リンクユニット

Google検索

Office 2019 Excel 2019

算数(計算)ドリルはExcelの機能を活用して自動で作成

投稿日:2020年3月9日 更新日:

Excelの関数を使ってランダムな数字を表示して、簡単な計算ドリルを作成してみませんか?

ここでは、A4用紙に10題の2けたの足し算ドリルを作成します。

Excelに不慣れな方でも作成できるように、出来るだけ詳細に解説していますので、ぜひ挑戦してみてください。

2けたの足し算ドリル

おすすめMicrosoftから無料のテンプレート(小学生向け漢字ドリル)が提供されています。

繰り返し (くりかえし) 覚える (おぼえる) 漢字 (かんじ) ドリル 1 ねんせい - 無料テンプレート公開中 - 楽しもう Office(Microsoft)

ページレイアウトの確認

できるだけ既定のままで作成しようと思いますが、念のため確認してください。

[ページレイアウト]タブを表示して確認します。

[ページ設定]グループの[余白]と、[印刷の向き]、[サイズ]を確認します。

[余白]は、[標準]です。

[ページレイアウト]タブの[余白]

[印刷の向き]は、[縦]です。

[ページレイアウト]タブの[印刷の向き]

[サイズ]は、[A4]です。

[ページレイアウト]タブの[サイズ]

印刷範囲を確認するには

ワークシートは大きいので、どこまで印刷できるのかを心配される方も多いようです。

[ファイル]タブをクリックして、[印刷]をクリックします。

[印刷する対象がありません。]と表示されます。それで、大丈夫です。

BackStageビューの[印刷]

上部の[戻る]ボタンをクリックして、元のシートへ戻ります。

[戻る]ボタン

すると、点線が表示されていると思います。この線までが印刷範囲ということになります。

Excel2019では、セル[H39]までとなっていますが、バージョンによって異なります。

印刷範囲の点線

タイトルを入力

まず、セル[A1]にタイトルを入力します。

ここでは、[2けたの足し算ドリル]としておきます。

タイトルを入力

1問目の枠を作成

セル[B3]とセル[D3]、セル[F3]を太い外枠罫線にして、行の高さを20にします。

セル[B2]を選択して、[Ctrl]キーを押したまま、セル[D3]とセル[F3]をクリックします。

セル[B2]を選択して、[Ctrl]キーを押したまま、セル[D3]とセル[F3]をクリック

[ホーム]タブの[フォント]グループにある[罫線]の▼をクリックして、[太い外枠]を選択します。

[罫線]の[太い外枠]

以下のようになります。

太い外枠罫線を設定

行番号3をクリックして、3行目を選択します。

そして、右クリックして[行の高さ]をクリックします。

ショートカットメニューの[行の高さ]

[行の高さ]ダイアログボックスで、行の高さを[50]にします。

[行の高さ]のテキストボックスに[50]と入力して、[OK]ボタンをクリックします。

[行の高さ]ダイアログボックス

以下のようになります。これで数字を入力する枠は出来上がりです。

行の高さを調整した結果

番号と記号を入力

セル[A3]に[1]を、セル[C3]には[+]、セル[E3]には、[=]を入力します。

セルに番号と記号を入力

RANDBETWEEN関数を入力

ランダムな数字を表示させたいのは、セル[B3]とセル[D3]ですね。

乱数を返すRANDBETWEEN関数を入力

セル[B2]をクリックします。

[数式]タブをクリックして、[関数ライブラリ]から[数学/三角]をクリックして、[RANDBETWEEN]をクリックします。

[数式]タブの[数学/三角]から[RANDBETWEEN]を選択

RANDBETWEEN関数の引数ダイアログボックスが表示されます。

表示したい最小値と最大値を入力します。ここでは、最小値は1、最大値は99にします。

[OK]ボタンをクリックします。

RANDBETWEEN関数の引数ダイアログボックス

数式バーは、以下のようになります。

=RANDBETWEEN(1,99)

数式バーの関数

RANDBETWEEN関数は、指定された範囲で整数の乱数を返してくれる関数です。

ここでは、セル[B3]に[13]と表示されていますが、キーボードから[F9]を押すと数値が変わります。(新しい乱数が発生します)

[F9]キーを押さなくても、何か操作するたびに数値が変わります。

キーボード[F9]

参考入力した数式を修正する場合は、数式バーの[関数の挿入]ボタンをクリックします。[関数の引数]ダイアログボックスが表示されます。

[関数の挿入]ボタン

RANDBETWEEN関数の詳細については、以下のMicrosoftのページを参照してください。

RANDBETWEEN 関数 - Office サポート(Microsoft)

