Windows 8 & Office 2013 Excel 2013

[Ctrl]キーと左クリックで先頭や最後のシートにスクロール

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2013では、シート見出しの左端に(三角マーク)が表示され、その(三角マーク)をポイントすると、メニューが現れます。

メニューを見ると、[Ctrl]キーと[左クリック]で先頭や最後のシートへスクロールできることが記されています。

一部のワークシートがウィンドウの大きさや水平スクロールバーによって非表示になっている場合に役立つ操作です。

シートの枚数が多い場合は、効率よく切り替えられると思います。

シート見出しの左端のマーク


Ctrl+左クリック

 先頭のシートにスクロール

右クリック

 すべてのシートを表示

シート見出し

その隣にある三角マークをポイントすると、下のようなメニューになります。

Ctrl+左クリック

 最後のシートにスクロール

右クリック

 すべてのシートを表示

シート見出し

メニューのように[Ctrl+左クリック]をすると、先頭のシートにスクロールしたり、最後のシートにスクロールしたりします。

キーボード[Ctrl]キー

マウスの左ボタン

参考このシート操作は、一部のシートがウィンドウの大きさや水平スクロールバーによって非表示になっている場合にのみ有効です。

シート見出しの先頭や最後に[...]の表示がある場合にのみ有効になります

下のようにすべてのシートが表示されている場合は、メニューは表示されても動作はしません。

すべてのワークシートが表示されている状態

[シートの選択]ウィンドウですべてのシートを表示

シート見出しの左端で右クリックすると、下のように[シートの選択]ウィンドウが表示されます。

目的のシートを選択して、[OK]ボタンをクリックするとアクティブシートを切り替えることができます。

ダブルクリックでもOKです。

複数のシートを選択することはできません。

このウィンドウは[閉じる]ボタンか[キャンセル]ボタンで閉じることができますが、[Esc]キーでも非表示になります。

シートの選択

新規ブックのワークシート数の変更

また、Excel2013では、新規ブックでのワークシートの数が既定では1枚になっています。

もちろん、オプションの設定で新規ブックのシートの数を変更することはできます。

[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックして[Excelのオプション]ダイアログボックスを表示します。

[基本設定]タブの[新しいブックの作成時]-[ブックのシート数]で変更できます。

Excel2016とExcel2019では、[基本設定]は[全般]という表記になっています。

[Excelのオプション]ダイアログボックスーブックのシート数

以下の記事で詳細に解説しています。

新規ブックのワークシート数

参考Excel2010までのシート操作については、以下の記事で解説しています。

シート一覧を表示してアクティブシートを切り替える

Excelの[見出しスクロール]ボタン上で右クリックすると、シートの一覧が表示されます。 見出しスクロールボタンは4つありますが、どのボタン ...

続きを見る

バージョンの確認

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 8 & Office 2013 Excel 2013

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.