Google検索

Windows10 & Office2016 Windows10

Windows10でタスクバーの日付を和暦(年号)表示にするには

投稿日:2019年1月16日 更新日:

Windows10のタスクバーの右端に日付が表示されていますね。この日付は和暦に変更することができます。

タスクバーの日付表示

Windows7での変更方法は、以下の記事で解説しています。

タスクバーの日付を和暦(年号表示)にするには

Windows 7のタスクバーの右端には、日付と時間が表示されています。 この日付を和暦に変更する方法です。 【和暦表示】 参考Window ...

続きを見る

短い形式と長い形式

タスクバーの日付は、ポイントするとポップアップが表示されます。

タスクバーの日付のポップアップ

このポップアップで表示されるのが[長い形式]で、タスクバーの日付は[短い形式]になります。

[長い形式]と[短い形式]のどちらを和暦にしたいのか?どちらも和暦にしたいのか?で設定が変わってきます。

まず、[長い形式]と[短い形式]があることを知っておいてください。

長い形式と短い形式

[形式のカスタマイズ]ダイアログボックスの表示

Windows10のバージョンは、1803での解説です。

タスクバーの日付の箇所で右クリックします。ショートカットメニューから[日付と時刻の調整]をクリックします。

タスクバーの日付の箇所で右クリック

[設定]の[日付と時刻]が表示されます。

下へスクロールします。[関連設定]の[日付、時刻、地域の追加設定]をクリックします。

[設定]の[日付と時刻]

コントロールパネルの[地域]の[形式]タブが表示されます。下方にある[追加の設定]をクリックします。

[地域]の[形式]タブ

[形式のカスタマイズ]ダイアログボックスが表示されます。[日付]タブをクリックします。

[形式のカスタマイズ]ダイアログボックス

参考コントロールパネルの[日付、時刻、または数値の形式の変更]をクリックしても、上記と同様の[形式のカスタマイズ]ダイアログボックスを表示することができます。

コントロールパネル

カレンダーの種類を[和暦]に変更

カレンダーの種類は、既定で[西暦(日本語)]が選択されています。

▼ボタンをクリックして、[和暦]を選択します。

形式のカスタマイズで和暦を選択

和暦を選択しただけで、[例]の[長い形式]が和暦になると思ったのですが、私の環境では変わりませんでした。

もし、和暦になっていなければ、[形式のカスタマイズ]ダイアログボックスの右下にある[適用]ボタンをクリックします。

形式のカスタマイズの[適用]ボタン

すると、[例]にある表示が下のように変わると思います。

形式のカスタマイズ[例]

[例]に表示される形式でこれで[OK]ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じていけばいいです。

タスクバーの日付をポイントして表示される[長い形式]は、以下のようになります。

タスクバーの長い形式が和暦

形式の変更

[短い形式]も[長い形式]も形式を変更することができます。

[短い形式]の▼ボタンをクリックすると、[和暦]の場合は、6種類の表示形式の選択肢があります。

短い形式の選択肢

[長い形式]の▼ボタンをクリックすると、[和暦]の場合は、10種類の表示形式の選択肢があります。

長い形式の選択肢

[短い形式]も[長い形式]も選択肢の中から形式を選択したら、右下の[適用]ボタンをクリックして、[例]に表示される形式を確認します。

選択して適用ボタンをクリックして確認

タスクバーの長い形式は一行表示になるものと2行表示のものがあります。[適用]ボタンをクリックした後、タスクバーをポイントして確認してください。

参考[長い形式]の形式をコピーして、[短い形式]へコピーして貼り付けしてもOKです。

データ形式の表記は、ダイアログボックスに表示されているとおりです。直接入力してもOKです。

d,dd=日; ddd,dddd=曜日; M=月; y=年; gg=元号

元号を表示するには、[gg]が含まれている形式にします。

データ形式の表記

参考和暦に変更した後の形式の変更は、[設定]から行うこともできます。

設定の[日付と時刻の形式を変更する]

短い形式が反映される箇所

短い形式を和暦などに変更すると、フォルダー内で表示形式を詳細表示にした場合、更新日時が和暦になります。

短い形式を以下のように選択します。

短い形式を和暦に変更

フォルダー内の更新日時は、以下のようになります。

更新日時の表示形式

Internet Explorerの印刷時のヘッダーとフッター

[短い形式]と[長い形式]は、Internet Explorerの[ページ設定]のヘッダーやフッターの選択肢の中にもあります。

Internet Explorer11で[ページ設定]をクリックします。ヘッダーとフッターの▼ボタンをクリックすると、選択肢の中に[日付(短い形式)]と[日付(長い形式)]があります。

IEのページ設定 ヘッダーとフッター

以下は、ヘッダーの右側に[日付(長い形式)]を選択した場合の印刷プレビューです。

印刷プレビュー

ヘッダーとフッターの配置は、上段が左側、中段が中央、下段が右側になります。

ページ設定 ヘッダーとフッターの位置

既定に戻すには

表示形式を既定に戻すには、[リセット]ボタンをクリックします。数値や通貨などの設定もリセットされます。

形式のカスタマイズのリセットボタン

設定の[日付と時刻の形式を変更する]

和暦にするには、コントロールパネルの[形式のカスタマイズ]で設定しなければなりませんが、形式だけの変更であれば、もっと簡単にできます。

タスクバーの日付の箇所で右クリックします。ショートカットメニューから[日付と時刻の調整]をクリックします。

タスクバーの日付の箇所で右クリック

[設定]の[日付と時刻]が表示されます。

下へスクロールします。[日付と時刻の形式を変更する]をクリックします。

日付と時刻

現在の形式が表示されます。

日付と時刻の形式を変更する

和暦を選択している場合は、ここの選択肢も和暦になります。

以下は、[日付(長い形式)]の▼ボタンをクリックして、選択肢を表示しています。スクロールすると、もう一種類の形式が表示され、すべてで10種類の形式があります。

選択すると、タスクバーの日付にすぐに反映されます。

参考[形式のカスタマイズ]での設定のように形式をコピーして貼り付けたり、直接入力することはできません。

日付(長い形式)の選択肢

おすすめ記事と広告

-Windows10 & Office2016 Windows10

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.