Windows 7 & Office 2010 Excel 2010

【セルの書式設定】の表示が遅い場合はショートカットキーで操作

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelのワークシートで[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示させる方法は、3つあります。

  • 右クリックのショートカットメニューから
  • リボンの書式から
  • ショートカットキーで

右クリックのショートカットメニュー

[セルの書式設定]ダイアログボックス表示しようと、右クリックのショートカットメニューから[セルの書式設定]をクリックすると、どうも表示されるまでに時間がかかります。

セルの書式設定

リボンから操作

[ホーム]タブの[書式]から[セルの書式設定]をクリックします。

[ホーム]タブ[書式]から[セルの書式設定]

クリックする回数が多くてちょっと面倒ですね。

クイックアクセスツールバーに登録

[セルの書式設定]をクイックアクセスツールバーに登録するには、[ホーム]タブの[書式]にある[セルの書式設定]で右クリックしてショートカットメニューから[クイックアクセスツールバーに追加]をクリックします。

クイックアクセスツールバーに追加

クイックアクセスツールバーに以下のように追加されます。ポップヒントには[データシートの書式設定]と表示され、ショートカットキーも表示されます。

クイックアクセスツールバーに追加された[データシートの書式設定]ボタン

[Alt]キーと[数字]キーでコマンドを実行

クイックアクセスツールバーに登録したボタンは、[Alt]キーを押してアクセスキーを表示すると、数字が割り当てられていることが分かります。

[Alt]+[数字]キーでコマンドを実行できます。

[Alt]キーを押したときのクイックアクセスツールバー

【Alt】キーと【F10】キーの便利な使い方

[Alt]キーや[F10]キーを使って、キー操作でタブを切り替えたり、目的のコマンドへ移動したりすることができます。 まず、[Alt]キーを ...

続きを見る

ショートカットキー[Ctrl]+[1]で操作

[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示するショートカットキーは、[Ctrl]+[1]です。

注意ただし、テンキーの[1]では動作しません。

セルの書式設定 表示形式タブ

右クリックからの操作の時どうして表示が遅いのかはわかりませんが、表示が遅くてイライラするよりはキーボードから[Ctrl]と[1]を押したほうがいいようです。

[セルの書式設定]ダイアログボックスの表示が遅いと感じた場合は、キーボードから[Ctrl]+[1]で操作してみてください。

キーボード Ctrl+1

図形を選択している場合

図形を選択している場合に、このショートカットキー[Ctrl]+[1]を使用すると、[図形の書式設定]ダイアログボックスが表示されます。

注意ただし、テンキーの[1]では動作しません。

Excel2013以降は、[図形の書式設定]作業ウィンドウです。

[図形の書式設定]ダイアログボックス

グラフを選択している場合

グラフを選択しているときは、[グラフエリアの書式設定]ダイアログボックスが表示されます。

注意ただし、テンキーの[1]では動作しません。

Excel2013以降は、[グラフエリアの書式設定]作業ウィンドウです。

[グラフエリアの書式設定]ダイアログボックス

コメントが編集状態の時

コメントが編集状態の時に使用すると、[コメントの書式設定]ダイアログボックスが表示されます。

注意ただし、テンキーの[1]では動作しません。

[コメントの書式設定]ダイアログボックス

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 Excel 2010

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.