Windows10 & Office2016 Edge

Print Friendly

検索プロバイダーの変更

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Windows10に標準搭載のEdgeは、Internet Explorerに代わる新しいブラウザです。
Edgeの既定の検索プロバイダーは、Bingです。この既定の検索プロバイダーをGoogleやYahooに変更する方法です。まず、EdgeでGoogleYahoo!検索に一度アクセスします。
Edgeの右上にある[他の操作](…)をクリックして、[設定]をクリックします。
Edge設定

下へスクロールして[詳細設定を表示]をクリックします。
詳細設定を表示

また、下へスクロールすると、[アドレスバーでの検索時に使う検索プロバイダー]がありますので、その中でクリックすると、[<新規追加>]が現れますので、それをクリックします。
新規追加

YahooやGoogleが表示されますので、目的のプロバイダーを選択して、[既定に追加]をクリックします。これで完了です。ここでは、Googleを選択しています。
既定に追加

確認のために、再度 [アドレスバーでの検索時に使う検索プロバイダー]を表示してみます。Googleに変更されています。
検索プロバイダーの確認

あなたへのおすすめ

関連記事

3Dマップを使って地図上にグラフを簡単作成

Excel2016の新機能です。 3Dマップというコマンドを使って、下のように地図上にグラフを簡単に作成することができます。福岡市の各区の人 ...

リレーションシップの印刷

Accessで作成したテーブル間のリレーションシップは印刷しておくと、役立つことが多いです。データベースの構成が複雑になればなるほど必要です ...

文字コメントを表示したくない

入力途中で下のようにコメントが表示されることがあります。これは、同音異義語など、変換候補の一覧で語句の意味などを付けて判別しやすいよう表示さ ...

印刷したくない文字列はテキストボックスを使うと便利

Wordには、隠し文字という機能があるのですが、Excelには隠し文字の機能はありません。もし、Excelで印刷したくない文字列があるならば ...

ワードアートの挿入

Wordでタイトルなどを少し目立たせたい、またはグラフィカルな文字にしたいということがありますね。そういう時に使うと便利なのがワードアートで ...

-Windows10 & Office2016 Edge

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.