Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

現在のテーマを別のプレゼンに適用するには

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPoint2007以降には、全体のデザインを統一するためにテーマという機能があります。

テーマには配色や背景のデザインなどが含まれます。

テーマは、PowerPointに限らずOfficeで共有できるものでもありますが、PowerPointでのデザインの適用は使いこなせば、かなり業務効率につながると思います。

下のようにオリジナルのデザインで作成したプレゼンテーションがあります。

バージョンは、PowerPoint2016です。

作成済みのプレゼンテーション

スライドマスターを表示して確認

スライドマスターでロゴやタイトル下の赤い線、背景のグラデーションなどを設定しています。

スライドマスターは、[表示]タブの[マスター表示]グループにある[スライドマスター]をクリックします。

[スライドマスター]のポップヒントには、以下のように記されています。

マスタースライドに基づいて、色、フォント、背景、効果など、プレゼンテーション全体のすべての見た目が決まります。

たとえば、スライドマスターに図形やロゴを挿入すると、すべてのスライドに自動的に反映されます。

スライドマスター

[Shift]キーを使って、スライドマスターを表示することもできます。

Shiftキーを使うと異なる表示モードに

[スライドマスター]を表示しています。

ロゴを挿入したり、背景に グラデーションの設定をしています。

タイトル下に赤い直線も挿入しています。

会社のロゴなどは、このマスターで設定します。

スライドマスターを閉じる時は、画面右上の[マスター表示を閉じる]をクリックします。

スライドマスターの表示

現在のテーマを保存

会社のロゴなどをマスターに挿入したデザインを他のプレゼンテーションにも適用したいと思うことがあると思います。

こういう場合、現在のテーマを保存しておくと便利です。

表示は、標準の表示のままで行います。

[デザイン]タブの[その他]ボタンをクリックします。

ポップヒントも読んでおくことをおすすめします。

それぞれのテーマでは、固有の色、フォント、効果が組み合わされて、スライドの全体的な雰囲気が作られています。

PowerPointには、プレゼンテーションにぴったりの個性を表現するテーマが数多く用意されています。テーマを右クリックすると、テーマの適用方法を選べます。

デザインのその他ボタン

一番最後にある[現在のテーマを保存]をクリックします。

現在のテーマを保存

分かりやすい名前を付けて保存します。

ここでは、「ロゴ入り」という名前で保存します。

ファイル名

再度、[デザイン]タブの[その他]ボタンをクリックすると、[ユーザー定義]というカテゴリーが追加され、テーマをポイントすると、「ロゴ入り」と表示されます。

これで準備は完了です。

保存したテーマの確認

保存したテーマを適用

では、別の既存のプレゼンテーションを開いて、この作成したテーマを適用してみます。

下は、「オリエンテーリング」という名前のプレゼンテーションです。

デザインは、[縞模様]が適用されています。

オリエンテーリングという名前のプレゼンテーション

このプレゼンテーションに作成して保存したテーマ「ロゴ入り」を適用するには、[テーマ]の[その他]をクリックして、[ユーザー定義]カテゴリーの[ロゴ入り]をクリックします。

マウスでポイントするだけでもリアルタイムプレビュー機能で結果を確認することができます。

参考リアルタイムプレビューとは、選択肢をポイントして(マウスで合わせる)、設定後の結果を確認できる機能のことです。

確定前に結果を確認できるため、繰り返し設定しなおす手間を省くことができます。

ロゴ入りテーマの適用

すべてのスライドに[ロゴ入り]テーマが適用されます。

スライドのレイアウトによっては崩れることもありますので、マスターや各スライドで微調整します。

一部のスライドに適用

このテーマは一部分のスライドに適用したりすることもできます。

テーマで右クリックして、[選択したスライドに適用]をクリックします。

また、不要になったテーマは、同じく右クリックのショートカットメニューから[削除]をクリックして削除することもできます。

削除できるテーマは、標準以外のものです。

参考適用済みのテーマを削除しても、表示しているプレゼンテーションのテーマが消えてしまうことはありません。

標準以外のテーマで削除できないテーマは、マスターで使用されている場合があります。

不要なマスターを削除すると、一覧には表示されなくなります。

参考テンプレートとして保存する方法もありますが、テンプレートはプレゼンテーション全体を保存しますが、テーマはデザイン情報の保存と思ってください。

テンプレートとして保存する方法は、以下の記事を参照してください。

テンプレートの作成

テンプレートとは「ひな形」のことです。 既定の設定をカスタマイズして、テンプレートとして保存しておくと、毎回 設定せずに済むので効率的です。 ...

続きを見る

個人用テンプレートの保存場所

Windows7のOffice2010をOffice2013にアップグレードしました。 今日、Word2013で自作のテンプレートを使おうと ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.