Windows 10 & Office 2016 Edge

Webページをスタート画面やタスクバーにピン留め

投稿日:2020年5月1日 更新日:

Microsoft Edgeでは、ウェブページをスタートにタイルとしてピン留めすることができます。タイルは、ドラッグで好きな位置に移動することができます。

頻繁に使用するWebページは、タイルとして登録しておくと便利です。

また、タスクバーにピン留めすることもできます。

スタートメニューのタイル

参考タブをピン留めする方法については、以下の記事で解説しています。

Microsoft Edgeの[タブのピン留め]は右クリックで簡単設定

Microsoft Edgeでは、開いてるWebページをピン留めして、常にタブを表示しておくことができます。複数のタブをピン留めできますし、 ...

続きを見る

Microsoft Edgeのバージョンは、91.0.864.54  です。バージョンの確認は、以下で解説しています。

新しいMicrosoft Edgeのバージョン確認方法

Webページをスタート画面にピン留めする

まず、スタートにタイルとして登録したいWebページを表示します。

ここでは、Microsoftのサポートページを表示しています。

Microsoft Edgeのウィンドウの右上にある[…](設定など)ボタンをクリックして、[その他のツール]をポイントして、サブメニューの[スタートにピン留めする]をクリックします。

[その他のツール]の[スタートにピン留めする]

[スタートにピン留めする]のウィンドウが表示されますので、[ピン留めする]をクリックします。

[スタートにピン留する]ウィンドウ

今度は、[このタイトルをスタートにピン留めしますか?]というメッセージウィンドウが表示されますので、[はい]をクリックします。

[スタートにピン留する]ウィンドウ

スタートにタイルとして登録されています。

スタートメニューにタイルとして登録

タイルの大きさの変更とピン留めを外す

タイルの大きさは、タイルで右クリックしてショートカットメニューの[サイズ変更]から選択して変更することができます。

[小]と[中]の選択肢があります。

タイルを右クリックして[サイズ変更]

ピン留めを外すには、[スタートからピン留めを外す]を選択します。

タイルの移動とグループ名

タイルは、ドラッグで移動できます。

また、タイルの固まりの上をポイントすると、[グループに名前を付ける]と表示されるので、

スタートメニューの[グループに名前を付ける]

クリックしてグループの名前を入力します。

グループの名前付け

タスクバーにピン留めする

[その他のツール]の[タスクバーにピン留めする]をクリックすると、

[その他のツール]の[タスクバーにピン留めする]

タスクバーにピン留めされます。

タスクバーに登録されたWebページ

アプリの管理

バージョン96.0.1054.43 では、[スタートにピン留め]を実行しても[アプリに登録]されることはありません。

Webページを[スタートにピン留めする]すると、アプリに登録されます。

[…](設定など)をクリックして[アプリ]をポイントすると、以下のように表示されます。

[アプリの管理]をクリックします。

[設定など]-[アプリ]-[アプリの管理]

[インストールされているアプリ]に[スタートにピン留めする]を実行したWebページが表示されています。

アプリの管理

アプリの管理からアプリを削除

スタートメニューのタイル(Microsoftサポート)を右クリックして、ショートカットメニューから[スタートからピン留めを外す]をクリックして、スタートメニューから削除しても、[アプリの管理]からは削除されません。

アプリの管理から削除するには、インストールされているアプリの右端にある[×]をクリックします。

インストールされているアプリの右端にある[×]をクリック

以下のメッセージウィンドウが表示されますので、[削除]をクリックします。

[削除しますか?]のウィンドウ

参考Webページをインストールしていない時に[アプリの管理]を表示すると、以下のメッセージが表示されます。アンインストールも[アプリの管理]から行うのが正しいのだと思います。

アプリの管理から削除すると、スタートメニューのタイルも削除されます。

Webサイトアプリはコンピューターの他のアプリと同じように動作しますが、アプリの管理はここで行います。一部のアプリはオフラインで実行でき、通常のWebサイトでは使用できないその他の処理も実行できます。アプリをインストールするには、任意のサイトにアクセスし、選択してください[設定など]>[アプリ]>[インストール]。
アプリをすばやく使用するために、アプリをタスクバーにピン留めすることもできます。

インストールされているアプリ

アプリの管理が変わった

バージョン96.0.1054.43 では、[スタートにピン留め]を実行しても[アプリに登録]されることはありません。

もっと以前から変わっていたと思います。

Microsoft Edgeのウィンドウの右上にある[…](設定など)ボタンをクリックして、[その他のツール]をポイントして、サブメニューの[スタートにピン留めする]をクリックすると、スタートにピン留めできます。

しかし、アプリの管理に登録されることはありません。

以下の画像は、Bingのページを[スタート画面にピン留めする]と[タスクバーにピン留めする]を実行した後です。

ウィンドウの右上にある[…](設定など)ボタンをクリックして、[アプリ]から[このサイトをアプリとしてインストール]をクリックすることで登録されます。

[アプリ]の[このサイトをアプリとしてインストール]

[このサイトをアプリとしてインストール]をクリックすると、以下のウィンドウが表示されます。

[インストール]ボタンをクリックします。

[アプリのインストール]ウィンドウ

次に以下のウィンドウが表示され、[タスクバーにピン留めする]と[スタートにピン留めする]の許可を求められます。

アプリの許可を設定

[許可]をクリックすると、スタート画面とタスクバーにピン留めされます。

以下は、スタート画面のタイルです。

左がWebページを[スタート画面にピン留めする]にしたもので、右がアプリをピン留めしたものです。

スタートにピン留めされたWebページとアプリのタイル

タスクバーも以下のようにピン留めされます。

タスクバーにピン留めされた[Webページ]と[アプリ]

[アプリの管理]から削除すると、スタート画面とタスクバーにピン留めしたアプリのアイコンも削除されます。

Webページとしてピン留めしたものは、そのままです。

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Profile

執筆者/はま

-Windows 10 & Office 2016 Edge

Copyright © 2001-2022 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.