Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Windows10

拡張子の表示や隠しファイルの設定はエクスプローラーの表示タブから

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Windows10で拡張子の表示は、エクスプローラーの[表示]タブから設定することができます。

Windows8や8.1も同じです。

Windows8の隠しファイルの表示と項目チェックボックス

エクスプローラーの[表示]タブの[表示/非表示]グループを見ると、[項目チェックボックス]、[ファイル名拡張子]、[隠しファイル]が並んでいます。

既定では、全てオフになっていると思いますが、[ファイル名拡張子]はオンになっているかもしれません。

エクスプローラーの表示タブ

この3つの項目は、Windows7までは、[フォルダーオプション]の[表示]タブの[詳細設定]にあったものです。

設定時に面倒だなぁと思っていた項目が表に出てきた感じで嬉しいです。

表示タブ

[項目チェックボックス]のチェックボックス

[項目チェックボックス]のチェックボックスをオンにすると、下のようにファイルやフォルダの左上にチェックボックスが表示されるようになります。

項目チェックボックス

[ファイル名拡張子]のチェックボックス

[ファイル名拡張子]のチェックボックスをオンにすると、ファイル名の後ろに拡張子が表示されるようになります。

ファイル名拡張子

[選択した項目を表示しない]の設定

[隠しファイル]は、[選択した項目を表示しない]の設定をして、元に戻すときに便利です。

例えば、下のように1つのファイルを選択して、[選択した項目を表示しない]をクリックします。

選択した項目を表示しない

選択したファイルは消えてしまいます。(見えなくなってしまいます)

ファイルの非表示

[隠しファイル]のチェックボックス

非表示にしたファイルを再度 表示するには、[隠しファイル]のチェックボックスをオンにします。

隠しファイル

この状態ではまだ薄く表示されています。

再度、現れたファイルを選択して[選択した項目を表示しない]をクリックして無効にすると、

下のように元通りになります。

参考[AppData]フォルダや[ProgramData]フォルダーを表示する場合も[隠しファイル]のチェックボックスをオンにしないと表示されません。[AppData]フォルダや[ProgramData」フォルダは隠しフォルダーになっています。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

データテーブルを使って複数の計算結果を同時に表示する

Excelの[データ]タブにある[What-If 分析]の中にある[データテーブル]を使うと、複数の計算結果を同時に一覧形式で表示することが ...

複雑な図形の時は【選択ウィンドウ】を表示して操作すると効率的

Office2010からの機能として、[オブジェクトの選択と表示]というのがあります。 この機能は、複雑な図形やテキストボックスなどを操作す ...

差し込み印刷で2列にフィールドを差し込んだ表を作成するには

Wordの差し込み印刷にある[名簿]機能を使って一覧表を作成するとき、2列の表に[氏名]フィールド差し込んだ表を作成する方法を紹介します。 ...

クリアアニメでカウントダウンタイマーを作成

PowerPointで下のようなカウントダウンタイマーを作成する方法です。 レイアウトの選択 PowerPoint2016で解説します。 1 ...

小数点の位置を揃えて表示するには(小数点揃えタブの使用)

Wordで小数点を含む数値を数行に渡って並べた時に、小数点の位置を綺麗に揃えて表示する方法です。 小数点がない数値、整数が混在していても揃え ...

-Windows10 & Office2016 Windows10

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.