リンクユニット

Windows 7 & Office 2010 Windows 7

ファイルのプロパティ情報を削除する

投稿日:2017年1月7日 更新日:

ファイルのプロパティの情報を削除する方法がWindows 7から、ちょっと便利になっています。

プロパティの表示


ファイルを右クリックして、ショートカットメニューから[プロパティ]をクリックします。

または、ファイルを選択して[Alt]キーを押したままダブルクリックしたり、[Alt]+[Enter]でも表示できます。

ショートカットメニュー

参考Windows 10では、プロパティの表示方法も便利になっています。以下の記事内の「Windows10ではエクスプローラーから」で解説しています。

プロパティとは

パソコンを使っていると[プロパティ]という言葉に出会うことがありますね。 プロパティって何?と、思ってしまいますね。パソコンに慣れていらっし ...

続きを見る

Windows10の[プロパティ]ボタン

プロパティや個人情報を削除

プロパティの[詳細]タブをクリックすると、[作成者]や[タイトル]などが表示されます。

[プロパティや個人情報を削除]をクリックします。

プロパティ

[プロパティの削除]が別ウィンドウで表示されます。

既定では[可能なすべてのプロパティを削除してコピーを作成]が選択されています。

[このファイルから次のプロパティを削除]を選択すると、一覧から選んで削除することもできます。

下方にある[すべて選択]ボタンもクリックできるようになります。

[ファイルにある個人情報の詳細]をクリックすると、ヘルプが表示されます。

プロパティの削除

ファイルにある個人情報の詳細

他のプログラムで追加したプロパティは、変更できません。

[プロパティの削除] ダイアログ ボックスでは、Windowsを使用して追加されたプロパティのみが削除されます。

別のプログラムで追加したプロパティは、そのプログラムを使用して削除する必要があります。

(Microsoftのページより)

可能なすべてのプロパティを削除してコピーを作成

[可能なすべてのプロパティを削除してコピーを作成]を選択して、[OK]ボタンをクリックすると、下のようにファイルのコピーが作成されます。

ファイルのコピー

コピーされたプロパティを見ると、タイトルや作成者が削除されています。

既存のファイルをコピーして編集されることも多いと思いますが、プロパティ情報は確認して、必要であれば削除したうえで編集されることをお勧めします。

コピーのプロパティ

関連Officeの機能を使ってプロパティ情報を削除することもできます。

以下のドキュメント検査の記事は、Office2010で解説しています。

ドキュメント検査

Office2010には、非表示のデータや個人情報などを自動的にチェックして削除してくれる機能があります。 Office2007からの機能で ...

続きを見る

Office2013でも解説しています。

個人情報や隠し情報のチェックは【ドキュメント検査】で

Office2013にも、非表示のデータや個人情報などを自動的にチェックして削除してくれる機能があります。 Excelであれば、非表示の行や ...

続きを見る

また、Office2007以降、作成したファイルを簡単にPDF化できるようになっていますが、その際、プロパティ情報は引き継がれます。

PDF化する前に、個人情報などのチェックはしっかり行うことをお勧めします。

ファイルをPDF形式で保存するには[名前を付けて保存]から

Word、Excel、PowerPointなどでは、名前を付けて保存する時にPDFファイルを作成することができます。 これは、Office2 ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

-Windows 7 & Office 2010 Windows 7

Copyright © 2001-2020 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.