リンクユニット

Windows7 & Office2010 Word2010

背景を削除した画像を図として保存するには

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Office2010から、画像の背景を削除できる機能があります。
背景の削除

背景の削除

Office2010からの新機能です。 図を選択して、[書式]タブにある[背景の削除]をクリックすると、背景を透明にすることができます。 背 ...

続きを見る

この背景を削除した画像を図として保存する方法です。

背景の削除

まず、背景を削除したい画像を挿入して、画像を選択します。[書式]タブの[調整]グループにある[背景の削除]ボタンをクリックします。
背景の削除

背景として認識された部分が赤紫になります。ですが、このままでは残したい部分も削除されてしまいます。
背景として認識

まず、境界線のハンドル(図の白丸内)にマウスを合わせドラッグして、大きさを調整します。
境界線のハンドル

境界線の位置を調整した状態です。削除したい領域が残っています。
位置の調整

設定し直す

[設定し直す]グループの[削除する領域としてマーク]ボタンをクリックして、削除したい領域の端から端までドラッグします。
削除する領域としてマーク

変更を保持

思い通りになったら、[変更の保持]ボタンをクリックします。
変更を保持

下のように背景が削除されます。必要であれば、ここでトリミングを行ってください。
背景の削除 結果

図として保存

この背景を削除した画像を図として保存するには、画像で右クリックして、ショートカットメニューから[図として保存]をクリックします。
ショトカットメニュー 図として保存

[名前を付けて保存]の[ファイルの種類]で[PNG形式(*.png)]を選択して、任意の名前を付けて[保存]ボタンをクリックします。
名前を付けて保存 ファイルの種類

名前を付けて保存で[jpg]や[bmp]で保存すると、背景は削除されませんので注意してください。
拡張子別比較

また、この後PNG画像をJPEGに変換する場合は、ペイントを使用して[名前を付けて保存]から[JPEG画像]を選択して保存するか、
他の変換アプリケーションなどを使用してください。
ただ、ペイントの場合、透明度情報は失われます。
拡張子を[png]から[jpg]に書き換えるだけでも可能ですが、画像の質が落ちる可能性があります。

画像の重ね合わせ

また、Wordの文書内で画像を合成したように重ねることもできます。
背景を削除した画像を選択して、右クリックのショートカットメニューから[文字列の折り返し]をポイントして、[前面]をクリックします。
文字列の折り返し

背景にしたい画像を挿入して、その画像の上に重ねると、下のように合成したような写真を作成することができます。
ただ、この場合2枚の画像を[図として保存]することはできません。グループ化は描画キャンバスの中でのみ有効となります。
注意Office2013以降は、描画キャンパスの中でなくてもグループ化ができるようになっています。グループ化した画像を保存する場合は、一度コピーして[画像として貼り付け]、その画像を右クリックしてショートカットメニューから[図として保存]をクリックしてください。

複数オブジェクトの選択が可能

Word2013では、複数オブジェクトの選択が[オブジェクトの選択]ボタンのドラッグ操作で可能になりました。 オブジェクトの選択 画像や、テ ...

続きを見る

合成

描画キャンバスは、[挿入]タブの[図形]の[新しい描画キャンバス]をクリックします。
挿入タブ 図形

描画キャンバスの中で新たに画像を挿入して作成します。描画キャンバスの中でも、[背景の削除]機能は有効です。
2枚の画像を選択して右クリックのショートカットメニューから[グループ化]→[グループ化]をクリックします。
グループ化

描画キャンバスの中では、[図として保存]メニューは表示されませんので、グループ化した画像を切り取り、描画キャンバス外に図として貼り付けます。
そして、右クリックのショートカットメニューから[図として保存]をクリックして、PNG形式で保存してください。
図として保存

背景の削除は、Excel、PowerPointにもありますが、Excelでは[図として保存]のメニューはありません。

PowerPointでは、[JPEG形式]や[BMP形式]で保存しても設定した状態(背景を削除)のまま、保存することができます。

また、PowerPointでは、[描画キャンバス]はありませんが、複数の画像をグループ化することができます。
グループ化した後、そのまま[図として保存]することができます。

無料写真素材なら【写真AC】
無料イラストなら【イラストAC】

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。
Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る


推奨管理人一押しのテキストです。知って得する機能が満載です。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

書式のリセット

スライドで、あれこれいじっていると、書式が揃わなくなり、一気に元に戻したいということがありますね。 たとえば、下のように箇条書きの行頭文字が ...

Excelの起動が遅い時の対処法

Excelの起動が遅い原因は、いろいろあると思いますが、一つの解決方法として紹介します。Excel2010での解説ですが、他のバージョンでも ...

図形に合わせてトリミング

Office2010では、写真や画像を図形に合わせてトリミングすることができます。 挿入した画像を選択して、[書式]タブの[サイズ]グループ ...

縦棒を繰り返して棒グラフのように見せる

縦棒を繰り返して棒グラフのように見せることができます。 文字列を指定した回数繰り返す関数と同じ方法で、REPT関数を使用します。 上記Web ...

図形に【数式図形】が追加

Office2010では、[挿入]タブにある図形の種類が増えてます。 図形の数式図形 [数式図形]が6種類追加されてます。 6個の数式図形 ...

-Windows7 & Office2010 Word2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.