Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 Outlook Express

メールの署名を作ろう

投稿日:2017年1月7日 更新日:

時々、メッセージの最後に可愛い署名がついたメールをいただいたことないですか?

この署名(最後につけるサインのようなもの)を作ってみましょう。

作った署名は、手動で挿入することも常に挿入することもできます。

オプションの[署名]

メニューバーの[ツール]から、一番下の[オプション]をクリックしてください。

ツールメニュー オプション

[署名]タブをクリックして開きましょう。

オプションダイアログボックス 署名タブ

署名の作成

[作成]ボタンをクリックします。

作成ボタン

テキストボックスに入力

[署名の編集]のテキストの中に、カーソルがあると思います。

自分の名前やメールアドレス、飾り(★や♪や顔文字など)を入力します。

署名の編集 テキストボックス

4、5行しか入力できないように見えますが、上のほうが無くなったと思ったら、キーボードの方向キー[↑]でカーソルを移動してみてください。

ちゃんと入っていますね。カーソルを方向キーで移動してみるとわかります。

横もかなり長く入力できるようです。

ボックスが小さいので全体を見るには、見にくいかもしれないですね。

オプションダイアログボックス

名前の変更

次に[名前の変更]ボタンをクリックします。

[署名#1]とあるのを、わかりやすい名前に変更します。

たとえば、[友人用]とか[一般用]などに変更します。

名前の変更

そして[すべての送信メッセージに署名を追加する]にチェックを入れて[OK]ボタンをクリックします。

署名

メッセージの作成画面で確認

では、新しい[メッセージの作成]画面を出してみましょう。すでに 署名が入力されていますね。

メッセージの作成

署名は数種類登録できますです。

送信先によって使い分けるといいですね。

署名を使い分ける

署名を使い分ける場合は、[すべての送信メッセージに署名を追加する]のチェックを外しておきます。

オプションダイアログボックス 署名タブ

新しい[メッセージの作成]画面で本文の入力後に、メニューバーの[挿入]、[署名]から必要に応じた署名をクリックして使い分けてください。

挿入メニュー

メールに署名をつけることはエチケットの一つかもしれませんね。

でも、その前にまず誰から来たメールなのかというのは、受信したときに表示される送信者で確認します。

この送信者の名前で知っている人かどうかを判断することが多いです。

自分で自分宛にメールを送信してみてください。

[送信者]の名前がおかしくないですか?

受信トレイ

送信者の名前は変更することができます。

Blogのメール送信者の名前を参照してください。

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 Outlook Express

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.