Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 Internet Explorer6

履歴を削除したい

投稿日:2017年1月7日 更新日:

ツールバーの履歴ボタンを押すと、前に見たWebページをもう一度、確認することができます。

初期設定では20日前までの履歴を残せるようになっています。

でも、パソコンを共有で使ってるいる場合など、履歴を消したいと思うこともありますね。

履歴ボタン

履歴ボタンを押してみましょう。

ウィンドウの左側に履歴のリストが表示されました。

現在、表示しているWebページが青くなっています。

履歴ボタン

履歴表示について、注意点をBlogに書いています。

履歴の表示を参照してください。

履歴の並べ替え

履歴の表示方法は変更することができます。

[表示]ボタンをクリックすると、以下の順に並び替えることができます。

  • 日付順
  • サイト順
  • サイトを表示した回数順
  • 今日表示したページ順

表示ボタン

履歴の検索

また、検索ボタンをクリックすると、キーワードの検索もできます。

検索する文字列のテキストボックスにキーワードを入力して、検索ボタンをクリックします。

検索ボタン

履歴の削除

下の図は、日付順にしています。

フォルダをクリックすると、展開したり折りたたんだりすることができます。

この履歴に残されたページを消すには、消したいサイト名で右クリックします。

メニューのなかから、[削除]をクリックします。

また、[お気に入り]に登録しておきたければ、[お気に入りに追加]をクリックします。

お気に入りに追加

[警告]ダイアログボックスが表示されたら、[はい]をクリックします。

警告ダイアログボックス

フォルダの削除

サイトごと削除したい場合は、サイト名のフォルダを右クリックしてメニューから[削除]をクリックします。

フォルダ削除

今日の履歴を全部消したい場合は、下のように今日の履歴で右クリックして[削除]をクリックします。

展開されている場合は、[今日]のフォルダをクリックすると折りたたまれます。

今日フォルダクリック

履歴の保存期間を変更

履歴の保存期間は変更することができます。

メニューバーの[ツール]から[インターネットオプション]をクリックします。

インターネットオプション

[インターネットオプション]ダイアログボックスの[全般]タブをクリックします。

下段の[履歴]の[ページを履歴に保存する日数]で設定してください。

初期設定では20日になっています。 スピンボタンをクリックして日数を調整してください。

[OK]ボタンをクリックします。

その右側にある[履歴のクリア]ボタンをクリックすると、全ての履歴を削除できます。

ページを履歴に保存する日数を[0]にしても 今日の履歴は残ります。

全般タブ

また上記の方法で消せない場合は、セーフモードで消してみてください。

セーフモードで起動する方法は、セーフモードで起動するを参照してください。

セーフモードで起動する

パソコンのトラブル時に[セーフモードで起動してください]と指示されることがあります。 パソコンの起動時、Windowsのロゴが表示されてから ...

続きを見る

関連オートコンプリートも参考にしてください。

アドレスバーで以前アクセスしたアドレスを入力し始めると、途中から自動的に表示されます。

その機能をオフにする方法を紹介しています。

オートコンプリート

オートコンプリート

オートコンプリートって知っていますか? 検索サイトやWebアドレス、申し込みフォームなど、一度入力した内容を記憶しておいてくれる機能です。 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 Internet Explorer6

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.