Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 PowerPoint2003

アニメーションの軌跡(フリーハンド)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPointでは、オブジェクトにアニメーションの設定ができますが、フリーハンドを使用すると、ドラッグで自由にアニメーションの軌跡を描くことができます。

とっても楽しい機能だと思います。

アニメーションの設定(フリーハンド)

作業ウィンドウの[その他の作業ウィンドウ]ボタンをクリックして、[アニメーションの設定]を選択します。

アニメーションの設定

フリーハンドでオブジェクトにアニメーションをつけてみたいと思います。

オブジェクトを選択して、作業ウィンドウ[効果の追加]ボタンをクリックします。

[アニメーションの軌跡]→[軌跡を描く]→[フリーハンド]を選択します。

効果の追加

マウスポインタが鉛筆のマークになります。自由にマウスをドラッグして軌跡を描きます

これだけでオブジェクトを軌跡どおりに動かすことができます。

ドラッグ

速さの変更

[アニメーションの設定]から速さを変更したりすることもできます。

[自動再生]のチェックボックスがオンになっていると、アニメーションを追加したり変更したりするときにスライドでプレビュー表示します。

自動再生

軌跡の位置を変更

アニメーションの設定で[アニメーションの軌跡]をつけたあとに、軌跡の位置を変更することもありますね。

軌跡をポイントしてポインタの形が下の形のときにドラッグすると、位置を変更できます。

位置の変更

サイズ変更、回転

サイズを変更したり、回転ハンドルで回転させることもできます。

回転ハンドル

パスをロック

軌跡を変更すると、[オブジェクト]と[軌跡の開始点]がずれてしまうことがあります。

そのときは、オブジェクトを移動させなければなりませんが、このままオブジェクトをドラッグすると軌跡の開始点とずれたまま移動してしまいます。

[アニメーションの設定]でパスの設定を[ロック]します。既定では、[ロック解除]になっています。

ロック

そうすると、オブジェクトだけを移動させることができますので、軌跡の開始点に合わせます。

オブジェクトの中央に位置に合わせます。

軌跡の開始点

そして、[アニメーションの設定]のパスを[ロック解除]にします。

ロック解除

軌跡の変更をした後は、オブジェクトをドラッグします。軌跡と一緒に移動します。

オブジェクトをドラッグ

注意PowerPoint2010のアニメーションの一覧には、[フリーハンド]や[フリーフォーム]はありません。

代わりに[アニメーションの軌跡]の中の[ユーザー設定 パス]を使って、オリジナルのアニメーションの軌跡を描くことができます。

アニメーションのフリーハンドは[ユーザー設定パス]の[効果のオプション]に

PowerPoint2010のアニメーションの一覧の中には、[フリーハンド]や[フリーフォーム]のメニューはありません。 が、[ユーザー設定 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 PowerPoint2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.