Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 WindowsXP

拡張子の表示

投稿日:2017年1月7日 更新日:

拡張子とは、ファイル名の後ろについている3文字の英数字のことです。

Windowsの初期設定では 拡張子を表示しないように設定されています。

ファイルを指定する場合など、拡張子が表示されていれば分かりやすいですね。

また、Windowsは[拡張子]によってどんな種類のファイルなのか、どのアプリケーションソフトで作ったのかわかるようになっています。

ですから、拡張子を書き換えると、そのファイルが開けなくなったりします。気をつけてくださいね。

拡張子を表示するように設定してみましょう。

任意のフォルダを開いてください。

マイドキュメントでもマイピクチャでも構いません。

下のように、今は拡張子が表示されていません。

これが既定です。

マイドキュメント

フォルダオプションの表示

メニューバーのツールからフォルダオプションをクリックします。

ツールメニュー

[登録されている拡張子は表示しない]をオフに

フォルダオプションダイアログボックスが表示されます。

表示タブから、[登録されている拡張子は表示しない]のチェックを外します。

[OK]ボタンをクリックします。

フォルダオプション

これで[拡張子]が表示されるようになりました。

拡張子

フォルダの中は、もちろんですが [名前を付けて保存]ダイアログボックスなどで、ファイルの種類を選択する場合も拡張子が表示されているとわかりやすいですね。

名前を付けて保存ダイアログボックス

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 WindowsXP

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.