リンクユニット

Google検索

Windows Xp & Office2003 Internet Explorer6

オートコンプリート

投稿日:2017年1月7日 更新日:

オートコンプリートって知っていますか?

検索サイトやWebアドレス、申し込みフォームなど、一度入力した内容を記憶しておいてくれる機能です。

この機能は便利ですが、個人情報が漏洩してしまうことにもなりかねません。


今、アドレスバーの右のボタンをクリックしてみてください。

URLがたくさん表示されませんか?

URLが表示された方は、オートコンプリートの設定の[Webアドレス]がオンになっているためです。

下の図は、オフに設定しているためURLは表示されていません。

オンに設定していると、アドレスバーでURLを入力している途中でURLの候補が表示されます。

便利ですが、履歴がわかってしまうので削除したいと思われる方も多いですね。

オートコンプリート

オートコンプリート機能を無効にする方法です。

インターネットオプションの表示

メニューバーの[ツール]から[インターネットオプション]をクリックします。

インターネットオプション

オートコンプリートの設定

[インターネットオプション]ダイアログボックスが表示されます。

[コンテンツ]タブをクリックして、[オートコンプリート]をクリックします。

コンテンツタブ

[オートコンプリートの設定]ダイアログボックスが表示されます。

オートコンプリートの使用目的の項目でオフにしたいものは、チェックを外します。

また、これまでの履歴に残されたパスワードなどのデータを全て削除したい場合は、[フォームのクリア]と[パスワードのクリア]ボタンをクリックしてください。

オートコンプリートの設定

履歴のクリア

また、Webアドレスのエントリを全て削除する場合は、[全般]タブで[履歴のクリア]ボタンをクリックしてくださいね。

履歴のクリア

[インラインオートコンプリートを使用する]をオフ

最後に、詳細設定タブのブラウズ→[インラインオートコンプリートを使用する]のチェックをオフにします。

[OK]ボタンをクリックします。

詳細設定タブ

参考オートコンプリート機能は、ほかのアプリケーションにも備わっています。アプリケーションによって異なりますが、便利であれば活用し、不要であれば無効に設定してください。

関数はオートコンプリート機能で入力(Excel2007)

効率的な入力

データを入力する前に、あらかじめ入力する範囲を選択しておくと効率よく入力することができます。 範囲選択して入力 まず、データを入力する範囲を ...

続きを見る

フラッシュフィル(文字列の結合や抜き出しをワンクリックで)

Excel2013の新機能です。 文字列などの編集を自動で行ってくれる機能です。 これまで、関数や区切り位置ウィザード使って文字列を結合した ...

続きを見る

オートコンプリートのリストを空にする

Outlook2010では、オートコンプリートの候補に表示されるリストをボタン一つで削除することができます。 参考オートコンプリートというの ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 Internet Explorer6

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.