リンクユニット

Windows 10 & Office 2016 Windows 10

デスクトップにショートカットアイコンを作成

投稿日:2018年5月6日 更新日:

Windows10では、スタート画面にピン留めしたり、タスクバーにピン留めする方法は簡単にできます。

その方法については、以下の記事で解説しています。

タイルのサイズ変更とアプリをスタートやタスクバーにピン留めする方法

Windows10では、アプリを右クリックしてショートカットメニューからスタートやタスクバーに[ピン留め]することができますし、スタート画面 ...

続きを見る

それでも、デスクトップにショートカットアイコンを作成したいという方も多いようです。

また、ショートカットであれば、アイコンの変更をすることも簡単です。

参考ショートカットアイコンは、アイコンの左下に矢印が表示されています。

デスクトップのショートカットアイコン

ショートカットアイコンについては、以下の記事で解説しています。

Windows XPでの解説ですが参考になる内容もあるかと思います。

ショートカットアイコン

[ショートカット]とは、ファイルやフォルダ、ドライブなどにアクセスするための近道です。 ショートカットアイコンには、左下に矢印のマークがつい ...

続きを見る

Windows10で、ショートカットアイコンを作成する方法を解説します。

ここでは、メモ帳のショートカットアイコンをデスクトップに作成します。

ドラッグ&ドロップで作成


スタートボタンをクリックして、ショートカットアイコンを作成したいアプリケーションを表示します。

下のようにフォルダーが表示されている場合は、展開ボタン(V)をクリックします。

スタートメニュー

目的のアプリケーションをデスクトップへドラッグします。

[リンク]という文字が右上に表示されたら、マウスから指を離します。

これでショートカットアイコンが作成されます。

ショートカットを削除しても、元のアプリケーションが削除されることはありません。

ドラッグ&ドロップ

もし、スタート画面にピン留めをしているのであれば、そのアイコンをデスクトップに向けてドラッグ&ドロップしてもOKです。

スタート画面のアイコンをドラッグ&ドロップ

参考フォルダーもスタートにピン留めができますので、フォルダーも上記の方法でショートカットアイコンを作成できます。

タイルのサイズ変更とアプリをスタートやタスクバーにピン留めする方法

Windows10では、アプリを右クリックしてショートカットメニューからスタートやタスクバーに[ピン留め]することができますし、スタート画面 ...

続きを見る

[送る]メニューから作成

もう一つの方法です。

ドラッグ&ドロップが苦手な方は、こちらの方がおすすめかもしれません。

スタートメニューのアプリケーションで右クリックします。

ショートカットメニューから[その他]をポイント(マウスを合わせる)して、サブメニューから[ファイルの場所を開く]をクリックします。

ファイルの場所を開く

もし、スタート画面にピン留めをしているのであれば、そのアイコンで右クリックしてもいいです。

スタート画面のアイコンから

下のようにスタートメニューのショートカットアイコンの保存場所が表示されます。

メモ帳の保存場所

このショートカットで右クリックします。

ショートカットメニューから[送る]をポイントして、[デスクトップ(ショートカットを作成)]をクリックします。

参考メニューの中の[ショートカットの作成]をクリックすると、同じフォルダー内にショートカットアイコンが作成されます。

[送る]をポイントして、[デスクトップ(ショートカットを作成)]をクリック

これでデスクトップにショートカットアイコンが作成されます。

デスクトップのショートカットアイコン

参考以下の記事では[送る]メニューからデスクトップにショートカットアイコンを作成して、ダブルクリックでスクリーンセーバーを起動する方法を紹介しています。

スクリーンセーバーをダブルクリックで、すぐに起動するには

スクリーンセーバーとは、無操作の一定時間を経過したら、ディスプレイ全体にアニメーションなどを表示させる機能のことです。 昔は焼き付け防止とし ...

続きを見る

Webページのショートカットアイコンの作成

IEでもアドレスバーのアイコンをドラッグ&ドロップするだけで、ショートカットを作成できます。画像はIE11です。

IEでWebページのアイコンをドラッグしてショートカットアイコンを作成

また、[ファイル]メニューから[送信]-[ショートカットをデスクトップへ]をクリックしても作成できます。

[ファイル]メニューから[送信]-[ショートカットをデスクトップへ]

以下のメッセージウィンドウが表示されますので[はい]をクリックします。

メッセージウィンドウ

ファイルのショートカットの作成

ExcelやWordなどの作成済みファイルのショートカットは、右クリックのショートカットメニューから作成できます。

ショートカットを作成したいファイルで右クリックします。ショートカットメニューから[ショートカットの作成]をクリックします。

フォルダーも同じように操作できます。

右クリックのショートカットメニュー

以下のように左下に矢印が付いたアイコンになります。

作成したショートカット

[Alt]キーを使って作成

または、[Alt]キーを押したままドラッグしても、ショートカットを作成できます。

キーボード[Alt]キー

参考Excelであれば、起動時に必要なファイルをまとめて開くことができます。この場合もファイルのショートカットが役立ちます。

エクセル起動時に指定したファイルをまとめて開く

毎日、複数の特定のブックを開くことが決まっているのであれば、Excelのオプションで自動的にまとめて開く設定をすることができます。 1つ1つ ...

続きを見る

ショートカットのアイコンの変更

ショートカットのアイコンは、プロパティからアイコンを変更することができます。

以下は[天気]のショートカットアイコンです。アイコンで右クリックして、ショートカットメニューから[プロパティ]をクリックします。

ショートカットメニューの[プロパティ]

[天気のプロパティ]ダイアログボックスが表示されます。

[ショートカット]タブの[アイコンの変更]ボタンをクリックします。

[天気のプロパティ]ダイアログボックス

[アイコンの変更]ダイアログボックスが表示されます。一覧からアイコンを選択して[OK]ボタンをクリックします。

参考[参照]ボタンをクリックして、オリジナルアイコンを指定することもできます。

[アイコンの変更]ダイアログボックス

以下のようにアイコンを変更できます。変更したアイコンが表示されていない場合は、[F5]キーを押して更新してみてください。

変更したショートカットのアイコン

以下の記事では、フォルダーのアイコンを変更する方法を解説しています。オリジナルアイコンの作成についても解説しています。

Windows10のフォルダーアイコンの変更(オリジナルアイコンにもできる)

Windows10でフォルダーアイコンを変更する方法です。デフォルトのフォルダーアイコンは、同じデザインとなっていますが、このフォルダーのア ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

-Windows 10 & Office 2016 Windows 10

Copyright © 2001-2020 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.