おすすめ記事

同じカテゴリー

自動的に更新される日付や時刻を挿入



Wordでは、入力した日付と時刻を自動的に更新してくれる機能があります。

[挿入]タブの[日付と時刻]から挿入

日付を入力したい箇所にカーソルを移動させます。そして、[挿入]タブの右端のほうにある[日付と時刻]をクリックします。ポップヒントには「現在の日付や時刻を簡単に追加できます。」と記されています。
日付と時刻

[日付と時刻]ダイアログボックスが表示されます。下の画像は、[言語の選択]は[日本語]、[カレンダーの種類]は[和暦]を選択している状態です。
日付と時刻ダイアログボックス

時刻も挿入したい場合は、[カレンダーの種類]のプルダウンボタンをクリックして[グレゴリオ暦]を選択してくださいね。
グレゴリオ暦

スポンサーリンク

目的に合った表示形式を選択して、[自動的に更新する]のチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックします。※[自動的に更新する]のチェックボックスをオンにすると、[全角文字を使う]は非表示になります。
[自動的に更新する]のチェックボックスをオン

簡単に挿入することができますね。自動的に更新するのチェックボックスをオフにして、自動更新なしの日時も挿入してみました。
日時の入力

ファイルを上書き保存後閉じて、再度 ファイルを開くと下のように時刻が更新されています。ファイルを開いたときの日時となります。
ファイルを閉じて開く

もし、ファイルを開いたまま更新したい場合は、日付の箇所でクリックして、キーボードから[F9]キーを押します。
F9キーで更新
または、日付で右クリックしてショートカットメニューから[フィールドの更新]をクリックします。ショートカットメニュー

自動的に更新される日付と時刻はフィールドコードで入力されています。
[Alt]キーと[F9]キーを同時に押すと、下のようになってフィールドコードが表示されます。
※[Alt]+[F9]は、文書全体のフィールドが全て表示されます。もし、部分的にフィールドコードを表示したい場合は、表示したい箇所をクリックしてグレイになった状態で、[Shift]キーと[F9]キーを押します。
フィールドコードの表示

もし、時刻の秒は表示したくないという場合は、このフィールドを直接編集して[s秒]を削除します。
フィールドコードの編集

そして、[Alt]+[F9]を押して、フィールドコードを非表示にします。その後、[F9]キーを押して更新します。下のように[秒]が消えて、[分]までの表示になります。
更新後の日時

クイックパーツから挿入

もう一つ、自動更新される日時を挿入する方法があります。[挿入]タブの[クイックパーツ]をクリックして、[フィールド]をクリックします。
クイックパーツのフィールド

[フィールド]ダイアログボックスが表示されます。[分類]から[日付と時刻]を選択します。
フィールドダイアログボックス

もし、下のように日付の書式が日本語になっていない場合は、Wordの文章内の日本語の箇所を一度クリックして再度 開いてください。日本語で表示されるようになります。
フィールドダイアログボックス英語表記

[フィールド]ダイアログボックスの[フィールドの名前]から、[Date]か[Time]を選択します。ここでは、[日付の書式]から[yy/M/d H時m分s秒]を選択して[OK]ボタンをクリックします。書式の選択

下のように日付と時刻が挿入されます。
日時の挿入

このフィールドも編集することができます。挿入した日付で右クリックして、ショートカットメニューから[フィールドの編集]をクリックすると、[フィールド]ダイアログボックスが表示されます。フィールドの編集をクリック
[日付の書式]の先頭に[yy]を追加して[OK]ボタンをクリックします。もちろん、これも[Alt]キーと[F9]キーを押してフィールドコードを表示して編集することもできます。
書式の編集

下のような表記になります。
編集後の日時

また、[フィールド]ダイアログボックスから挿入した日付と時刻は、クリックすると下のようになります。更新する場合は、[更新]ボタンをクリックします。もちろん、[F9]キーを押しても更新できます。
フィールドの更新ボタン

文書を最後に保存した日時を取得

[フィールド]ダイアログボックスは便利な機能がいっぱいです。[フィールドの名前]にある各フィールドには、[文書を最後に保存した日時]などを自動的に取得することができます。各名前を選択して下の「説明]を読むと分かります。
文書を最後に保存した日時
CreateDaye…文書が作成された日時
Date…現在の時刻
EditTime…文書の編集時間
PrintDate…文書を最後に印刷した日時
SaveDate…文書を最後に保存した日時
Time…現在の時刻
最終更新日時を自動で表示(Word2010)でも解説しています。

自動更新される日付と時刻を挿入するショートカットキー

自動更新される日付を挿入するショートカットキーは、[Alt]+[Shift]+[D]です。
自動更新される時刻を挿入するショートカットキーは、[Alt]+[Shift]+[T]です。
自動更新される日付と時刻のショートカットキー
直前に日本語を選択した後は、下のようになります。
ショートカットキー日本語
この日付と日時も[Alt]+[F9]キーを押して、フィールドコードを表示して編集することができます。

フィールドのロック

フィールドを更新されないようにロックすることもできます。
フィールドの箇所を選択して、[Ctrl]+[F11]を押します。右クリックしても、ショートカットメニューの[フィールドの更新]は無効になります。
フィールドのロック
フィールドのロックを解除するためには、[Ctrl]+[Shift]+[F11]を押します。

フィールドコードの削除

フィールドコードを削除して文字列の表示にするには、[Ctrl]+[Shift]+[F9]です。
フィールドコードの削除
選択してもグレイ表示にはなりませんし、[Alt]+[F9]を押してもフィールドコードは表示されなくなります。
フィールドコードを削除した後

自動更新されない日付の簡単入力

自動更新されない日付は、「へいせい」と入力して[平成]に変換、[Enter]キーで確定すると、下のようにポップアップが表示されるので、Enterキーを押します。
平成と入力して日付を簡単入力
または、現在の西暦を入力後[ねん]と入力して[年]に変換、[Enter]キーで確定すると、下のようにポップアップが表示されますので、Enterキーを押します。
西暦を入力して日付を簡単入力

フィールド関連では、ルビ(ふりがな)の小技も楽しめると思います。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする