Windows8 & Office2013 Internet Explorer10

Print Friendly

IE11への自動アップグレードを無効にする

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Internet Explorer10からInternet Explorer11への自動アップグレードを無効にする方法です。

メニューバーの[ヘルプ]から[バージョン情報]をクリックします。
ヘルプメニュー

または、[ツール]から[バージョン情報]をクリックします。
ツールボタン

[Internet Explorerのバージョン情報]から[新しいバージョンを自動的にインストールする]のチェックボックスをオフにして、[閉じる]ボタンをクリックして閉じます。既定はオンになっています。
バージョン情報

スポンサーリンク

MicrosoftのDownload Internet Explorer 11 自動配布の無効化ツールキットを活用する方法もあります。


もし、間違ってInternet Explorer 11をインストールしてしまった場合は、Windows Updateから[インストールされた更新プログラム]をクリックして、Internet Explorer 11をアンインストールしてください。(画像はWindows7です)
Windows Update

元のバージョンに戻ります。
インストールされた更新プログラム

コントロールパネルの[プログラムと機能]から[インストールされた更新プログラム]をクリックして表示しても同じす。
プログラムと機能

※[Windowsの機能の有効化または無効化]から[Internet Explorer11]を無効化にすると、Internet Explorerが使用できなくなりますので気をつけてください。

Blogの関連記事です。
Internet Explorer 用のセキュリティ更新プログラム (2965111)

お勧め記事と広告

関連記事

Excelのデータをインポート

AccessにExcelのデータをインポートしてテーブルを作成する方法です。操作は簡単なのですが、なかなか思うように行かないこともあります。 ...

クイックアクセスツールバーにプロパティを追加

Accessでデータベースを作りこんでいくうちにバックアップを取ったり、保存先を変更したりしていると、今、どのデータベースを開いているのかし ...

ランダムな数字を生成するRandomGenerator

Excel2013以降では、無料のアドインを使用することができます。People Graphは、すでに紹介していますが、 今回はランダムな数 ...

稼働日数を求める

稼働日数を求める関数を紹介します。 Excel2013の新機能というわけではありません。他のバージョンでも出来ます。 下のようにD列に開始日 ...

2つのファイルを比較できるINQUIRE

Excel2013では、INQUIREというアドインを使用して、2つのファイルを比較して違いを表示することができます。 まず、アドインを有効 ...

-Windows8 & Office2013 Internet Explorer10

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.