Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Excel2010

1つのセルの内容を複数のセルに分割(指定した文字数で分割)

投稿日:2017年1月9日 更新日:

A列のセルの内容を[年]、[月]、[日]のセルに分割する方法です。

分割後の結果

参考Excel2013以降であれば、フラッシュフィルを使用することもできます。

フラッシュフィルについては、以下の記事で解説しています。

フラッシュフィル(文字列の結合や抜き出しをワンクリックで)

Excel2013の新機能です。 文字列などの編集を自動で行ってくれる機能です。 これまで、関数や区切り位置ウィザード使って文字列を結合した ...

続きを見る

区切り位置ウィザード

分割したいセル範囲を選択して、[データ]タブの[データツール]グループから[区切り位置]をクリックします。

[区切り位置指定ウィザード1/3]が表示されます。 [スペースによって右または左に揃えられた固定長フィールドのデータ]を選択します。

[次へ]のボタンをクリックします。

区切り位置指定ウィザード1/3

区切りたい位置でクリックします。

ここでは2か所で区切ります。

[次へ]ボタンをクリックします。

  • 区切り位置を作成する場合は、その位置でマウスのボタンをクリックします。
  • 区切り位置を削除する場合は、その矢印をダブルクリックします。
  • 区切り位置を移動する場合は、矢印を目的の位置までドラッグします。

区切り位置指定ウィザード2/3

列のデータはフィールドごとに設定します。

表示先を指定します。

[完了]ボタンをクリックします。

※[表示先]を直接入力ではなく、[ダイアログボックス拡大/縮小ボタン]から指定すると、[区切り位置指定ウィザード1/3]になりますね・・・(?_?)

区切り位置指定ウィザード

下のようになります。

関数を使う方法もありますが、Excelの標準の機能を使うのも便利です。

参考分割後の数字は[数値]とみなされるため、D列とE列の先頭の[0]は消えてしまいます。

セルを分割した結果

先頭の[0]を表示するには[列のデータ形式]で[文字列]を指定

分割後の数字は[数値]とみなされるため、上記のようにD列とE列の先頭の[0]は消えてしまいますが、下のようにセルの先頭に[0]を表示することもできます。

その場合の方法です。

分割後に0を表示した表

[区切り位置ウィザード]の[列のデータ形式]で[文字列]を選択すると先頭の[0]を表示することができます。

列ごとに選択して[列のデータ形式]で[文字列]を指定します。

下は、2列目を選択して、[列のデータ形式]で[文字列]を選択しています。

区切り位置ウィザードの[列のデータ形式]で[文字列]を選択

3列目も選択して、同じように[列のデータ形式]で[文字列]を選択して[完了]ボタンをクリックします。

区切り位置ウィザードの[列のデータ形式]で[文字列]を選択

結果、下のようになります。

セルの左上に表示されている緑色のマークは、エラーインジゲーターと呼ばれるものです。

分割後の結果

エラーインジゲーターを非表示にする

エラーインジゲーターを非表示にする方法です。

エラーインジゲーターが表示されているセルでクリックすると、黄色い注意マーク(エラーインジゲーター)が表示されます。

エラーインジゲーターにマウスを合わせると、[このセルにある数値が、テキスト形式か、またはアポストロフィで始まっています。]というポップヒントが表示されます。

そして、エラーインジゲーターをクリックすると下のようなメニューが表示されます。

メニューの中から[エラーチェックオプション]をクリックします。

参考エラーインジゲーターが表示されているセルが少なければ、メニューの中から[エラーを無視する]を選択してもいいです。

エラーインジゲーター

[Excelのオプション]ダイアログボックスが表示されます。

[数式]カテゴリーが表示されていると思います。

エラーチェック ルール]にある[文字列形式の数値、またはアポストロフィで始まる数値]のチェックボックスをオフにして、[OK]ボタンをクリックします。

参考[Excelのオプション]ダイアログボックスの[エラーチェック]の[バックグラウンドでエラーチェックを行う]のチェックボックスをオフにしてもいいのですが、他のエラーチェックにも影響しますので、出来ればここでの設定は避けたほうがいいです。

他に影響はないと判断できるのであれば、[バックグラウンドでエラーチェックを行う]のチェックボックスをオフにしてもいいと思います。

Excelのオプション

結果、下のようにエラーインジゲーターは非表示になります。(消えます)

0が表示された表

右揃えにするには

もし、D列とE列の文字列を右揃えにしたければ、範囲選択して、[ホーム]タブの[配置]グループにある[文字列を右に揃える]のボタンをクリックします。

文字列を右に揃える

下のように範囲選択した文字列は右揃えになります。

右揃えになった表

関連以下は、区切り位置ウィザードを使用した関連記事です。

区切り位置ウィザードは、[氏名]の列を[姓]と[名]の列に分割するときにも便利です。

氏名の列を姓と名の列に分割

Excel2013で氏名セルを姓と名の別々のセルに分ける操作をしていたら、Excel2013のポップヒントに思わずほっこりしました。 下のよ ...

続きを見る

Excel2013以降であれば、フラッシュフィルで[姓]と[名]を分けることもできます。

フラッシュフィル(文字列の結合や抜き出しをワンクリックで)

Excel2013の新機能です。 文字列などの編集を自動で行ってくれる機能です。 これまで、関数や区切り位置ウィザード使って文字列を結合した ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.