おすすめ記事

同じカテゴリー

PowerPivotでExcelファイルのデータをインポート



Excel2010のPowerPivotで、Excelファイルのデータをインポートする方法です。
[PowerPivot]タブから[PowerPivotウィンドウ起動]をクリックします。
[PowerPivot]タブ
[ホーム]タブの[外部データの取り込み]にある[その他のデータソースから外部データを取り込み]をクリックします。
その他のデータソースから外部データを取り込み
[テーブルのインポートウィザード]の[Excelファイル Excelファイルからデータをインポートします。]を選択して、[次へ]のボタンをクリックします。
テーブルのインポートウィザード

スポンサーリンク

[参照]ボタンをクリックして、目的のExcelブックを指定します。
[先頭の行を列見出しとして使用する]のチェックボックスをオンにします。
[次へ]のボタンをクリックします。
Excelファイルに接続するための情報を入力
データとして必要なテーブルやシートを選択します。チェックボックスをオンにします。
名前の後に[$_xlnm#_FilterDatabase]という名前がついたテーブルが自動的に表示されますが、これは無視してよいと思います。[完了]ボタンをクリックします。
インポート元の選択
インポートが開始され、終了すると下のように[成功]と表示されます。
[閉じる]ボタンをクリックして閉じます。
インポートの開始
インポートしたデータを元に[ピボットテーブル]を作成することができます。
ピボットテーブルの作成
Excel2013でのインポート方法は、Excel2013のPowerPivotでExcelファイルを取り込むを参照してください。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする