Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Windows10

デスクトップにショートカットアイコンを作成

投稿日:2018年5月6日 更新日:

Windows10では、スタート画面にピン留めしたり、タスクバーにピン留めする方法は簡単にできます。

その方法については、以下の記事で解説しています。

タイルのサイズ変更とスタート画面にピン留め

Windows10のスタート画面のタイルのサイズは、右クリックのショートカットメニューから変更することができます。 タイルのサイズ変更 タイ ...

続きを見る

それでも、デスクトップにショートカットアイコンを作成したいという方も多いようです。

参考ショートカットアイコンは、アイコンの左下に矢印が表示されています。

デスクトップのショートカットアイコン

ショートカットアイコンについては、以下の記事で解説しています。

Windows XPでの解説ですが参考になる内容もあるかと思います。

ショートカットアイコン

[ショートカット]とは、ファイルやフォルダ、ドライブなどにアクセスするための近道です。 ショートカットアイコンには、左下に矢印のマークがつい ...

続きを見る

Windows10で、ショートカットアイコンを作成する方法を解説します。

ここでは、メモ帳のショートカットアイコンをデスクトップに作成します。

ドラッグ&ドロップで作成

スタートボタンをクリックして、ショートカットアイコンを作成したいアプリケーションを表示します。

下のようにフォルダーが表示されている場合は、展開ボタン(V)をクリックします。

スタートメニュー

目的のアプリケーションをデスクトップへドラッグします。

[リンク]という文字が右上に表示されたら、マウスから指を離します。

これでショートカットアイコンが作成されます。

ドラッグ&ドロップ

もし、スタート画面にピン留めをしているのであれば、そのアイコンをデスクトップに向けてドラッグ&ドロップしてもOKです。

スタート画面のアイコンをドラッグ&ドロップ

[送る]メニューから作成

もう一つの方法です。

ドラッグ&ドロップが苦手な方は、こちらの方がおすすめかもしれません。

スタートメニューのアプリケーションで右クリックします。

ショートカットメニューから[その他]をポイント(マウスを合わせる)して、サブメニューから[ファイルの場所を開く]をクリックします。

ファイルの場所を開く

もし、スタート画面にピン留めをしているのであれば、そのアイコンで右クリックしてもいいです。

スタート画面のアイコンから

下のようにスタートメニューのショートカットアイコンの保存場所が表示されます。

メモ帳の保存場所

このショートカットで右クリックします。

ショートカットメニューから[送る]をポイントして、[デスクトップ(ショートカットを作成)]をクリックします。

[送る]をポイントして、[デスクトップ(ショートカットを作成)]をクリック

これでデスクトップにショートカットアイコンが作成されます。

デスクトップのショートカットアイコン

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

辞書に追加した単語を削除するには

正しい文字列を入力しても赤の波線が表示されてしまうことがあります。 そういう時、[辞書に追加]をしておくと、赤の波線は表示されなくなります。 ...

画像がアイコンで表示される

ピクチャフォルダー内の画像は、通常は下のように画像の縮小版で表示されます。 その画像の表示が下のようにアイコン表示になった時に、通常の縮小版 ...

ページ罫線の設定

Wordでは、ページの周囲に罫線を引いてページを飾ることができます。 [ページ罫線]という機能を使います。 ページ罫線には、下のように線の種 ...

ページ幅が異なるPDFの幅を揃えるには印刷設定で

Windows10に標準搭載のEdgeは、PDFビューワーとしての機能もあります。 Windows10ではAdobe Readerが不要で、 ...

データの統合(表の項目名の数と並び順が異なる場合)

Excelのデータ統合という機能を使うと、複数シートの項目名の数や並び順が違っていても一つのワークシートにまとめることができます。 統合には ...

-Windows10 & Office2016 Windows10

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.