リンクユニット

Windows 10 & Office 2016 Edge

Webページをスタートメニューにピン留め

投稿日:2020年5月1日 更新日:

Edgeでは、ウェブページをスタートにタイルとしてピン留めすることができます。タイルは、ドラッグで好きな位置に移動することができます。

頻繁に使用するWebページは、タイルとして登録しておくと便利です。

スタートメニューのタイル

参考タブをピン留めする方法については、以下の記事で解説しています。

Microsoft Edgeの[タブのピン留め]は右クリックで簡単設定

Microsoft Edgeでは、開いてるWebページをピン留めして、常にタブを表示しておくことができます。複数のタブをピン留めできますし、 ...

続きを見る

Edgeのバージョンの確認


現在は、新しいバージョンのEdgeがありますが、まずは旧バージョンでの解説です。とても簡単です。

Edgeのウィンドウの右上にある[…](設定など)ボタンをクリックして、[設定]をクリックします。

設定などのメニュー

[全般]タブの最下部にある[このアプリについて]の箇所を見ると、確認できます。

44.18362.449.0です。

[全般]タブ

Webページをスタートに登録

まず、スタートにタイルとして登録したいWebページを表示します。

ここでは、Microsoftのサポートページを表示しています。

Edgeのウィンドウの右上にある[…](設定など)ボタンをクリックして、[その他のツール]をポイントして、サブメニューの[このページをスタートにピン留めする]をクリックします。

[その他のツール]の[このページをスタートにピン留めする]

以下の[このタイトルをスタートにピン留めしますか?]というメッセージウィンドウが表示されますので、[はい]をクリックします。

[このタイトルをスタートにピン留めしますか?]のメッセージウィンドウ

スタートにタイルとして登録されています。

スタートメニューにタイルとして登録

タイルの大きさの変更とピン留めを外す

タイルの大きさは、タイルで右クリックしてショートカットメニューの[サイズ変更]から選択して変更することができます。

[小]と[中]の選択肢があります。

タイルを右クリックして[サイズ変更]

ピン留めを外すには、[スタートからピン留めを外す]を選択します。

タイルの移動とグループ名

タイルは、ドラッグで移動できます。

また、タイルの固まりの上をポイントすると、[グループに名前を付ける]と表示されるので、

スタートメニューの[グループに名前を付ける]

クリックしてグループの名前を入力します。

グループの名前付け

新しいMicrosoft Edge

2020年1月に新しいEdgeがリリースされました。

以下のページからダウンロードできます。

[今すぐ新しいMicrosoft Edgeを入手してください]をクリックします。

Chromium ベースの新しい Microsoft Edge をダウンロードする(Microsoft)

新しいMicrosoft Edgeのページ

OSを選択してダウンロードします。以下のようにアイコンも変わっています。

Microsoft Edgeダウンロードページ

インストールすると、旧のEdgeは置き換えられます。

バージョンを確認してみます。Edgeのウィンドウの右上にある[…](設定など)ボタンをクリックして、[設定]をクリックします。

Edgeのウィンドウの右上にある[…](設定など)ボタンをクリック

以下のように設定の表示も旧バージョンとは異なります。

最下部にある[Microsoft Edgeについて]をクリックすると、バージョンを確認できます。

バージョン81.0.416.68です。

[microsoft Edgeについて]でバージョンを確認

参考Edgeのウィンドウが狭い場合は、左側のメニューが非表示になっていると思います。

左上の[menu]ボタンをクリックすると、メニューが表示されます。

Edgeのウィンドウが狭い場合の[menu]ボタン

新バージョンのEdgeでスタートにピン留めするには

新バージョンでは、ウィンドウ右上の[…](設定など)ボタンをクリックして[その他のツール]をポイントしても、サブメニューの[このページをスタートにピン留めする]というメニューはありません。

ですが、出来ないわけではありません。

一度、タスクバーにピン留めすると、通常のアプリと同じ操作でスタートメニューにピン留めできます。

新バージョンのEdgeの[その他のツール]のメニュー

タスクバーにピン留めする

[…](設定など)ボタンをクリックして[その他のツール]をポイントして、サブメニューから[タスクバーにピン留めする]をクリックします。

[その他のツール]から[タスクバーにピン留めする]を選択

以下の確認のメッセージが表示されますので、名前を入力して[ピン留めする]をクリックします。

参考名前は、分かりやすい名前を付けて構いません。スタートメニューに登録した時の名前として表示されます。

[タスクバーにピン留めする]のウィンドウ

タスクバーにWebページがピン留めされます。

タスクバーにピン留めされたWebページ

スタートメニューにピン留めする

タスクバーにピン留めされたWebページのアイコンで右クリックします。

そして、表示されたメニューのWebページ(ここでは、Microsoft サポート)で、右クリックします。

ショートカットメニューから[スタートメニューにピン留めする]をクリックします。

タスクバーにピン留めされたアイコンで右クリック

これで、スタートにタイルとしてピン留めされます。

スタートメニューに登録されたWebページのアイコン

スタートメニューのアプリ一覧のアイコンから

[その他のツール]の[タスクバーにピン留めする]をクリックすると、スタートメニューのアプリ一覧にも表示されます。

[最近追加されたもの]か、[M]のカテゴリーに登録されていると思います。

そのアイコンで右クリックして、[スタートにピン留めする]をクリックします。

上記と同じように、スタートにタイルとして登録されます。

アプリ一覧から[スタートにピン留めする]

