Windows 10 & Office 2016 Edge

Webページをキャプチャ(画像として保存)して手描きのメモも追記

投稿日:2021年6月14日 更新日:

Microsoft Edgeには、Webキャプチャという機能があります。

Webページの全体、または一部をキャプチャして、そのキャプチャした画像に手描きのメモを追記できます。

ダウンロードして画像として保存することもできます。

ここでは、バージョン 91.0.864.48 で解説します。

Webキャプチャ

Webキャプチャのボタンをツールバーに表示

[Webキャプチャ]ボタンをツールバーに表示する方法です。

[設定など](…)をクリックして[設定]をクリックします。

設定メニューを表示するショートカットキーは、[Alt]+[F]です。

設定メニュー

[外観]を選択して[ツールバーのカスタマイズ]から[Webキャプチャを表示]ボタンをオンにします。

[設定]の[外観]-[ツールバーのカスタマイズ]

ウィンドウが狭い場合は、左上の[メニュー]ボタンをクリックしてください。

設定の[メニュー」ボタン

参考[ツールバーのカスタマイズ]にある[コレクション]については、以下の記事で解説しています。

Webページを閲覧していて気になったら【コレクションに追加】

Microsoft Edgeには、コレクションという機能があります。バージョン81以上であれば、利用できます。 ここでは、バージョン 91. ...

続きを見る

ツールバーの[Webキャプチャ]ボタン

ツールバーに[Webキャプチャ]ボタンが表示されます。

クリックすることで、ウィンドウ右側のコレクションの表示/非表示を切り替えられます。

ツールバーの[Webキャプチャ]ボタン

参考ボタンは表示していなくても、右クリックのショートカットメニューから操作することもできます。

ショートカットメニューの[Webキャプチャ]

また、ショートカットキーは、[Ctrl]+[Shift]+[S]です。

キーボード[Ctrl]+[Shift]+[S]

アクセスキーを表示する設定は、以下の記事で解説しています。

アクセスキーの下線を表示する設定(Edgeではアクセスキーの表示)

メモ帳などのアプリケーションのコマンドの横にアルファベットが表示されて、[Alt]キーを押した後、そのアルファベットをキーボードから押すこと ...

続きを見る

Webページをキャプチャ

ツールバーの[Webキャプチャ]をクリックします。

ウィンドウが薄暗くなって、以下のバーが現れます。

Webキャプチャのメユーバー

エリアをキャプチャする

[エリアをキャプチャする]をクリックすると、ドラッグしてページの一部を取り込むことができます。

[エリアをキャプチャする]を選択

キャプチャしたい箇所をドラッグします。

マウスから指を離すと、右下にメニューが現れます。

コピーを選択

[コピー]をクリックします。

ドラッグで範囲選択

クリップボードに保存され、[コピー済み]と表示されます。

[コピー]ボタンをクリックした後-[コピー済み]が表示

このまま、WordやOutlookなどに貼り付けができます。

以下は、[Ctrl]+[V]でWordに貼り付けています。

キーボード[Ctrl]+[V]

WordにWbキャプチャしたものを貼り付け

マークアップキャプチャを選択

右下のメニューから[マークアップキャプチャ]をクリックすると、

[マークアップキャプチャ]をクリック

手描きができる画面に切り替わります。

手描きウィンドウ

手描きの▼をクリックすると、ペンの色と太さを変更できます。

Webキャプチャのペンの色と太さを変更

[手描き]をクリックすると、マウスポインターが鉛筆マークになり書き込みができます。

手描きしたWebキャプチャ

[消去]ボタンをクリックすると、マウスポインターが[消しゴム]になり、ドラッグすると一筆で描いた部分が削除されます。

Webキャプチャの[消去]ボタン

[コピー]ボタンをクリックすると、クリップボードに保存されます。

Webキャプチャの[コピー]ボタン

ここでも[コピー済み]と表示されます。

コピー後に[コピー済み]と表示

ページ全体をキャプチャ

[ページ全体をキャプチャ]をクリックすると、ページ全体をキャプチャして取り込むことができます。

Webキャプチャの[ページ全体をキャプチャ]

クリックすると、すぐに手描きができる画面になります。

Webキャプチャの手描きウィンドウ(全体表示)

参考[about:blank]の空白(白紙)ページを表示して[ページ全体をキャプチャ]をクリックすると、ホワイトボード代わりにもなります。

空白ページとは、以下のようなページです。アドレスバーに[about:blank]と入力すると表示されます。

about:blank

[about:blank]ページ

空白(白紙)ページは、[ホームページ]や[起動時のページ]に設定することもできます。

[ホーム]ボタンの表示/非表示とホームページの設定

Microsoft Edgeで[ホーム]ボタンを表示しておくと、クリックして指定したWebページを表示できます。 既定では[ホーム]ボタンに ...

続きを見る

Microsoft Edgeを起動したときに表示するページの設定

Microsoft Edgeの起動時の設定には、[新しいタブを開く][中断したところから続行する][特定のページを開く]の3つの選択肢があり ...

続きを見る

コピーしたものをまとめて貼り付けるには

Windows 10のクリップボードを使用すると、まとめて貼り付けられます。

キーボードから[Windows]+[V]を押すと、

キーボード[Windows]+[V]

クリップボードが現れ、クリップボードの履歴が表示されます。

クリップボード

詳細は、以下の記事に記しています。

[Windows]+[V]でクリップボードの履歴を表示して貼り付け

Windows10 バージョン1809では、クリップボードの履歴を保存できるようになりました。 この機能を使うと、過去のコピーや切り取りした ...

続きを見る

画像として保存(ダウンロード)

キャプチャしたものは、画像として保存できます。

Webキャプチャの[保存]ボタンをクリックするだけです。

Webキャプチャの[保存]ボタン

[ダウンロード]ウィンドウが表示されますので、[ファイルを開く]をクリックすると、すぐに画像を表示できます。

[フォルダーに表示]ボタン、または[ダウンロードフォルダーを開く]ボタンをクリックすると、[ダウンロード]フォルダーが開きます。

[ダウンロードフォルダーを開く]ボタン

画像は、[ダウンロード]フォルダーに[Webキャプチャ]という名前で保存されています。

拡張子は[.jpeg]です。

ダウンロードフォルダーに保存された画像

Webキャプチャの終了

Webキャプチャを終了するには、[X]ボタンをクリックします。

Webキャプチャの[X]ボタン

または、[Esc]キーを押します。

キーボード[Esc]キー

手描きした場合は、以下のメッセージが表示されます。

[OK]ボタンをクリックすると、終了できます。

メッセージウィンドウ

参考画面をキャプチャする方法は、いろいろあります。

[Windows]+[Shift]+[S]で画面領域切り取り(PrintScreenに割り当ても可)

Windows10では、Creators Updateで、新しいショートカットキーが追加されました。 Windows10のバージョン 170 ...

続きを見る

画面をコピーして貼り付けよう(スクリーンショット)

ディスプレイの画面をそのまま画像として貼り付ける方法を解説します。 プリントスクリーンという機能を使って、画面をキャプチャーしたものを貼り付 ...

続きを見る

【スクリーンショット】ボタンでアプリケーションの画面を簡単挿入

[挿入]タブに[スクリーンショット]という機能があります。Office2010からの新機能です。 スクリーンショットのボタンは、WordとE ...

続きを見る

バージョンの確認

他の記事も検索してみませんか?

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 10 & Office 2016 Edge

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.