Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 Internet Explorer6

オートコンプリート

投稿日:2017年1月7日 更新日:

オートコンプリートって知っていますか?

検索サイトやWebアドレス、申し込みフォームなど、一度入力した内容を記憶しておいてくれる機能です。

この機能は便利ですが、個人情報が漏洩してしまうことにもなりかねません。


今、アドレスバーの右のボタンをクリックしてみてください。

URLがたくさん表示されませんか?

URLが表示された方は、オートコンプリートの設定の[Webアドレス]がオンになっているためです。

下の図は、オフに設定しているためURLは表示されていません。

オンに設定していると、アドレスバーでURLを入力している途中でURLの候補が表示されます。

便利ですが、履歴がわかってしまうので削除したいと思われる方も多いですね。

オートコンプリート

オートコンプリート機能を無効にする方法です。

インターネットオプションの表示

メニューバーのツールから[インターネットオプション]をクリックします。

インターネットオプション

オートコンプリートの設定

[インターネットオプション]ダイアログボックスが表示されます。

[コンテンツ]タブをクリックして、[オートコンプリート]をクリックします。

コンテンツタブ

[オートコンプリートの設定]ダイアログボックスが表示されます。

オートコンプリートの使用目的の項目でオフにしたいものは、チェックを外します。

また、これまでの履歴に残されたパスワードなどのデータを全て削除したい場合は、[フォームのクリア]と[パスワードのクリア]ボタンをクリックしてください。

オートコンプリートの設定

履歴のクリア

また、Webアドレスのエントリを全て削除する場合は、[全般]タブで[履歴のクリア]ボタンをクリックしてくださいね。

履歴のクリア

[インラインオートコンプリートを使用する]をオフ

最後に、詳細設定タブのブラウズ→[インラインオートコンプリートを使用する]のチェックをオフにします。

[OK]ボタンをクリックします。

詳細設定タブ

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 Internet Explorer6

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.