リンクユニット

Windows8 & Office2013 Internet Explorer10

IE11への自動アップグレードを無効にする

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Internet Explorer10からInternet Explorer11への自動アップグレードを無効にする方法です。

バージョン情報の表示

メニューバーの[ヘルプ]から[バージョン情報]をクリックします。
ヘルプメニュー

または、[ツール]から[バージョン情報]をクリックします。
ツールボタン

[新しいバージョンを自動的にインストールする]のチェックをオフ

[Internet Explorerのバージョン情報]から[新しいバージョンを自動的にインストールする]のチェックボックスをオフにして、[閉じる]ボタンをクリックして閉じます。既定はオンになっています。
バージョン情報

MicrosoftのDownload Internet Explorer 11 自動配布の無効化ツールキットを活用する方法もあります。

IE11をインストールしてしまったら

もし、間違ってInternet Explorer 11をインストールしてしまった場合は、Windows Updateから[インストールされた更新プログラム]をクリックして、Internet Explorer 11をアンインストールしてください。(画像はWindows7です)
Windows Update

元のバージョンに戻ります。
インストールされた更新プログラム

コントロールパネルの[プログラムと機能]から[インストールされた更新プログラム]をクリックして表示しても同じす。
プログラムと機能

注意[Windowsの機能の有効化または無効化]から[Internet Explorer11]を無効化にすると、Internet Explorerが使用できなくなりますので気をつけてください。

Blogの関連記事です。
Internet Explorer 用のセキュリティ更新プログラム (2965111)

一度は読んでおきたい、お勧めのテキストです。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

バージョン情報の確認

Office2013のバージョンを確認する方法です。Office2010の時と異なるため、戸惑われる方も多いようです。 Wordで解説します ...

People Graph(Office用アプリ)

Office2013では、Office用アプリを挿入して使うことができます。[挿入]タブの[アプリ]グループを見ると、[People Gra ...

コンボボックスの2列目の値を取得

Access2013のフォームでコンボボックスの2列目の値を取得する方法です。他のバージョンでも同じです。 テーブルの確認 商品テーブルは下 ...

PowerPoint2013もリーダーはない

PowerPointでは、前バージョンからリーダーの設定はできませんでした。 PowerPointでリーダーの設定はできない(PowerPo ...

ページ指定印刷はページ番号で

Word2013でページ指定をして印刷する方法です。 ページ番号の挿入 作成した文書にページ番号を挿入します。 [挿入]タブにある[ヘッダー ...

-Windows8 & Office2013 Internet Explorer10

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.