タスクバーのピン留めを外すには

タスクバーのピン留めが不要であれば、右クリックして[その他]から[タスクバーからピン留めを外す]をクリックしてください。

アイコンで右クリックして[タスクバーのピン留めを外す]

または、タスクバーのアイコンで右クリックして、[タスクバーからピン留めを外す]をクリックします。

タスクバーのアイコンで右クリックして[タスクバーからピン留めを外す]

アンインストールする場合

スタートに登録されたタイルを右クリックすると、ショートカットメニューに[アンインストール]があります。

この[アンインストール]をクリックすると、[コントロールパネル]の[プログラムと機能]が表示されます。

アイコンで右クリックして[アンインストール]

[プログラムと機能]からアンインストールできることもありますが、削除できない(表示が消えない)場合もありますので注意してください。

アプリの管理からアンインストール

確実に削除するには、[…](設定など)をクリックして[アプリ]-[アプリの管理]をクリックして操作します。

[設定など]-[アプリ]-[アプリの管理]

[インストールされているアプリ]を選択して、アンインストールしたいWebページで右クリックします。

ショートカットメニューから[アンインストール]をクリックします。

[インストールされているアプリ]を選択して、アンインストールしたいWebページで右クリック

または、インストールされているアプリの右端にある[×]をクリックします。

インストールされているアプリの右端にある[×]をクリック

以下のメッセージウィンドウが表示されますので、[削除]をクリックします。

[削除しますか?]のウィンドウ

参考Webページをインストールしていない時に[アプリの管理]を表示すると、以下のメッセージが表示されます。アンインストールも[アプリの管理]から行うのが正しいのだと思います。

Webサイトアプリはコンピューターの他のアプリと同じように動作しますが、アプリの管理はここで行います。一部のアプリはオフラインで実行でき、通常のWebサイトでは使用できないその他の処理も実行できます。アプリをインストールするには、任意のサイトにアクセスし、選択してください[設定など]>[アプリ]>[インストール]。
アプリをすばやく使用するために、アプリをタスクバーにピン留めすることもできます。

インストールされているアプリ

アプリの[このサイトをアプリとしてインストール]

Microsoft EdgeでWebページを表示した状態で[…](設定など)ボタンをクリックして表示されるメニューに[アプリ]をクリックすると、以下のように[このサイトをアプリとしてインストール]というメニューが表示されます。

このメニューから、スタートメニューにWebページを登録して、タイルとして登録することもできます。

[アプリ]-[このサイトをアプリとしてインストール]

クリックすると、以下の[アプリのインストール]ウィンドウが表示されますので、[インストール]をクリックします。

[アプリのインストール]ウィンドウ

Webページが新しい画面で表示され、スタートメニューにアイコンが表示されるようになります。

アプリとしてインストールされたWebページ

上記の操作を行うと、スタートメニューに登録されます。

スタートメニューに登録されたアイコンを右クリックして、[スタートにピン留めする]をクリックしても、スタートメニューにタイルとして登録できます。

アイコンで右クリックして[スタートにピン留めする]

アプリとしてインストールしたWebページをEdgeで開く

参考アプリのインストールを行うとWebページは新しい画面で表示されますが、[…](設定など)のボタンをクリックして、[Microsoft Edgeで開く]をクリックすると、通常のEdgeウィンドウで表示されます。

アプリとしてインストールしたWebページをEdgeで開く

アプリの管理について

[アプリ]から[アプリの管理]をクリックすると、以下のように[インストールされているアプリ]として表示されます。

[アプリ]-[アプリの管理]

そして、インストールされたアプリで右クリックすると、以下のショートカットメニューが表示されます。

  • 全画面表示のブラウザーで開く
  • サイトのアクセス許可
  • ピン留め先...
  • アンインストール

インストールされたアプリで右クリック

全画面表示のブラウザーで開く

[全画面表示のブラウザーで開く]をクリックすると、Webページをクリックしたときに、通常のMicrosoft Edgeで開くようになります。

インストールされているアプリで右クリック[全画面表示のブラウザーで開く]

ピン留め先

ショートカットメニューの[ピン留め先...]をクリックすると、以下のウィンドウが表示されます。

インストールされているアプリで右クリック[ピン留め先]

既定では、[デスクトップ]と[スタートメニュー]の両方のチェックボックスがオンになっています。

[ピン留めする]をクリックすると、デスクトップとスタートメニューもピン留めされます。

スタートメニューには、この操作をしなくてもインストールを実行した時点で登録されていると思います。

インストールされているアプリで右クリック[アプリのピン留め先]

参考新Edgeの[印刷]には[PDFとして保存]があります。以下の記事で解説しています。

メモ帳・写真・WebページなどをPDFとして保存するには[印刷]から

WordやExcelなどのMicrosoft Officeで作成したものであれば、[名前を付けて保存]からPDFファイルとして保存することが ...

続きを見る

Edgeの[PDFとして保存]

Profile

執筆者/はま

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

-Windows 10 & Office 2016 Edge

Copyright © 2001-2020 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.