リンクユニット

Google検索

Windows 8 & Office 2013 Excel 2013

データラベルにセル参照を表示(1つの系列やすべての系列にセルの値を表示)

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2013では、グラフのデータラベルにセル参照の値を表示することができます。

Excel2013からの新機能です。

1つのラベルにセルの値を表示する方法と、すべてのラベルに表示する方法を解説します。

データラベルにフィールドを追加

グラフ系列にラベルを表示

グラフのデータ系列にラベルを表示します。

おすすめグラフでグラフを作成

表を選択して、[挿入]タブの[グラフ]グループにある[おすすめグラフ]をクリックします。

[おすすめグラフ]の右横にある[縦棒グラフ]から[集合縦棒グラフ]を選択しても構いません。

[おすすめグラフ]の中から、[集合縦棒グラフ]を選択して[OK]ボタンをクリックします。

おすすめグラフ

データラベルを追加

作成したグラフの右上にある[グラフ要素]の中から[データラベル]のチェックボックスをオンにします。

グラフ要素

グラフ系列にデータラベルが追加されます。

ラベルを一回クリックすると、すべてのデータラベルが選択されます。

データラベル追加

1つのデータラベルにセルの値を表示する場合

データラベルにセルの値を表示したいラベルを1つを選択します。

ラベルを一度選択すると、すべてのラベルが選択されます。その後、目的のラベルを再度 クリックします。

注意全てのラベルが選択されている状態では、メニューが表示されませんので、必ず1つのラベルを選択してください。

1つのラベルを選択

[データラベル フィールドの挿入]からセルを選択

右クリックして、ショートカットメニューの中の[データラベルフィールドの挿入]をクリックします。

データラベルフィールドの挿入

[値][系列][項目][セル]という4つのフィールドが表示されます。

その中の[[セル(E)]セルの選択]をクリックします。

セルを選択

[データラベル参照]ダイアログボックスが表示されます。

目的のセルをクリックして[OK]ボタンをクリックします。

データラベル参照

選択したセル(ここでは、セル[C4])の値が表示されます。

セル参照の追加

参考[セル参照の値]を[数値]よりも前に表示したい場合は、テキストボックスで右クリックする時に、テキストボックス内の先頭にカーソルを置いておきます。

また、テキストボックス内の文字列を改行したい場合は、改行したい位置にカーソルを置いて、[Enter]キーを押します。

ラベルテキストのリセット

データラベルを元に戻すには、データラベルの書式設定の[ラベルオプション]にある[ラベルテキストのリセット]をクリックします。

ラベルテキストのリセット

すべてのデータラベルにセルの値を表示する場合

すべてのラベルにセルの値を表示する場合の方法です。

ここでは、データ系列にC列の順位を表示したいと思います。

データラベルの書式設定の表示

表示されたラベルを選択して、ショートカットメニューから[データラベルの書式設定]をクリックします。

注意すべてのラベルが選択されていることを確認してください。

ショートカットメニューの[データラベルの書式設定]

または、[グラフ要素]の[データラベル]-[その他のオプション]をクリックします。

[グラフ要素]の[データラベル]-[その他のオプション]

[セルの値]のチェックボックスをオンにしてセル範囲を指定

ウィンドウの右側にデータラベルの書式設定が表示されます。

[ラベルオプション]の[ラベルの内容]にある[セルの値]のチェックボックスをオンにします。

[データラベル範囲]ウィンドウが表示されます。

[ラベルオプション]の[ラベルの内容]にある[セルの値]をオン

セル範囲を指定します。ここでは、セル[C2」からセル[C4」までをドラッグして指定します。

範囲を確認して、問題がなければ[OK]ボタンをクリックします。

[データラベル範囲]ウィンドウ

以下のように、すべてのラベルにセルの値が表示されます。

セルの値が表示されたグラフ

値が不要であれば、[ラベルオプション]の[ラベルの内容]にある[値]のチェックボックスをオフにしてください。

[ラベルオプション]の[ラベルの内容]にある[値]をオフ

参考上記の方法([データラベルの書式設定]からの設定)で、1つのラベルにセル参照を表示することもできますが、1つのラベルにセルの値を表示する場合は[データラベルフィールドの挿入]から設定されることをお勧めします。

書式設定をした場合など、他のラベルにも反映されてしまいます。

[データラベルの書式設定]で[セルの値]を設定

すべてのラベルに[セルの値」と1つのラベルに[セルの選択]

上記2つの設定を組み合わせて表示することもできます。

すべてのセルに[データラベルの書式設定]で[セルの値]を表示します。ここでは、順位ですね。

そして、[商品C]のラベルを選択して、右クリックしてショートカットメニューの中の[データラベルフィールドの挿入]をクリックして、[セルの選択]を選択します。

ここでは、セル[D4]ですね。

すべてのラベルに[セルの値」1つのラベルに[セルの選択]

ラベルで右クリックして[データフィールドの挿入]をクリックする時にカーソルの位置をテキストボックスの先頭に置くか、お尻に置くかで挿入される位置が変わりますので気を付けてください。

上記のラベルの場合は、テキストボックス内の先頭にカーソルを置いて操作しています。そして挿入後は、[Enter]キーで改行しています。

[すべてのラベルを選択している時」と[1つのラベルを選択している時]の書式設定の違い

[データラベルの書式設定]は、すべてのラベルを選択している場合と、1つのラベルを選択している場合では項目が異なります。

以下は、1つのラベルを選択している場合の[データラベルの書式設定]です。

[ラベルの内容]に[セルの値]はありません。

1つのデータ系列を選択している場合の[データラベルの書式設定]

一度、[データラベルの書式設定]で[セルの値]を設定した後は、1つのラベルを選択してもセルの値は表示されます。

[データラベルの書式設定]で[セルの値]を設定

関連データラベルの関連記事です。

データラベルの図形の変更

Excel2013では、グラフのデータラベルの形を変更することができます。 Excel2013からの新機能です。 ここでは、例として下の表を ...

続きを見る

折れ線グラフに系列名をつける

Excelで下のような折れ線グラフを作成しました。 凡例に系列名が表示されていますが、 下のように各折れ線グラフの横に系列名を表示した方が分 ...

続きを見る

散布図のラベル表示はラベルオプションの[セルの値]で設定

Excel2013以降では、標準で散布図にラベル表示ができるようになりました。 散布図にデータラベル表示が可能(Excel2013) 下のよ ...

続きを見る

全てのグラフで引き出し線が表示できる!書式設定も

Excel2010までは、引き出し線は円グラフのみに表示できたのですが、Excel2013ではすべてのグラフで表示することができるようになり ...

続きを見る

セル参照は、テキストボックスで挿入することもできます。

積み上げ縦棒グラフに合計値を表示(テキストボックスを挿入して表示)

Excelで下のような表を元に積み上げ縦棒グラフを作成しました。 その作成した積み上げグラフに合計値を表示する方法です。 グラフの作成はEx ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows 8 & Office 2013 Excel 2013

Copyright © 2001-2020 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.