リンクユニット

Windows10 & Office2016 Windows10

Print Friendly, PDF & Email

セーフモードで起動するには

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Windows10でセーフモードで起動する方法です。2つの方法を紹介します。

スタートメニューの[電源]をクリックして、[Shift]キーを押したまま[再起動]をクリックします。
スタートメニューが起動できないようであれば、キーボードから[Ctrl]+[Alt]+[Delete]を同時に押します。
右下に[電源]のマークがありますので、それをクリックして同じように[Shift]キーを押したまま、[再起動]をクリックします。
電源

[オプションの選択]から[トラブルシューティング]をクリックします。
オプションの選択

次の画面で[詳細オプション]をクリックします。
トラブルシューティング

[スタートアップ設定]で[再起動]ボタンをクリックします。
スタートアップ設定

キーボードから、[4]もしくは[5]を押します。
スタートアップ設定

セーフモードで起動すると、黒い背景で四隅に[セーフモード]の文字が表示されています。
セーフモード

セーフモードから通常の起動に戻るには、[電源]をクリックして、[Shift]キーを押したまま[再起動]をクリックします。
電源ボタン

[オプションの選択]が表示されたら、[続行]をクリックします。これで、次回からは通常の起動となります。
オプションの選択


また、もう一つの方法として、スタートメニューの[Windowsシステムツール]から[ファイル名を指定して実行]をクリックします。ショートカットキーは、[Windows]キーと[R]キーです。
スタートメニュー

[ファイル名を指定して実行]が表示されたら、名前のテキストボックスに[msconfig]と入力して、[OK]ボタンをクリックします。
ファイル名を指定して実行

[システム構成]が表示されるので、[ブート]タブを開いて、[セーフブート]のチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックします。
システム構成

解除する場合は、同じように[システム構成]を起動して、[セーフブート]のチェックをオフにします。

関連Wimdows XPの時のセーフモードの起動は以下の記事で解説しています。

セーフモードで起動する

パソコンのトラブル時に[セーフモードで起動してください]と指示されることがあります。 パソコンの起動時、Windowsのロゴが表示されてから ...

続きを見る

一度は読んでおきたい、お勧めのテキストです。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

縦棒グラフや折れ線グラフに平均値を追加するには

Excelで支店別の売上を棒グラフや折れ線グラフで作成した後に、平均値のラインを追加したいなと思われることもあると思います。その場合の方法を ...

Word上でExcelのワークシートを操作する

Wordで文書を作成して、その中に表を作成したい時、Excelのワークシートを使って表を作成することができます。 Excelワークシートの挿 ...

Accessの宛名ラベルウィザードを起動してラベル作成

Accessのテーブルやクエリを基に宛名ラベルウィザードを使用して、宛名ラベルを作成することができます。 ここでは、テーブル[T_住所一覧] ...

スライドショー実行時にスライドのタイトル一覧を表示して目的のスライドへ移動

スライドショー実行時にスライドのタイトルの一覧を表示して、目的のスライドへ移動することができます。 表示の確認 PowerPointの表示方 ...

[きょう]と入力して今日の日付に変換、[いま]と入力して現在時刻に変換

Windows10のIMEでは、日付や現在の時刻の入力が簡単にできるようになっています。いつのアップデートで機能が追加されたのかは分かりませ ...

-Windows10 & Office2016 Windows10

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.