リンクユニット

Windows7 & Office2010 Excel2010

Print Friendly, PDF & Email

Wordに埋め込んだExcelの編集ができない

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2010でPowerPivotアドインを追加した場合、Word文書に埋め込んだExcelは起動することができません。[PowerPivot for Excel]アドインを無効にしなければ、埋め込んだExcelの編集はできません。
参考Excel2013の場合は、問題ありません。

現象の再現

Word2010を起動して、[挿入]タブにある[オブジェクト]をクリックします。
オブジェクトの挿入

[オブジェクトの挿入]ダイアログボックスから[Microsoft Excel ワークシート]を選択して、[OK]ボタンをクリックします。
[オブジェクトの挿入]ダイアログボックス

Word文書にExcelワークシートを挿入できました。保存する前までは、Excelとして編集することができます。Wordを保存して閉じます。
Word文書

再度、保存した文書を起動して、埋め込んだExcelの部分をダブルクリックして編集しようとすると、
埋め込んだExcelの起動
メッセージウィンドウが表示されて編集することができません。

メッセージウィンドウには以下のように記されています。

このオブジェクトはExcelで作成されましたが、このプログラムがお使いのコンピューターにインストールされていないか、応答していません。このオブジェクトを編集するには、Excelをインストールするか、Excelでダイアログボックスが開いていないことを確認します。

Excelを埋め込んだ既存の文書もすべて同じようになります。
メッセージウィンドウ

これは、Excel2010の[PowerPivot]アドインが原因です。このアドインを無効にすると、Wordに埋め込んだExcelを編集できるようになります。

PowerPivotアドインを無効にする方法

[PowerPivot]アドインを無効にする方法です。[開発]タブにある[COMアドイン]をクリックします。
[開発]タブが表示されていない場合は、開発タブの表示を参照してください。
開発タブ

[COMアドイン]ダイアログボックスにある[PowerPivot for Excel]のチェックボックスをオフにして[OK]ボタンをクリックします。
[COMアドイン]ダイアログボックス

リボンから[PowerPivot]タブは消えます。
リボン

これでWordに埋め込んだExcelを編集できるようになります。

注意同じExcel2010なのですが、Wordに埋め込んだExcelをダブルクリックした時に、下のようなメッセージウィンドウが表示されることもあります。

Microsoft Wordは、このオブジェクトを開くのに必要なアプリケーションを起動できません。エラーが発生しました。この機能は正しく動作しません。修復しますか?

このとき[はい]をクリックすると、インストールが開始されますので注意してください。この修復を実施しても解決できません。[PowerPivot]アドインを無効にすることで解決できます。
メッセージウィンドウ

PowerPivotをインストールしても、Excel2010に埋め込んだWordは問題ありません。
PowerPointに埋め込んだExcelも問題ないようですが、一度 同じメッセージウィンドウが表示されたことがあります。この場合も、COMアドインからPowerPivotをオフにして解決しました。Excel2013では、このトラブルはありません。

一度、PowerPivotでデータを取り込んで作成したピボットテーブルは、PowerPivotアドインを無効にしても操作することはできます。ただ、PowerPivotタブがないので、データソースの更新や追加ができません。データの更新などの時は、PowerPivotアドインを有効にして更新するといいです。

WordにExcelを埋め込んだ文書を作成した場合は、注意が必要です。ただ、PowerPivotアドインのオン・オフで解決できるので、この解決方法を知っておくと、さほど問題にはならないと思います。

MicrosoftもMicrosoft製品の問題として認識しているようです。
PowerPivot: PowerPivot を有効にすると、Word の組み込みの Excel ブックを編集できません

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

Excelを学習するなら、お勧めのテキストです。ぜひお手元においてご活用ください。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

メールのクリーンアップ(重複するメッセージの削除)

Outlook2010でメールをクリーンアップする機能です。 スレッドを無視 [ホーム]タブにある[無視]ボタンをクリックすると、選択したス ...

上書きし忘れたファイルの復元

編集後、上書きし忘れたことに気がついて慌てた経験はありませんか?Office2010以降であれば、もしかすると復元することができるかもしれま ...

単語の登録の短縮よみ

IMEの単語の登録には、品詞を選択できるようになっています。 以前のIMEと同じですが その中に[短縮よみ]というのがあります。 この[短縮 ...

ExcelのBackstageビュー

Excel 2010 BackstageビューについてのMicrosoftの紹介ページです。 Backstageビューでは、ファイルを開く、 ...

検索フォルダーを追加して目立出せる

Outlookで受信メールを度々検索して目的のメールを抽出するなら、検索フォルダーにそのフォルダーを表示しておくと便利です。 新しい検索フォ ...

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.