Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Word2013

Wordのマクロを全ての文書で使えるようにするには

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordで作成したマクロを全ての文書で使えるようにする方法です。

マクロを作成した文書を表示

まず、マクロを作成した文書を開きます。そして[開発]タブの[マクロ]をクリックします。

参考[開発]タブが表示されていない場合は、開発タブの表示を参考にして表示してください。
開発タブ

[マクロ]ダイアログボックスを表示

[マクロ]ダイアログボックスが表示されます。
[マクロの保存先]の▼ボタンをクリックして、
マクロダイアログボックス

マクロの保存先を変更

[Normal.dotm(全文書対象のテンプレート)]を選択します。そして[構成内容変更]ボタンをクリックします。
マクロの保存先 

[構成内容変更]ダイアログボックス

左側の[Module1]を選択して、[コピー]ボタンをクリックします。右側に[Module1]と表示されたのを確認して、閉じます。これで新規文書を開いても、[置換]マクロが使用できるようになります。
構成内容変更

クイックアクセスツールバーに[マクロ]を登録

また、マクロは[クイックアクセスツールバー]に登録しておくと、より便利です。
クイックアクセスツールバーの▼をクリックして、[その他のコマンド]をクリックします。
クイックアクセスツールバー

[Wordのオプション]ダイアログボックス

[Wordのオプション]の[コマンドの選択]から[マクロ]を選択します。
[Normal.Moduke1.置換]を選択して、[追加]ボタンをクリックします。右側に[Normal.Moduke1.置換]が表示されたことを確認して[OK]ボタンをクリックします。
Wordのオプション

クイックアクセスツールバーにマクロが登録されます。これで、タブを切り替えることなく操作することができます。
クイックアクセスツールバー

複数の置換を一括で行うマクロを参考にして、マクロを作成し、登録してみてください。

複数の置換を一括で行うマクロ

Wordで複数の置換作業を一括で行うマクロです。 実は、毎週置換作業をしているのだけど、置換する文字列が多くてどうにかなりませんか?との質問 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

値によってテキストボックスの使用可と不可を切り替える

Accessのフォームで1つ目のコンボボックスで選択した値によって、次のテキストボックスの使用を有効にしたり、無効にしたりする方法です。 た ...

フラッシュフィル(文字列の結合や抜き出しをワンクリックで)

Excel2013の新機能です。文字列などの編集を自動で行ってくれる機能です。これまで、関数や区切り位置ウィザード使って文字列を結合したり、 ...

累計はピボットテーブルで簡単に求められる

Excelで下のような表があって、日々の累計を求めるように指示を受けたとします。 下のように関数を使って求める方もいると思います。それでもい ...

ページ数を1ページ減らすには

Wordには、自動的に圧縮して1ページ分を縮小してくれる機能があります。 Word2007までは、[印刷プレビュー]時に[1ページ分圧縮]と ...

右端と左端に文字を配置するには

Wordの文書を開くと、一行目にたくさんの空白スペースを見ることがあります。 もちろん[ホーム]タブの[編集記号の表示/非表示]ボタンをオン ...

-Windows8 & Office2013 Word2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.