おすすめ記事

同じカテゴリー

文書の周りを飾ろう



文書の周りを飾りましょう。

メニュバーの[罫線]から[線種とページ罫線と網掛けの設定]をクリックしてください。
罫線メニュー


[線種とページ罫線と網掛けの設定]ダイアログボックスが表示されました。
線種とページ罫線と網かけの設定


好きな絵柄と線の太さを選びましょう。
絵柄の線の太さは1〜31ptまでです。
右側のプレビューをみながら大きさを調整してくださいね。
ページ罫線 絵柄

スポンサーリンク

プレビュー
[絵柄]はカラーではない白黒のものを選択すると、[色]から任意に色を設定できます。
こちらを参考にしてください。


印刷プレビューで確認して 印刷してみましょう。
ページ罫線は印刷プレビューから設定することもできます。
Blogの文書の周りを飾るときを参照してください。


もし、印刷されない部分があったら、右下の[オプション]ボタンをクリックして、[余白]で設定値を調整します。
オプション
線種とページ罫線のオプションダイアログボックス

あるいは、基準から[本文]を選択して 余白の調整をします。
この場合、上下左右とも30ptに設定すると、いい具合に収まることが多いようです。
本文を選択
基準で本文を選択して設定した場合は、文書全体の余白を設定してもいいですね。
あと一行あればなぁを参考にしてくださいね。


できました!(^^)
完成文書
メモ用紙の作り方でも、文書の周りを飾る方法を紹介しています。

文書の上下にだけ挿入することもできます。
ページの上下にラインを入れたいを参照してください。

段落や文字列を飾ることもできます。
↓を参照してください。
段落を囲む
文字列を囲む

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする