Windows10 & Office2016 Windows10

Print Friendly

セーフモードで起動するには

投稿日:

Windows10でセーフモードで起動する方法です。
スタートメニューの[電源]をクリックして、[Shift]キーを押したまま[再起動]をクリックします。
スタートメニューが起動できないようであれば、キーボードから[Ctrl]+[Alt]+[Delete]を同時に押します。
右下に[電源]のマークがありますので、それをクリックして同じように[Shift]キーを押したまま、[再起動]をクリックします。
電源

[オプションの選択]から[トラブルシューティング]をクリックします。
オプションの選択

次の画面で[詳細オプション]をクリックします。
トラブルシューティング

[スタートアップ設定]で[再起動]ボタンをクリックします。
スタートアップ設定

キーボードから、[4]もしくは[5]を押します。
スタートアップ設定

セーフモードで起動すると、黒い背景で四隅に[セーフモード]の文字が表示されています。
セーフモード

セーフモードから通常の起動に戻るには、[電源]をクリックして、Shiftキーを押したまま[再起動]をクリックします。
電源ボタン

[オプションの選択]が表示されたら、[続行]をクリックします。これで、次回からは通常の起動となります。
オプションの選択


また、もう一つの方法として、スタートメニューの[Windowsシステムツール]から[ファイル名を指定して実行]をクリックします。ショートカットキーは、[Windows]キーと[R]キーです。
スタートメニュー

[ファイル名を指定して実行]が表示されたら、名前のテキストボックスに[msconfig]と入力して、[OK]ボタンをクリックします。
ファイル名を指定して実行

[システム構成]が表示されるので、[ブート]タブを開いて、[セーフブート]のチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックします。
システム構成

解除する場合は、同じように[システム構成]を起動して、[セーフブート]のチェックをオフにします。

あなたへのおすすめ

関連記事

円グラフと1つの項目の内訳を表す補助円グラフ付き円グラフの作成

Excelのグラフ作成も随分進化してきました。簡単に綺麗なグラフを短時間で作成できるようになっています。文書の中にグラフがあると結果を視覚的 ...

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

レポートの並べ替え

Accessのテーブルやクエリを基にレポートを作成すると、レポートに表示される並び順は基になるテーブルやクエリに準じたものになります。クエリ ...

写真をフォトギャラリーで起動したい

Windows10で写真をクリックすると、[フォト]が起動します。おそらく既定だとおもいますが。これを[フォトギャラリー]で起動する方法です ...

データの統合(表の項目名の数と並び順が異なる場合)

Excelのデータ統合という機能を使うと、複数シートの項目名の数や並び順が違っていても一つのワークシートにまとめることができます。 統合には ...

-Windows10 & Office2016 Windows10

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.