Windows10 & Office2016 Word2016

Print Friendly

ドロップキャップの書式をまとめて置換するには

投稿日:

ドロップキャップの書式を置換機能を使って一気に変更する方法です。ドロップキャップについては段落の先頭文字を大きくするドロップキャップを参照してください。

段落の先頭文字を大きくするドロップキャップ

Wordには段落の先頭文字だけを大きくするドロップキャップという機能があります。ドロップキャップの文字はレイアウト枠の設定になるので、自由に ...

続きを見る

文書にドロップキャップを設定すると、下のようにドロップキャップの文字の大きさが揃わないことがあります。下の場合、「ワ」のフォントは[57.5pt]ですが、「新」は[46.5pt]です。この文字の大きさを揃えたり、文字の書式設定を一括して行う場合に便利な方法です。

フォントの大きさを確認

まず、レイアウト枠を選択して[ホーム]タブの[フォントサイズ]でフォントの大きさを確認しておきます。
フォントの大きさを確認

置換ダイアログボックスの表示

[ホーム]タブの右端にある[置換]をクリックします。
置換ボタン

スポンサーリンク

検索する文字列の指定

置換ダイアログボックスが起動されます。[検索する文字列]のテキストボックスにカーソルがあることを確認して、左下にある[書式]ボタンをクリックします。
検索する文字列の指定

メニューの中から[レイアウト枠]をクリックします。
レイアウト枠を指定

[検索するレイアウト枠]が表示されます。[文字列の折り返し]で[する]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
検索するレイアウト枠

置換後の文字列の指定

置換後の文字列を設定します。[置換後の文字列]のテキストボックスにカーソルを置いて、左下にある[書式]ボタンをクリックします。
置換後の文字列

メニューの中から[フォント]をクリックします。
フォントの指定

フォントサイズや色などを指定します。ここでは、フォントサイズは[48]、フォントの色は[青、アクセント1]を選択しています。[OK]ボタンをクリックします。
フォントの指定

すべて置換

下のように[検索と置換]ダイアログボックスの[検索する文字列]の書式は[折り返しあり]、[置換後の文字列]の書式は[フォント:48pt,フォントの色:アクセント1]になっていることを確認して、[すべて置換]をクリックします。
すべて置換

メッセージウィンドウが表示されたら、[OK]ボタンをクリックします。
メッセージウィンドウ

下のようにフォントサイズと色を変更して、統一することができます。
置換後のドロップキャップ

お勧め記事と広告

関連記事

円グラフと1つの項目の内訳を表す補助円グラフ付き円グラフの作成

Excelのグラフ作成も随分進化してきました。簡単に綺麗なグラフを短時間で作成できるようになっています。文書の中にグラフがあると結果を視覚的 ...

リレーションシップの印刷

Accessで作成したテーブル間のリレーションシップは印刷しておくと、役立つことが多いです。データベースの構成が複雑になればなるほど必要です ...

Accessのテーブルをインポート

Accessで作成したデータベースが複数あり、1つのデータベースに他のデータベースのテーブルをインポートする方法です。 Aのデータベースに、 ...

Edgeでリンクを新しいウィンドウで開くには

Windows10に標準搭載のEdgeでリンク先ページを新しいウィンドウで開く方法です。 Edgeでは、リンクをそのままクリックすると、同じ ...

クリアアニメでカウントダウンタイマーを作成

PowerPointで下のようなカウントダウンタイマーを作成する方法です。 PowerPoint2016で解説します。1枚のスライドを選択し ...

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.