Windows7 & Office2010 Office2010

Print Friendly

テンプレートの作成

投稿日:2017年3月1日 更新日:

テンプレートとは「ひな形」のことです。既定の設定をカスタマイズして、テンプレートとして保存しておくと、毎回 設定せずに済むので効率的です。繰り返し使用するファイルの場合は、テンプレートとして保存することをお勧めします。
ここでは、PowerPoint2010で箇条書きのフォントサイズをスライドマスター でカスタマイズします。
この設定の詳細については、箇条書きの文字を小さくしたくないで解説しています。
[表示]タブの[スライドマスター]をクリックします。
表示タブ

[タイトルとコンテンツ]スライドで各レベルのフォントサイズを指定します。設定が完了したら、[マスター表示を閉じる]をクリックして、マスター表示を閉じます。
スライドマスター

スポンサーリンク

テンプレートとして保存する方法

設定したプレゼンテーションを保存します。[ファイル]タブをクリックして[名前を付けて保存]をクリックします。
名前を付けて保存

[名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されます。[ファイルの種類]から[PowerPointテンプレート(*.potx)]を選択します。そうすると自動的に[Template]フォルダが表示されます。
名前を付けて保存ダイアログボックス

[ファイル名]のテキストボックスに任意の名前をつけて[保存]ボタンをクリックして保存します。これで完了です。
ファイル名

テンプレートを開く方法

テンプレートを開くときは、[新規作成]をクリックして、[マイテンプレート]をクリックします。
マイテンプレート

[個人テンプレート]が表示されます。この中に作成したテンプレートがありますので、目的のテンプレートを選択して、[OK]ボタンをクリックします。
個人用テンプレート

お勧めしないテンプレート作成方法

[ファイル]タブの[保存と送信]をクリックして[ファイルの種類と変更]をクリックして、[テンプレート(*.potx)]を選択して、[名前を付けて保存]をクリックしても作成できますが、この方法の場合、[Template]フォルダが自動的に表示されませんので、あまりお勧めしません。
バックステージビュー

Excelの場合も同じです。
ただ、Wordの場合は、お勧めしない上記方法でテンプレートを作成しても、容易にTemplateフォルダを開くことができますので、参考にされてください。
(Word2010)

テンプレートの保存

テンプレートとはひな形のことです。 繰り返し使用するファイルの場合、自分で作成した文書をテンプレートとして保存しておくと便利です。 Word ...

続きを見る

また、Office2013では、個人用テンプレートの保存先は既定のままでは表示されません。オプションから設定する必要があります。

個人用テンプレートの保存場所

Windows7のOffice2010をOffice2013にアップグレードしました。 今日、Word2013で自作のテンプレートを使おうと ...

続きを見る

お勧め記事と広告

関連記事

インデントを増やす・減らす

PowerPoint2010では、2007では[レベルを上げる]、[レベルを下げる]の表現が、[インデントを増やす]、[インデントを減らす] ...

最終更新日時を自動で表示

文書を開いたときに、最終更新日が分かると便利ですね。特に複数人で利用する文書なら、尚更です。 [挿入]タブの[クイックパーツ]から[フィール ...

Excelへ出力ボタンの作成

Access2010でテーブルやクエリをExcelへ出力するマクロを作成して、それをコマンドボタンに登録する方法です。 エクスポート操作の保 ...

目次の変更

Word2010で文書に目次を挿入する場合は、[参考資料]タブの[目次]をクリックして、任意のスタイルを選択します。 ※目次作成がうまくいか ...

デスクトップアイコン名の影を消す

デスクトップのアイコン名に影がついていると、見づらいと感じる方は多いようです。 下の画像は、デスクトップアイコン名に影がついている状態です。 ...

-Windows7 & Office2010 Office2010

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.