Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Internet Explorer10

一時ファイルを自動的に削除

投稿日:2017年1月7日 更新日:

インターネットオプションには、[ブラウザーを閉じたとき、[Temporary Internet Files]フォルダを空にする]という設定項目があります。

インターネット一時ファイルとは、Webページの情報を一時的にパソコン内に保存しておく機能です。

そのため、再度、同じWebページを見るときに素早く表示できるようになります。

ですが、一時ファイルが溜まると、それが原因で諸々のトラブルが発生することがあります。

インターネットオプションの表示

ウィンドウの右上にある[ツール]ボタンから[インターネットオプション]をクリックします。

インターネットオプション]

あるいは、メニューバーの[ツール]から[インターネットオプション]をクリックします。

ツールメニュー

メニューバーが表示されていない場合は、アドレスバーの右横辺りで、右クリックします。

ショートカットメニューから[メニューバー]をクリックします。

一時的に表示する場合は、キーボードから[Alt]キーを押します。

ブラウザーを閉じたとき、[Temporary Internet Files]フォルダを空にする

[インターネットオプション]ダイアログボックスの[詳細設定]タブの[セキュリティ]内にあります。

[ブラウザーを閉じたとき、[Temporary Internet Files]フォルダを空にする]のチェックボックスをクリックしてオンにします。

これでInternet Explorerを終了するたびに自動的に一時ファイルが削除されるようになります。

詳細設定

一時ファイルが溜まると、いろいろな弊害があるようです。

もちろん、IEの他のバージョンにもこの機能はありますので、ぜひ設定されることをお勧めします。

また、一時ファイルを削除する方法はインターネット一時ファイルで解説しています。

以下の記事も参考になると思います。

WebのPDFが更新されない

WebにPDFファイルをUPしたけど、PDFファイルが更新されないという場合は、一時ファイルなどのキャッシュを削除すると表示されるようになり ...

続きを見る

IEで何か不具合があったら、まず一時ファイルを削除してみてください。

おすすめ記事と広告

-Windows8 & Office2013 Internet Explorer10

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.