Windows 7 & Office 2010 PowerPoint 2010

インデントを増やしても箇条書きのフォントサイズを小さくしたくない

投稿日:2017年1月7日 更新日:

箇条書きでレベル下げを行うと、既定ではフォントサイズまで小さくなってしまいます。

段落内にカーソルを置いてインデントを増やすボタンをクリックしたり、[Tab]キーを押すとインデントの設定を行うことができます。

[インデントを増やす/減らす]は[レベル下げ/上げ]

PowerPointの[インデントを増やす]と[インデントを減らす]は、アウトランでは、[レベル下げ]と[レベル上げ]です。 インデントを増 ...

続きを見る

すると、フォントサイズも自動的に小さくなります。

インデントを増やしても、フォントサイズは小さくしたくないという場合の方法です。

インデントの設定

スライドマスターから設定

フォントサイズはそのままにしてインデントの設定をするには、スライドマスターから設定する必要があります。

おそらく、そのスライドの[レイアウト]を確認すると、[タイトルとコンテンツ]が選択されていると思います。

レイアウトの[タイトルとコンテンツ]

スライドマスターの表示

[表示]タブの[マスター表示]グループから[スライドマスター]をクリックします。

[表示]タブの[スライドマスター]

[スライドマスター]が表示されます。

[第2レベル][第3レベル]など、フォントサイズが小さくなっていますね。

スライドマスター

参考スライドマスターの表示は、ステータスバーから行うこともできます。[Shift]キーを押したまま、ステータスバーの[標準]表示のアイコンをクリックしても切り替えることができます。

【Shift】キーを押した時のステータスバーの表示選択と起動時の表示モード

PowerPoint2010を起動したときの画面右下に表示される[表示選択ボタン]は、[Shift]キーを押しながらクリックすると表示モード ...

続きを見る

レベルを選択してフォントサイズを指定

ここでフォントサイズを小さくしたくないレベルを選択して、[ホーム]タブの[フォント]グループにある[フォントサイズ]で数値を指定します。

ここでは、第2レベルと、第3レベルのフォントサイズを32に設定しています。

既定は、32、28、24、22、20、20 となっています。

PowerPoint2013以降は、28、24、22、18、18 となっています。

フォントサイズなどは、テーマによって異なりますので、テーマを変更するとテーマのフォントサイズが適用されます。

スライドマスターでフォントサイズの設定

設定が終わったら、[スライドマスター]タブから[マスター表示を閉じる]をクリックしてスライドマスターを閉じます。

マスター表示を閉じる

下のようにインデントを設定したフォントサイズが揃いました。

箇条書き

次回から、[タイトルとコンテンツ]のレイアウトを選択して、スライドを作成するとインデントの設定をしてもフォントサイズは変わりません。

スライドマスターの設定をせずに、[標準]表示モードで段落を選択して、フォントサイズを変更することもできますが、毎回、サイズ変更の操作をするより、スライドマスターで設定しておくほうが効率的ですね。

参考プレゼンテーション作成時には、常にこの設定にしたい場合は、スライドマスターで編集したものをテンプレートとして保存して、そのテンプレートを選択して作成するようにすると効率的ですね。

テンプレートの作成

テンプレートとは「ひな形」のことです。 既定の設定をカスタマイズして、テンプレートとして保存しておくと、毎回設定せずに済むので効率的です。 ...

続きを見る

関連以下は、スライドマスターに関する記事です。

プレースホルダーのコピーはスライドマスター表示で

PowerPointでプレースホルダーを追加する場合は、標準表示のスライドでコンテンツをコピーして追加するより、マスターで追加したほうが後の ...

続きを見る

スライド番号が表示されない場合の対処方法

PowerPointでスライド番号を挿入する方法と、スライド番号が表示されない場合の対処方法です。 参考スライドの場合は[スライド番号]、ノ ...

続きを見る

すべてのスライド番号やフッターの表示位置を上部に変更するには

PowerPointでスライドにスライド番号やフッターの位置を変更したいという場合の方法です。例えば、スライドの右上にスライド番号やファイル ...

続きを見る

スライドマスターのレイアウトを変更するには

PowerPointですべてのスライドに同じ書式を設定、または変更したい場合は、スライドマスターで変更すれば、すべてのスライドに変更が適用さ ...

続きを見る

すべてのスライドにスライド番号と総スライド数を挿入

PowerPointですべてのスライドに下のようにスライド番号と総スライド数を挿入する方法です。 参考スライドの場合は[スライド番号]、ノー ...

続きを見る

バージョンの確認

他の記事も検索してみませんか?

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 PowerPoint 2010

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.