Windows XP & Office 2003 Internet Explorer 6

戻ると進むはマウスのホイールボタンやショートカットキーでも操作

投稿日:2017年1月7日 更新日:

ツールバーの[戻る]ボタンと[進む]ボタンは1回クリックすると、1つ前のページに戻ったり進んだりしますが、ボタンの横の▼をクリックして履歴を表示することができます。

また、キーボードから[Shift]キーを押しながら、マウスのホイールボタンを回しても戻ったり、進んだりできますし、ショートカットキーでも操作できます。

Internet Explorerの[戻る]と[進む]ボタン

よく見ると、ボタンのすぐ横に▼があります。

この▼をクリックすると、履歴が表示されますので、自分が戻りたいページに素早く戻ることができます。

最高9個まで表示されます。

また時々、[戻る]ボタンをクリックしても戻れないようなWebページに出会うことがあります。

そういう場合も▼ボタンをクリックして、2つ3つ前に戻るといいです。

[戻る]ボタンをダブルクリックしてもいいですが。

Internet Explorerの[戻る]ボタン

[進む]ボタンも同じです。

Internet Explorerの[進む]ボタン

[Shift]キーとマウスのホイールボタン

もう1つ、簡単な方法があります。

キーボードから[Shift]キーを押しながら、マウスのホイールボタンをクルクルまわしてみてください。

キーボード[Shift]キー

マウスのホイールボタン

手前に回すと、戻りますね。

反対だと進みます。

参考[Ctrl]キーを押したまま、マウスのホイールボタンを回すと、文字サイズや画面表示の拡大/縮小になります。

文字サイズを変更(Ctrlキーとマウスのホイールボタンで拡大/縮小)

Webサイトを閲覧してると、文字が小さくて見えにくいということはありませんか? Internet Explorerでは、文字サイズを変更でき ...

続きを見る

[Ctrl]キーとマウスのホイールボタンで画面の表示倍率を変えよう

マウスのホイール(スクロール)ボタンを使って、画面表示を大きくしたり、小さくしたりして見やすくしましょう。 マウスの真ん中にあるホイール(ス ...

続きを見る

ショートカットキー

ショートカットキーは、以下のとおりです。

戻る場合

[Alt]+[←]

あるいは[Backspace]

キーボード[Alt]+[←]

参考Microsoft Edgeの場合は、[Alt]+[←]は使用できますが、[Backspace]は使用できないようです。

進む場合

[Alt]+[→]

キーボード[Alt]+[→]

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows XP & Office 2003 Internet Explorer 6

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.