リンクユニット

Windows 10 & Office 2016 Edge

閲覧履歴を残さないInPrivateブラウズに切り替える4つの方法

投稿日:2020年11月25日 更新日:

Microsoft EdgeでInPrivateウィンドウを使用すると、閲覧履歴データなどが保存されません。

InPrivateブラウズではウィンドウを閉じるときに、閲覧履歴だけでなく、Cookie、パスワード、アドレス、フォームデータなどが削除されて、個人情報が一切保存されません。

InPrivateウィンドウを表示する4つの方法を紹介します。

Microsoft Edgeのバージョンは、87.0.664.47での解説です。

InPrivateブラウズ

タスクバーのMicrosoft Edgeのアイコンで右クリック


タスクバーのMicrosoft Edgeのアイコンで右クリックします。

ショートカットメニューから[新しいInPrivateウィンドウ]をクリックします。

タスクバーのEdgeで右クリックして[新しいInPrivateウィンドウ]をクリック

参考時々、以下のように右クリックのショートカットメニューに[タスク]が表示されないことがあります。

この場合は、Microsoft Edgeの閲覧履歴をすべて削除すると表示されるようになります。(Windows10 バージョン1909)

ショートカットメニューに[タスク]が表示されない

閲覧履歴を削除する方法については、以下の記事で解説しています。

閲覧履歴の表示とデータのクリア

2020年1月に新しいMicrosoft Edgeがリリースされました。 Chromium ベースの新しい Microsoft Edge を ...

続きを見る

ショートカットキーを使って表示

InPrivateウィンドウを表示するショートカットキーは、[Ctrl]+[Shift]+[N]です。

キーボード[Ctrl]+[Shift]+[N]

リンクで右クリックしてショートカットメニューから表示

Webページのリンクで右クリックします。

ショートカットメニューから[新しいInPrivateウィンドウ]をクリックします。

ショートカットメニューから[新しいInPrivateウィンドウ]をクリック

[設定など]のメニューから表示

Microsoft Edgeウィンドウの右上の[…](設定など)をクリックして、[新しいInPrivateウィンドウ]をクリックします。

[設定]から[新しいInPrivateウィンドウ]をクリック

参考InPrivateウィンドウの詳細については、以下のMicrosoftの記事を参照してください。

Microsoft Edge で InPrivate ブラウズを使う(Microsoft)

InPrivateウィンドウに切り替えると、IMEのプライベートモードも自動でオンになります。

IMEのプライベートモードはEdgeやIEのInPrivateブラウズでもオンに

Windows10のIMEには、プライベートモードというのがあります。 Anniversary Updateで搭載された機能です。 既定では ...

続きを見る

Windows10のバージョンによっては、IMEに鍵マークがつかないこともあるようです。(私の環境で他に原因があるのかもしれませんが)

私の環境では、Windows10のバージョン1909では鍵マークが付きません。IE11のInPrivateブラウズでは、鍵マークが表示されます。

Microsoft Edgeのバージョンは、どれも87.0.664.47 です。

Windows10バージョン20H1のInPrivateブラウズのIME

バージョン20H1、20H2では、鍵マークが表示されています。

IMEは、バージョン20H1で登場した新しい日本語IMEです。

バージョン20H1、20H2で以前のIMEに戻すと鍵マークは表示されません。

以前のバージョンのMicrosoft IMEを使用するには

Windows10バージョン20H2のInPrivateブラウズのIME

Profile

執筆者/はま

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

-Windows 10 & Office 2016 Edge

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.