Windows 7 & Office 2010 Excel 2010

シート一覧を表示してアクティブシートを切り替える

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelの[見出しスクロール]ボタン上で右クリックすると、シートの一覧が表示されます。

目的のシート名をクリックすると、そのシートがアクティブになります。

また、シート切り替えのショートカットキーも覚えておくと便利です。

Excelの[見出しスクロール]ボタン上で右クリック

シート一覧の表示

多くのシートがあるブックでは、シートの選択も面倒です。できるだけ、ミスなく効率よく作業したいですね。

シート切り替えボタンで右クリックするとシートの一覧が表示されます。

見出しスクロールボタンは4つありますが、どのボタン上でも同じです。

目的のシート名をクリックすると、そのシートがアクティブになります。

シートが増えて、隠れているシートへ移動するときに便利ですね。

また、チェックが付いているのがアクティブになっているシート名です。

参考新機能ではありません、以前からの機能です。

ワークシートの左下の端でクリック

ワークシートが17枚以上になると(私の環境の場合)、下のように[シートの選択...]が表示されます。

シートの一覧

[シートの選択]ダイアログボックス

[シートの選択...]をクリックすると、[シートの選択]ダイアログボックスが表示され、その中から目的のシートを選択します。

目的のシート名をクリックして、[OK]ボタンをクリックすると、そのシートがアクティブになります。

ダブルクリックでもOKです。

選べるシートは一枚です。

[Ctrl]キーを使って複数選択などはできません。

閉じるときは、[閉じる]ボタンか[キャンセル]ボタンをクリックします。

[Esc]キーでも非表示になります。

[シートの選択]ダイアログボックス

関連Excel2013では、このシート操作が変わりました。もっと便利になっています。

[Ctrl]キーと左クリックで先頭や最後のシートにスクロール

Excel2013では、シート見出しの左端に(三角マーク)が表示され、その(三角マーク)をポイントすると、メニューが現れます。 メニューを見 ...

続きを見る

シート切り替えのショートカットキー

ショートカットキーを使って、シートを切り替えることもできます。

次のシートへ切り替えるショートカットキーは、[Ctrl]+[PageDown]です。

キーボード[Ctrl]+[PageDown]

前のシートへ切り替えるショートカットキーは、[Ctrl]+[PageUp]です。

キーボード[Ctrl]+[PageUp]

バージョンの確認

他の記事も検索してみませんか?

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 Excel 2010

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.