Windows 10 & Office 2016 Windows 10

タスクバーとスタートとアクションセンターなどに好みの色を設定

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Windows10ではスタートメニュー、タスクバー、アクションセンターなどにアクセントカラーを選択して、カスタマイズすることができます。

バージョン 1909での解説です。

バージョン 2004 以降は、アクセントカラーが変換候補内のフォーカスの色にも反映されるようになっています。

Windowsの設定の[個人用設定]の[色]タブ

Windows設定の[個人用設定]を表示

デスクトップ上の何もないところで右クリックします。

ショートカットメニューから、[個人用設定]をクリックします。

ショートカットメニューの[個人用設定]

あるいは、Windowsの設定から[個人用設定]をクリックします。

Windowsの設定は、スタートの[設定]をクリックするか、ショートカットキー[Windows]+[i]を使用します。

キーボード[Windows]+[i]

Windows設定を表示して、[個人用設定]をクリックします。

Windows設定の個人用設定

個人用設定の[色]

バージョン1903以降は、[色を選択する]という項目が追加されています。

選択肢は、[白]、[黒]、[カスタム]です。

バージョン2004では、[ライト]、[ダーク]、[カスタム]になっています。

[既定のアプリモードを選択します]は、バージョン1809にもあったと思います。

[既定のWindowsモードを選択してください]は、バージョン1909からです。

Windowsモードの黒、または白を選択すると、タスクバーとスタートとアクションセンターの色の選択になります。

既定のアプリモードは、ウィンドウの背景色になります。Windows設定やMicrosoft Storeの背景色も変わります。

注意[既定のWindowsモードを選択してください]で[白]を選択すると、[以下の場所にアクセントカラーを表示します]で[スタートメニュー、タスクバー、アクションセンター]の選択が無効になりますので、注意してください。

[スタート、タスクバー、アクションセンター]にアクセントカラーを表示したい場合は、[黒]か[カスタム]を選択します。

[カスタム]を選択しても、Windowsモードは[黒]を選択しないと無効になります。

バージョン1909の色設定

[既定のWindowsモードを選択してください]で[白]を選択すると、スタートメニューも白になります。

[黒]を選択すると、いわゆるダークモードになります。

[透明効果]はオフにしている状態です。[透明効果]をオンにすると、スタートメニューの背景にも反映されます。

Windowsモード[白]の時のスタートメニュー

参考バージョン2004以降では、[色を選択する]の選択肢は、[白]、[黒]、[カスタム]です。

Windows10バージョン2004の色の選択

また、カスタムを選択して[既定のWindowsモードを選択してください]の選択肢も[ライト]と[ダーク]になっています。

Windows10バージョン2004-色選択

アクセントカラーの選択

スタートメニューのタイルの色などを変更したい場合は、[アクセントカラーを選ぶ]の[Windowsの色]から選択します。

既定の色は、ポイントすると[既定の青]と表示されます。

[アクセントカラーを選ぶ]の[Windowsの色]

ここでは、例として[イエローゴールド]を選択してみます。

選択すると、すぐに上部のプレビューで確認できます。

Windowsの色で[イエローゴールド]を選択

ただ、スタートメニューのタイルは、アプリによって色が変わらないものもあります。

設定後のスタートメニュー

参考バージョン20H2では、上記と同じ設定してもタイルの色は変わりません。

20H2のスタートメニュー

変換候補のフォーカスの色にも反映

Windows10のバージョン2004以降は、アクセントカラーの色が変換候補内でフォーカスされる色にも反映されるようになっています。

バージョン20H1での変換候補

参考従来のIMEに戻すと、変換候補のフォーカスの色には反映されません。新しい日本語IMEは、従来のIMEに戻すこともできます。

以前のバージョンのMicrosoft IMEを使用するには

アクセントカラーの表示箇所を設定

アクセントカラーは、表示する箇所を指定できます。

[以下の場所にアクセントカラーを表示します]でチェックボックスをオンにします。

  • スタートメニュー、タスクバー、アクションセンター
  • タイトルバーとウィンドウの境界線

再起動の必要もなく、すぐに確認できますので、任意の設定をして楽しんでください。

[以下の場所にアクセントカラーを表示します]での選択

注意[色を選択する]が[白]になっていると、[スタートメニュー、タスクバー、アクションセンター]の選択が無効になります。

[カスタム]を選択しても、Windowsモードは[黒]を選択しないと無効になります。バージョン20H2でも同じです。

[スタートメニュー、タスクバー、アクションセンター]の選択が無効

例えば、Windowsモードは[黒]、既定のアプリモードを[白]、透明効果は[オフ]、

Windowsモードは[黒]、既定のアプリモードを[白]、透明効果は[オフ]

[スタートメニュー、タスクバー、アクションセンター]のチェックボックスをオンにすると、

[スタートメニュー、タスクバー、アクションセンター]のチェックボックスをオン

スタートメニューは以下のようになります。

設定後のスタートメニュー

参考スタートメニューのカスタマイズについても記しています。

スタートメニューをカスタマイズしてフォルダーやアプリを使いやすく

Windows10のスタートメニューは、大きく3つの領域に分かれています。 [電源]などシャットダウンや再起動の時に使用するボタンが並んでい ...

続きを見る

無料のテーマをダウンロードして適用する方法は、以下の記事で解説しています。

無料のテーマをダウンロードして壁紙(デスクトップ背景)を変更

Windows 10のテーマを変更すると、デスクトップ背景も自分の好みの写真に変更できて、気分もリフレッシュできます。 自分で撮ったお気に入 ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 10 & Office 2016 Windows 10

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.