Office 2019 Outlook 2019

Outlookのデータファイル(.pstと.ost)を圧縮してサイズを縮小する

投稿日:2021年4月20日 更新日:

Outlookで受信メールの数が増えると、処理速度が遅くなることがあります。

Outlookのデータファイルを圧縮して、ファイルサイズを小さくすることで解決できるかもしれません。

圧縮作業は簡単ですが、まずは不要なデータを削除して、削除済みアイテムも空っぽにします。

また、圧縮中はOutlookを使用できませんので、時間を考慮して行うようにしてください。

Outlookデータファイルの[今すぐ圧縮]

参考メールボックスと Outlook データ ファイル (.pst および .ost) のサイズを小さくする - Outlook(Microsoft)

不要アイテムを削除して[削除済みアイテム]を空にする


圧縮する場合、削除済みアイテムないのデータもOutlookのデータに含まれますので、ファイルサイズを小さくするためには[削除ずみアイテム]も空っぽにしておきます。

重複メッセージを削除する方法は以下で解説しています。

メールのクリーンアップ(重複するメッセージの削除)

Outlook2010でメールをクリーンアップする機能です。 フォルダー内の重複するメッセージを[削除済みアイテム]フォルダーへ移動させる機 ...

続きを見る

Outlookのデータ(.pst)はメールだけではありません。連絡先、予定表、タスク情報などもあります。

予定表のアイテムをまとめて削除する方法は以下で解説しています。

予定表から複数の予定をまとめて削除するには

Outlookの予定表のスケジュールを削除するには、予定を選択して削除ボタンをクリックします。 個々の予定に対しては、それでもいいのですが、 ...

続きを見る

Outlookの検索機能を使って、添付ファイルありのメールを抽出して削除することもできます。

検索機能を使って目的のメールを効率よく探す

大量のメールの中から目的のメールを探すには、検索機能を使うと便利です。 Outlookの検索機能を使いこなすと簡単に素早く目的のメールを見つ ...

続きを見る

以下は、削除済みアイテムを空っぽにする方法です。

ワークシートの背景に透かしを入れる(ヘッダーに図や文字を挿入)

Excelでは、ワークシートの背景に画像を挿入することができます。 [ページレイアウト]タブの[背景]から画像を挿入する方法がありますが、こ ...

続きを見る

終了時に削除済みアイテムフォルダーを空にする

Outlook2013で削除済みアイテムフォルダーを空にする方法です。 終了時に削除済みアイテムフォルダーを空にする Outlookを終了す ...

続きを見る

注意完全に削除されたアイテムは、復旧できないので気をつけてください。必要であれば、バックアップを取って作業されることをお勧めします。

Backstageビューの[アカウント設定]

[ファイル]タブをクリックして、Backstageビューを表示します。

[情報]タブの[アカウント設定]から[アカウント設定]をクリックします。

[情報]タブの[アカウント設定]

[アカウント設定]ダイアログボックスが表示されます。

ファイルの場所を開いてサイズを確認

データファイルのサイズは、[アカウント設定]ダイアログボックスからも確認できます。

[データファイル]タブをクリックして、目的のアカウントを選択後、[ファイルの場所]をクリックします。

[アカウント設定]ダイアログボックス

保存場所のフォルダーが開きますので、圧縮作業前のファイルサイズを確認しておくといいと思います。

Outlookデータファイルの[今すぐ圧縮]

[データファイル]タブをクリックして、目的のアカウントを選択後、[設定]をクリックします。

アカウント設定の[データファイル]タブの[設定]

[Outlookデータファイル]ダイアログボックスが表示されます。

[今すぐ圧縮]のボタンをクリックします。

[Outlookデータファイル]の[今すぐ圧縮]

圧縮が開始されます。

参考データファイルが大きい場合は、少し時間がかかります。

圧縮中は、Outlookの使用ができませんので、圧縮を実行するときは時間に余裕があるときに行ったほうがいいです。

[圧縮中]のプログレスバー

圧縮が終わったら、[Outlookデータファイル]ダイアログボックスは[OK]ボタンを押して閉じます。

[Outlookデータファイル]ダイアログボックス

[アカウント設定]で再度、[ファイルの場所を開く]をクリックして、データファイルのサイズが小さくなったかを確認してみてください。

[アカウントの設定]は、[閉じる]ボタンをクリックして閉じます。

[アカウント設定]の[ファイルの場所を開く]

[.ost]ファイルの場合の圧縮

[アカウントの設定]で[.ost]ファイルのアカウントを選択した場合は、[Outlookデータファイルの設定]は以下のようになっています。

IMAPのデータファイルは、[.ost]ファイルになります。

[.pst]と[.ost]については、以下のMicrosoftのページを参照してください。

Outlook データ ファイル (.pst および .ost) の概要 - Outlook - Office.com(Microsoft)

[今すぐ圧縮]をクリックします。

[Outlookデータファイルの設定]ダイアログボックス

Exchangeサーバー使用の場合の圧縮

Microsoft 365のOutlookを使用している場合などは、画面が異なります。

[アカウント設定]ダイアログボックスを表示するまでは同じですが、[データファイル]タブの[設定]をクリックした画面は以下のようになっています。

[詳細設定]タブをクリックして、[Outlookデータファイルの設定]をクリックします。

[Microsoft Exchange]ダイアログボックス

[Outlookデータファイルの設定]の画面が表示されます。ので、[今すぐ圧縮]をクリックします。

[Outlookデータファイルの設定]の[今すぐ圧縮]

圧縮してもデータサイズが小さくならない場合

データファイルのサイズが小さくならなかった場合、データファイルに何か不具合があるのかもしれません。

以下のMicrosoftの記事を参考にして、データファイルの修復を実行してみてください。

Outlook データ ファイル (.pst および .ost) を修復する - Outlook(Microsoft)

上記ページより

受信トレイ修復ツールは、次のような場合に使用できます。

  • Outlookでデータ ファイルを開けなかったというメッセージが表示される
  • Outlookでフォルダーのセットを開けなかったというメッセージが表示される
  • Outlookデータ ファイルが破損している可能性があります

参考バックアップと復元については、以下の記事で解説しています。Outlookのデータは、定期的にバックアップされることをお勧めします。

データファイル(.pst)のバックアップと復元(エクスポート/インポート)

Outlookのすべてのデータファイルをバックアップする方法と、バックアップしたデータを復元する方法を解説します。 OutlookのBack ...

続きを見る

バージョンの確認

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Office 2019 Outlook 2019

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.