Windows XP & Office 2003 Internet Explorer 6

ブラウザを閉じるときにキャッシュをクリアする設定

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Internet Explorerでは、既定で一時ファイル(キャッシュ)を保存するようになっています。再度、同じWebページを見るときに素早く表示するためです。

インターネット一時ファイルについては、以下のMicrosoftのページを参照してください。とても分かりやすいです。

初心者でもわかる! IE でインターネット一時ファイルと履歴の削除(Microsoft)

この一時キャッシュは溜まりすぎると、いろいろ弊害があるようです。

Internet Explorerを閉じるときに、キャッシュを削除する設定があります。

ブラウザを閉じたとき[Temporary Internet Files]フォルダを空にする

[インターネットオプション]ダイアログボックスを表示して設定します。

メニューバーの[ツール]から[インターネットオプション]をクリックします。

[ツール]メニューの[インターネットオプション]

[インターネットオプション]ダイアログボックスの[詳細設定]タブをクリックします。

[セキュリティ]カテゴリーにある[ブラウザを閉じたとき、[Temporary Internet Files]フォルダを空にする]のチェックボックスをオンにして、[OK]ボタンをクリックします。

[インターネットオプション]の[詳細設定]タブ

Webページが文字化けした場合もキャッシュのクリアで正常表示になることがあります。

文字化けの修正はエンコードの設定か一時ファイルの削除

Internet ExplorerでWebサイトを見ていて、判読できない文字などが表示された場合の対処方法です。 [表示]メニューの[エンコ ...

続きを見る

参考Internet Explorer 10でも解説しています。

一時ファイルを自動的に削除する設定とスーパーリロード

インターネットオプションには、[ブラウザーを閉じたとき、[Temporary Internet Files]フォルダを空にする]という設定項 ...

続きを見る

また、以下はInternet Explorer 8ですが、キャッシュ(一時ファイル)が溜まって起きたトラブルのことを記事にしています。

Webにアップしたファイルが更新されない

Webで表示できるようにしているファイルを更新するためUPしたけど、ファイルが更新されないという場合は、一時ファイルなどのキャッシュを削除す ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows XP & Office 2003 Internet Explorer 6

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.