リンクユニット

Windows8 & Office2013 Internet Explorer10

IE11への自動アップグレードを無効にする

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Internet Explorer10からInternet Explorer11への自動アップグレードを無効にする方法です。

バージョン情報の表示

メニューバーの[ヘルプ]から[バージョン情報]をクリックします。
ヘルプメニュー

または、[ツール]から[バージョン情報]をクリックします。
ツールボタン

[新しいバージョンを自動的にインストールする]のチェックをオフ

[Internet Explorerのバージョン情報]から[新しいバージョンを自動的にインストールする]のチェックボックスをオフにして、[閉じる]ボタンをクリックして閉じます。既定はオンになっています。
バージョン情報

MicrosoftのDownload Internet Explorer 11 自動配布の無効化ツールキットを活用する方法もあります。

IE11をインストールしてしまったら

もし、間違ってInternet Explorer 11をインストールしてしまった場合は、Windows Updateから[インストールされた更新プログラム]をクリックして、Internet Explorer 11をアンインストールしてください。(画像はWindows7です)
Windows Update

元のバージョンに戻ります。
インストールされた更新プログラム

コントロールパネルの[プログラムと機能]から[インストールされた更新プログラム]をクリックして表示しても同じす。
プログラムと機能

注意[Windowsの機能の有効化または無効化]から[Internet Explorer11]を無効化にすると、Internet Explorerが使用できなくなりますので気をつけてください。

Blogの関連記事です。
Internet Explorer 用のセキュリティ更新プログラム (2965111)

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

2つのセルの文字列を比較して同じ文字列かどうかを確認する方法

Excelで2つのセルに入力された文字列が合っているかどうかを確認する方法です。 下のようにB列とC列に文字列が入力されています。 B1=C ...

レコードの更新日時を保存する

Accessで更新日時を保存したいということは多いですね。 テーブルに[更新日時]フィールドを追加 まずテーブルに[更新日時]という[日付/ ...

添付ファイル型のフィールド名変更

Access2007からデータ型に[添付ファイル]が登場しました。 データ型に添付ファイル この添付ファイル型のフィールド名はデザインビュー ...

選択したセルの色でフィルター

Excelで下のように色分けした表を作成して、セルの色で絞り込む方法です。Excel2007からの機能です。便利なので、ぜひ活用してみてくだ ...

目的別スライドショーは印刷も可能

PowerPointでは、用途に合わせてスライドを調整し登録することができる[目的別スライドショー]という機能があります。この[目的別スライ ...

-Windows8 & Office2013 Internet Explorer10

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.