リンクユニット

Windows Xp & Office 2003 Internet Explorer 6

閉じるときにキャッシュをクリア

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Internet Explorerでは、既定で一時ファイル(キャッシュ)を保存するようになっています。再度、同じWebページを見るときに素早く表示するためです。

インターネット一時ファイルについては、以下のMicrosoftのページを参照してください。とても分かりやすいです。

初心者でもわかる! IE でインターネット一時ファイルと履歴の削除(Microsoft)

この一時キャッシュはたまりすぎると、いろいろ弊害があるようです。

Internet Explorerを閉じるときに、削除する設定があります。

ブラウザを閉じたとき、[Temporary Internet Files]フォルダを空にする


[インターネットオプション]ダイアログボックスを表示して設定します。

メニューバーの[ツール]→[インターネットオプション]をクリックします。

ツール インターネットオプション

[インターネットオプション]ダイアログボックスの[詳細設定]タブをクリックします。

[セキュリティ]カテゴリーにある[ブラウザを閉じたとき、[Temporary Internet Files]フォルダを空にする]のチェックボックスをオンにして、[OK]ボタンをクリックします。

詳細設定

参考IE10でも解説しています。

一時ファイルを自動的に削除

インターネットオプションには、[ブラウザーを閉じたとき、[Temporary Internet Files]フォルダを空にする]という設定項 ...

続きを見る

また、以下はIE8ですが、キャッシュ(一時ファイル)が溜まって起きたトラブルのことを記事にしています。

Webにアップしたファイルが更新されない

Webで表示できるようにしているファイルを更新するためUPしたけど、ファイルが更新されないという場合は、一時ファイルなどのキャッシュを削除す ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office 2003 Internet Explorer 6

Copyright © 2001-2020 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.