リンクユニット

Windows 10 & Office 2016 Edge

Microsoft EdgeでWebページの背景グラフィックスを印刷する

投稿日:

Microsoft EdgeでWebページの背景グラフィックスを印刷する方法です。

おそらく新Edge(2020年1月リリース)になってから印刷できるようになったのではないかと思います。

印刷設定の[オプション]に[背景のグラフィックス]という設定項目があるので、チェックをオンにするだけです。

Webページのヘッダーとフッターの印刷もできます。オンにすると、ヘッダーに印刷日を挿入できます。

Microsoft Edgeで知っておくと便利な印刷設定を紹介します。

Microsoft Edgeの印刷設定[背景のグラフィックス]

参考Microsoft Edgeのバージョン 87.0.664.66 での解説です。

Microsoft Edgeの印刷設定を表示する方法


Microsoft EdgeでWebページを印刷する場合の方法です。

[設定など]のメニューから表示する方法と、右クリックのショートカットメニューから表示する方法があります。

また、ショートカットキーで表示することもできます。

[設定など]のメニューの[印刷]をクリック

Microsoft Edgeウィンドウの右上にある[…](設定など)をクリックして、メニュー一覧から[印刷]をクリックします。

[設定など]のメニュー一覧から[印刷]をクリック

右クリックのショートカットメニューから[印刷]をクリック

Webページで右クリックして、ショートカットメニューから[印刷]をクリックします。

ショートカットメニューの[印刷]

ショートカットキーで表示

[印刷]設定を表示するショートカットキーは、[Ctrl]+[P]です。

キーボード[Ctrl]+[P]

Webページの背景グラフィックスを印刷するには

上記のいずれかの方法で[印刷]設定画面を表示します。

右側に印刷プレビューが表示され、左側に印刷設定が表示されます。

[その他の設定]をクリックして、展開します。

印刷設定の[その他の設定]

以下の画像の赤枠で囲っている箇所が表示されます。

  • 用紙サイズ
  • 拡大/縮小
  • シートごとのページ数
  • 余白
  • ヘッダーとフッター
  • 背景のグラフィックス

その他の設定を展開した時のコマンド

ここに[背景のグラフィックス]という項目があるので、チェックボックスをオンにして印刷します。

[背景のグラフィックス]の設定

オンにした時とオフにした時の違いは、右側のプレビューで確認できます。

以下は[背景のグラフィックス]をオンにした時のプレビューです。

[背景のグラフィックス]をオンにした時のプレビュー

以下は[背景のグラフィックス]をオフにした時のプレビューです。

[背景のグラフィックス]をオフにした時のプレビュー

参考Microsoft EdgeでもHTMLファイルを作成して、印刷時に[背景のグラフィックス]をオンにすると、オリジナルの用紙を作成できるということです。

オリジナル模様入り用紙(HTMLファイル)を簡単作成

好きな画像を使って、写真のようなオリジナルのきれいな模様入り用紙(A4サイズ)を作成してみませんか? この用紙を元に、CDケースなどプレゼン ...

続きを見る

ヘッダーとフッターの印刷

印刷設定の[その他の設定]を開くと、[オプション]に[ヘッダーとフッター]の項目もあります。

オンにすると、ヘッダーとフッター情報も印刷できるようになります。

ヘッダーには、現在の日付Webページのタイトルが表示されます。

[ヘッダーとフッター]をオンにした時のヘッダー

フッターには、WebページのURLが表示されます。

[ヘッダーとフッター]をオンにした時のフッター

Webページの一部分(選択範囲)のみを印刷する

Webページの選択した部分のみを印刷することもできます。

Webページで範囲選択すると、設定項目が現れます。

印刷したい箇所をマウスでドラッグして、範囲選択します。

そして、印刷設定を表示します。ここでは、右クリックしてショートカットメニューの[印刷]をクリックします。

Webページを範囲選択して印刷

[オプション]に[選択範囲のみ]という項目がありますので、オンにして印刷します。

参考範囲選択している部分がないと、このメニューは表示されません。

[オプション]の[選択範囲のみ]

余白の設定

また、余白の設定もできます。

4つの選択肢があります。いずれもプレビューで確認しながら、設定できます。

  • 既定値
  • なし
  • 最小
  • ユーザー設定

Microsoft Edgeの余白の設定

[ユーザー設定]を選択すると、右側のプレビュー側で余白の線にマウスを合わせてドラッグで調整できます。

[余白]で[ユーザー設定]を選択

参考用紙を節約して印刷したいのであれば、[拡大/縮小(%)]や[シートごとのページ数]も役立ちます。工夫してみてください。

PDFとして保存

印刷設定の[プリンター]で[PDFとして保存]、または[Microsoft Print to PDF]という選択肢があります。

どちらを選択しても、PDFとして保存できます。

[プリンター]の[PDFとして保存]と[Microsoft Print to PDF]

この2つの違いは、[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示した時に、[ファイル名]にタイトル名が入るか、入らないかです。

[PDFとして保存]は、Webページのタイトルが入ります。

以下で解説しています。

Edgeの[PDFとして保存]と[Microsoft Print to PDF]の違い

Profile

執筆者/はま

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

-Windows 10 & Office 2016 Edge

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.