Windows XP & Office 2003 Windows XP

タスクバーの固定を外して日付に曜日を表示/タスクバーを縦に配置

投稿日:2017年1月7日 更新日:

タスクバーの右側には、日付と時計表示がありますね。

ここに曜日も表示することができます。

タスクバーの固定をオフにして、高さを広げると曜日が表示されます。

また、タスクバーは、画面の下側だけでなく画面の左右や上に移動させることができます。

タスクバーに曜日を表示

参考画像はWindows XPですが、Windows 10でも同じ操作ができます。

以下の画像は、Windows 10 バージョン20H2です。

Windows10のタスクバーに曜日を表示

Windows 10でタスクバーの日付に曜日を表示するようにカスタマイズする方法は、以下の記事で解説しています。

タスクバーの日付に曜日を表示

Windows10でタスクバーの日付を和暦(年号)表示にするには

Windows 10のタスクバーの右端に日付が表示されていますね。この日付は和暦(元号)に変更することができます。 Windowsの設定から ...

続きを見る

タスクバーの固定を外す


タスクバーの何もないところで右クリックします。

ショートカットメニューから[タスクバーを固定する]をクリックして、チェックを外します。

タスクバーで右クリック[タスクバーを固定する]

参考Windows 10のショートカットメニューです。

Windows 10のタスクバーで右クリックした時のショートカットメニュー

タスクバーを上へドラッグ

タスクバーの境界にマウスを合わせると上下矢印の形になります。

このときに少し上へドラッグします。

タスクバーの境界線をドラッグ

タスクバーの高さが広がり、曜日も表示されるようになります。

タスクバーに曜日を表示

参考Windows 10でも、同じように操作できます。

Windows10のタスクバーをドラッグ

タスクバーを固定

再度、右クリックしてショートカットメニューから[タスクバーを固定する]にチェックを入れておきましょう。

タスクバーの高さを広げて固定

上のタスクバーは、[アクティブでないインジゲータを隠す]設定になっています。

常に表示する方法は、以下の記事を参照してください。

タスクバーのインジゲータを常に表示しておきたい

Windows 10での設定は、以下で解説しています。

タスクバーの通知領域に表示するアイコンの表示/非表示を選択

Windows10でタスクバーの通知領域に表示されるアイコンのカスタマイズ方法です。 通知領域とは、タスクバーの右端(日付や時刻、入力モード ...

続きを見る

タクスバーの移動

また、[タスクバーを固定する]のチェックを外すと、タスクバーを縦に移動したりすることもできます。

デスクトップの上や左側に設定することもできます。タスクバーをドラッグするだけです。

タスクバーを画面の右へ移動

以下の画像は、Windows 10でタスクバーを右側に表示しています。

Windows10でタスクバーを右側に表示

Windows 10でドラッグでタスクバーを移動させるのが難しい場合は、設定で操作すると簡単です。

デスクトップ上の何もないところで右クリックして、ショートカットメニューから[個人用設定]をクリックします。

ショートカットメニューの[個人用設定]

個人用設定の[タスクバー]を選択して、[画面上のタスクバーの位置]で設定します。

タスクバーを固定したままでも設定できます。

以下の画像は、Windows 10バージョン20H2です。

個人用設定の[タスクバー]-[画面上のタスクバーの位置]

参考ツールバーウィンドウも、タスクバーと同じようにデスクトップの四隅に設定することができます。

フォルダをデスクトップの端へドラッグ・アンド・ドロップするとフォルダがツールバーになります。

以下の記事で解説しています。

ツールバーウィンドウ

また、タスクバーを非表示にすることもできます。

タスクバーを表示したくない

バージョンの確認

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows XP & Office 2003 Windows XP

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.