブル(行)

[What-If 分析]の中にある[ゴールシーク]と[シナリオの登録と管理]については以下の記事を参照してください。

ゴールシークを使って目標を達成するための値を求める

Excelのゴールシークという機能を使うと、目標値を設定して特定のセルの値を変化させて、目標達成に必要な値を求めることができます。ここでは、 ...

続きを見る

シナリオの登録と管理でシミュレーション

Excelには、[What-If 分析]ツールというのがあり、複数の異なる値を入力して結果をシミュレーションすることができます。[データ]タ ...

続きを見る

ソルバーについては、以下の記事で解説しています。

ソルバーを使用して最適値を求める

Excelには、ソルバーという機能があります。ソルバーとは、数式の計算結果を目標値として設定して、その結果を得るために複数の制約条件を指定し ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数を学び直したい人はぜひ!

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

画像を挿入できるSmartArtグラフィック

SmartArtグラフィックとは、図形や矢印、画像などを組み合わせて、情報の相互関係を視覚的にわかりやすく表示できるOffice共通の機能で ...

画像の差し込み印刷はリストがWordの表なら簡単

Wordの差し込み印刷で画像を差し込むには、差し込み用に使用するリストがWordで作成した下のような表であれば、簡単に画像の差し込みができま ...

ペイントでサイズ変更

Windows10のペイントを使って、写真のサイズを小さくする方法です。 まず、検索ボックスを使ってペイントを起動します。 ペイントの起動 ...

Windows10のIMEに顔文字辞書を登録するには

Windows10のIMEでは、標準で顔文字を使用できるようになっています。Windows10で顔文字を使うにはで紹介していますが、この標準 ...

スタート画面の背景の透明化をオフにする

Windows10の既定では、スタート画面の背景は透明になっています。 下の画像で、うっすらとデスクトップ上のアイコンが見えるのがわかると思 ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.