数式をコピーして貼り付け

セル[B3]の数式をコピーして、セル[D3]へ貼り付けます。

[Ctrl]+[C](コピー)と[Ctrl]+[V](貼り付け)を使っても構いません。

[ホーム]タブの「コピー」と[貼り付け]ボタン

blank

合計値を求める

セル[F3]には、セル[B3]とセル[D3]の合計を求めます。

セル[F3]を選択して、以下のように数式を入力します。

=B3+D3

数式の入力

上記のように足し算の答えが表示されるようになったと思います。

キーボードから[F9]キーを押して、確かめてみてください。

これで1問目が完成です。

フォントサイズと中央揃え

フォントサイズを指定します。

ここでは、以下のように設定しますが、任意で設定してください。

セル[A3]からセル[F3]までを選択して、[ホーム]タブの[フォント]グループから、[フォントサイズ]を[16]にします。

そして、[配置]グループから[中央揃え]をクリックします。

フォントサイズと中央揃えの設定

セル[A3]は、太字の設定をします。

太字の設定

後は、これをコピーしていきます。

行を選択してドラッグ

行の高さもコピーしたいので、3行目と4行目を選択します。

行番号3でクリックして、そのまま下へドラッグすると選択できます。

そして、フィルハンドルを下へドラッグしていきます。

フィルハンドルにマウスを合わせると、の形になるので、そのときにドラッグします。

行を選択して、フィルハンドルをドラッグ

点線までが印刷範囲です。

参考もし、はみ出してしまったら、はみだした行を選択して[Delete]キーで削除してください。

ドラッグで完成したドリル

タイトルを調整

タイトルの文字を少し大きくして、中央揃えにします。

セル[A1]からセル[H1]までを選択して、フォントサイズを[20]と[セルを結合して中央揃え]をクリックします。

任意の大きさでいいのですが、印刷範囲をはみ出さないように気をつけてください。

タイトルを調整

シートをコピー

このままでは、何か操作をするたびに数値が変わりますので、変わらないように数式の箇所を値に変更します。

シート見出しを[Ctrl]キーを押したまま、ドラッグしてシートをコピーします。

シートをコピー

シートは、以下のようになります。

複製されたシート

シート名を変更

シートの名前を分かりやすいように変更します。

シート見出しで右クリックして、[名前の変更]をクリックします。

シートの名前変更

ここでは、以下のように[関数シート]と[印刷シート]という名前にしておきます。

シートの名前を変更

印刷用に値のみ貼り付け

[印刷シート]を選択して、全セル選択ボタン(列番号と行番号が交わっている箇所)をクリックします。

そして、[ホーム]タブの[コピー]ボタンをクリックします。

[全セル選択]ボタンと[コピー]ボタン

そのまま、[貼り付け]ボタンの下方をクリックして、メニューの中の[値の貼り付け]から[値]をクリックします。

これで、数字が変わることはなくなります。

[貼り付け]ボタンの[値の貼り付け]から[値]をクリック

答えを非表示に設定

このままでは、答えまで印刷されてしまうので、答えは見えないようにします。

列番号Fをクリックして、F列を選択します。

F列を選択

[ホーム]タブの[フォント]グループにある[フォントの色]の▼をクリックして、カラーパレットから[白、背景1]を選択します。

計算の答えは見えなくなります。

フォントの色を白に

以下のように問題用紙(ドリル)が完成しました。

答えを非表示にしたドリルの完成

参考答え合わせをする場合は、F列を選択して[フォントの色]を[自動]にします。

印刷プレビューで確認

[印刷シート]を選択して、[ファイル]タブをクリックして[印刷]をクリックします。

BackStageビューの[印刷]

以下のように1枚に収まっていると思います。

印刷プレビュー

このままでよければ[印刷]ボタンをクリックして、印刷を開始します。

余白などの調整をしたいのであれば、右下にある[余白の調整]ボタンをクリックすると、以下のように余白の位置が表示されますので、ドラッグで調整してください。

上部の黒い点の箇所にマウスを合わせて、列幅も調整できます。

[余白の調整]ボタン

[ページ設定]ダイアログボックスを開いて調整したい場合は、[ページ設定]をクリックします。

ページ設定を表示

[関数シート]のシートを複数コピー後、値の貼り付けをして、計算ドリルを複数枚印刷してもいいですね。

楽しんでドリルができるように画像を挿入するなど、いろいろ工夫してみてください。

また、引き算や掛け算など、足し算以外のドリルも作成してみてください。

参考[RANDBETWEEN]関数については、以下の記事でも解説しています。乱数は、アドインを使う方法もあります。

ランダムな数字を生成するRandomGeneratorとRANDBETWEEN関数

Excel2013以降では、無料のアドインを使用することができます。 People Graphは、すでに紹介していますが、 今回はランダムな ...

続きを見る

値の貼り付けについては、以下の記事でも解説しています。

数式の結果のみ貼り付けるには[値]の貼り付け

Excelで下のような表があって、C列にはA列とB列の合計値を求める関数が入力されています。 数式で求めた値をそのまま保存したいということが ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

バージョンの確認

おすすめ記事と広告

-Office 2019 Excel 2019

Copyright © 2001-2020 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.