Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly

Ctrl+左クリックで先頭のシートにスクロール

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2013では、シート見出しの左端に(三角マーク)が表示され、その(三角マーク)をポイントすると、下のようにメニューが現れます。

Ctrl+左クリック
  先頭のシートにスクロール
右クリック
  すべてのシートを表示

シート見出し

その隣にある三角マークをポイントすると、下のようなメニューになります。

Ctrl+左クリック
  最後のシートにスクロール
右クリック
  すべてのシートを表示

シート見出し

メニューのように[Ctrl+左クリック]をすると、先頭のシートにスクロールしたり、最後のシートにスクロールしたりします。
※このシート操作は、一部のシートがウィンドウの大きさや水平スクロールバーによって非表示になっている場合にのみ有効です。
シート見出しの先頭や最後に[...]の表示があるとき有効になります。
下のようにすべてのシートが表示されている場合は、メニューは表示されても動作はしません。

スポンサーリンク

右クリックすると、下のように[シートの選択]ウィンドウが表示されます。
目的のシートを選択して、[OK]ボタンをクリックするとシートを切り替えることができます。
このウィンドウは[Esc]キーで非表示になります。
シートの選択

お勧め記事と広告

関連記事

フォームのレコードを並べ替える

Accessの分割フォームをよく利用しています。フォームビューとデータシートビューが同時が表示され、Excelのフィルターと同じようにフィル ...

添付ファイル型の表示方法

Access2007から登場した添付ファイル型ですが、フォームでの表示方法の違いを紹介します。 下のようなテーブル(デザインビュー)を作成し ...

2つの列の差分を求める(重複しない一意の値を求める)

Excelで2つの列にデータが入力されていて、そのデータの差分を求めたい場合がありますね。 たとえば、下のようにA列には分析用データとして別 ...

個人用マクロブックの作成

Excelでマクロを作成するときは、通常 作業中のブックに保存しますが、個人用マクロブックを作成すると、Excel起動時に常に起動されるので ...

氏名を姓と名のフィールドに分ける

Accessでしっかりテーブル設計をしていればいいのですが、なかなかそうはいかず、後からいろいろ注文を受けることになります。 氏名フィールド ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.