Windows 7 & Office 2010 Internet Explorer 8

閲覧の履歴の削除

投稿日:2017年1月7日 更新日:

インターネット一時ファイルなどが溜まりすぎると、さまざまなトラブルの原因になるようです。

時々、保存された情報を削除して快適なPCにしましょう。

閲覧の履歴の削除

Internet Explorer 8を起動すると、右側上部に[セーフティ]ボタンがあります。

[セーフティ]ボタンをクリックして、[閲覧の履歴の削除]をクリックします。

[セーフティ]ボタン

[閲覧の履歴の削除]ダイアログボックスが表示されます。

内容をよく読んで、必要な箇所にチェックを入れます。

[削除]ボタンをクリックします。

閲覧の履歴の削除

ショートカットキー

[閲覧の履歴の削除]ダイアログボックスを表示するショートカットキーは、[Ctrl]+[Shift]+[Dell]です。

キーボード[Ctrl]+[Shift]+[Dell]

注意[閲覧の履歴の削除]ダイアログボックスの一番上の[お気に入り Web サイトデータを保持する]ですが、以下のように記されています。

お気に入り Web サイトの基本設定を保持したり、ページを素早く表示したりするために使用される、Cookieとインターネット一時ファイルを保持します。

ここにチェックを入れたまま削除すると、お気に入りWebサイトのCookieと一時ファイルは保持されることになります。

お気に入りWebサイトのCookieと一時ファイルも削除したい場合は、チェックボックスをオフにします。

[ツール]メニューから表示

[閲覧の履歴の削除]は、メニューバーの[ツール]からも表示することができます。

[ツール]メニューの[閲覧の履歴の削除]

参考メニューバーが表示されていないときは、ツールバーで右クリックしてください。

ショートカットメニューで表示/非表示を選択することができます。

[コマンドバー]が表示されていない場合も、ショートカットメニューから操作してください。

ショートカットメニューから[メニューバー]を選択

また、一時的にメニューバーを表示したいときは、[Alt]キーを押します。

再度、非表示にする時も[Alt]キーを押します。

キーボード[Alt]キー

参考以下の記事も参考になると思います。

一時ファイルを自動的に削除する設定とスーパーリロード

インターネットオプションには、[ブラウザーを閉じたとき、[Temporary Internet Files]フォルダを空にする]という設定項 ...

続きを見る

Webにアップしたファイルが更新されない

Webで表示できるようにしているファイルを更新するためUPしたけど、ファイルが更新されないという場合は、一時ファイルなどのキャッシュを削除す ...

続きを見る

バージョンの確認

他の記事も検索してみませんか?

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 Internet Explorer 8

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.