Google検索

Windows Xp & Office2003 Internet Explorer6

閉じるときにキャッシュをクリア

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Internet Explorerでは、既定で一時ファイル(キャッシュ)を保存するようになっています。再度、同じWebページを見るときに素早く表示するためです。

インターネット一時ファイルについては、以下のMicrosoftのページを参照してください。とても分かりやすいです。

初心者でもわかる! IE でインターネット一時ファイルと履歴の削除

この一時キャッシュはたまりすぎると、いろいろ弊害があるようです。

Internet Explorerを閉じるときに、削除する設定があります。

インターネットオプションの設定

メニューバーの[ツール]→[インターネットオプション]をクリックします。

ツール インターネットオプション

[インターネットオプション]ダイアログボックスの[詳細設定]タブをクリックします。

ブラウザを閉じたとき、[Temporary Internet Files]フォルダを空にする]のチェックボックスをオンにして、[OK]ボタンをクリックします。

詳細設定

参考IE10でも解説しています。

一時ファイルを自動的に削除

インターネットオプションには、[ブラウザーを閉じたとき、[Temporary Internet Files]フォルダを空にする]という設定項 ...

続きを見る

また、以下はIE8ですが、キャッシュ(一時ファイル)が溜まって起きたトラブルのことを記事にしています。

WebのPDFが更新されない

WebにPDFファイルをUPしたけど、PDFファイルが更新されないという場合は、一時ファイルなどのキャッシュを削除すると表示されるようになり ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 Internet Explorer6

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.