Windows8 & Office2013 Word2013

Print Friendly, PDF & Email

Wordのマクロを全ての文書で使えるようにしたい

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordで作成したマクロを全ての文書で使えるようにする方法です。
まず、マクロを作成した文書を開きます。そして[開発]タブの[マクロ]をクリックします。
開発タブ

[マクロ]ダイアログボックスが表示されます。
[マクロの保存先]の▼ボタンをクリックして、
マクロダイアログボックス

[Normal.dotm(全文書対象のテンプレート)]を選択します。そして[構成内容変更]ボタンをクリックします。
マクロの保存先 

左側の[Module1]を選択して、[コピー]ボタンをクリックします。右側に[Module1]と表示されたのを確認して、閉じます。これで新規文書を開いても、[置換]マクロが使用できるようになります。
構成内容変更

また、マクロはクイックアクセスツールバーに登録しておくと、より便利です。
クイックアクセスツールバーの▼をクリックして、[その他のコマンド]をクリックします。
クイックアクセスツールバー

[Wordのオプション]の[コマンドの選択]から[マクロ]を選択します。
[Normal.Moduke1.置換]を選択して、[追加]ボタンをクリックします。右側に[Normal.Moduke1.置換]が表示されたことを確認して[OK]ボタンをクリックします。
Wordのオプション

クイックアクセスツールバーにマクロが登録されます。タブを切り替えることなく操作することができます。
クイックアクセスツールバー

複数の置換を一括で行うマクロを参考にして、マクロを作成し、登録してみてください。

複数の置換を一括で行うマクロ

Wordで複数の置換作業を一括で行うマクロです。 関連大文字と小文字、半角と全角を区別して置換する方法は、こちらで解説しています。 実は、毎 ...

続きを見る

解決できないことは【teratail】に質問してみましょう。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

あなたへのおすすめ

関連記事

複数オブジェクトの選択が可能

Word2013では、複数オブジェクトの選択が[オブジェクトの選択]ボタンのドラッグ操作で可能になりました。 画像や、テキストボックス、図形 ...

フラッシュフィル

Excel2013の新機能です。文字列などの編集を自動で行ってくれる機能です。 これまで、関数を使って文字列を結合したり、抜き出したりしてい ...

PowerPivotウィンドウに数式列を追加する

Excel2013の[POWERPIVOT]タブにある[管理]ボタンをクリックして現れるウィンドウに数式列を追加する方法を紹介します。 下の ...

縦書き文書を右から左へ表示

Wordで複数ページを表示すると、既定では左から右へ表示されますが、縦書きの場合などは、右から左へ表示したいと思うことがあります。 例えば、 ...

ペイントの起動画面とボタンの役割

ペイントを起動したときの各部の名称と操作方法です。 ①ウィンドウ操作ボタン このボタンをクリックすると、[元のサイズに戻す]、[移動]、[サ ...

-Windows8 & Office2013 Word2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.